Entries

東大で語学を鍛える!?

まだまだ書きます、語学トピックス。
今度は東大。
どうだ!の真打ち感、でしょうか(笑)。


はてさて。
彼らは何を口にしているのでしょうか。
気になるところです。


東大、語学エリート育成…学部横断コース新設へ


                                 ***

 『国際的に活躍できる「グローバル人材」の育成が急務とされる中、東京大学は、高水準の語学力を備えた人材を育成する学部横断型の国際コースを2013年度に新設する方針を固めた。

    東大語学

 留学に必要な英語力を測るTOEFL(120点満点)などで優秀な学生を選抜し、英語による授業や、海外大学の夏季講座に派遣するなどの「語学エリート教育」を展開し、アジアを代表するリーダー輩出をめざす。

 東大の新コースは「グローバルリーダー育成プログラム」(GLP)で、新入生約3000人の中から約300人を選抜。全学生が教養学部に在籍する1~2年次では、英語に加えて第2外国語の集中授業を行い、50人程度を米国や中国などの大学で行われる夏季講座に派遣する。

 学生が各学部に分かれる3年次以降は、さらに約100人に絞り込み、海外の大学派遣や海外企業の就業体験などの機会を持たせる。東大で行う「学部共通授業」では、哲学や環境など文系理系の枠を超えた授業を原則、英語で行い、リーダーに必要な課題解決力国際的な視野を養うという。』
※読売新聞7/8付より転載しています。文字装飾は育星舎個別アルファ北野・衣笠による。URLはhttp://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20120708-OYT8T00229.htm

                                 ***

「英語が好きだから」や「英語が出来るから」だけでは
どうやら済まされなくなってきたトレンド。
もちろんこれまでも英語ができるからという理由で
その能力が社会で優先されてきたかというとさにあらず。


特に語学力に秀でた頭脳が進む方向の一つとして通訳というものがあるでしょうが、
その多くが帰国子女(に類する)の方々による独占めいた実情もあります。
なまじできたところで、
その能力を発揮できるステージも実はそれほど多くないという側面もあります。


とはいえやはり語学力は大きな武器でしたから、
エキスパートの程度にまでなると話は変わってきますよね(ま、これって何でもでしょうが)。


それがどうやら昨今はそうではない、と。
つまり
それだけではダメですよ、と。
こうくる訳ですね。


上掲トピックにもいくつかのキーワードが躍っています。
これらを知っていることは我々塾業界人はマストでしょう。
いくつか拾い上げてみますと、


・学部横断型(→文理横断型)
・グローバル人材
・リーダー育成/輩出(このイメージは近年本当にクリアーになってきましたね)。
・課題解決力、国際的な視野


もちろんこれ以外にも当ブログでキーワードになりうる言葉を連発していますが、
それらを意識されている方もたくさんいらっしゃることでしょう。
私は毎日のように接している感じですので、
何だか当たり前になりました(ビックリしなくなった、という意味で笑)。


とはいえ東大だけのイシューではありません。
例えば工務店に勤めている私の知人もインターネットを介して海外から発注を受けているようですし、
牧場を経営している幼馴染はカナダだ、ブラジルだ、アメリカだ、と飛び回っています。
比較的言語の勉強をしてきた私の方がイスに座ったまま…。


ま、子どもたちがそんな大きな、目の覚めるような広い世界で活躍してくれることで、
私なりの社会貢献、国際貢献がかなっていると、最近は本気で考えています(笑)。


昨日取り上げた記事にもありましたが、
子どもたちが大きくなる頃には今よりずっともっと世界と対峙する機会が膨れ上がっているのでしょう。
それはおそらく我々の腰が抜けるくらいだと思います
(例えばスマホの普及を10年前に想像できました?)。


そんなこと(どちらかというと整理がつかずとっ散らかっていますが笑)を考えながら、
これからの英語指導をしていきたいと私は考えています。
というか本気で悩んでいます(笑)。


面白くなりそうな予感は半分。
もう半分は自分がついていけるだろうかという不安。
この不安がある限り向学心は萎えないと確信しています(笑)。


何のこっちゃいな。
それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町・衣笠わら天神の個別指導専門塾 育星舎『個別α北野・衣笠』塾長 池田真一 is101309.gif



関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/1018-51f3f7ee

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2017


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

11  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ 伏見ゼミナールHPへ 伏見ゼミナールHPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾