Entries

評定30の実力を考える pt.1

今夏の紹介制度により
たくさんのご紹介をいただき、
この場をお借りして感謝申し上げます。


お問い合わせの方には当ブログのことにも触れていただき、
恐縮するやら申し訳ないやらで
何だか襟を正す気分でキーボードに向かっておる次第です。


さて、複数の問合わせや体験を経て、
幸いにも私どもの授業を受けていただく方もたくさんいます。
残念ながらお話をさせていただいてマッチしなかったケースもゼロではありません。


こちらにも指導方針がありますし、先方様にも切実な想いがあります。
それを汲み取られなかった私の至らなさを反省するばかりですが、
そういった方や内部生の皆さんとの面談があらかた終了した今、
積年の想いが思わぬ形で具現化した一報を本日はさせていただきます。


表題にありますとおり、
評定(評価)を大きく下回る学力不安なんてものはずっ~っと前から不安視されてきたことですので、
訳知り顔で何かを付け足すことなどないのですが、
その程度(言わばマグニチュード)が相当数値を指すようになってきたという印象は拭えません。


例えば英語と理科に注目するのであれば、
多くのお子さんが3~4を獲得していることと思います(もちろん力及ばずや5もありますが)。
しかししかし!最大多数である3~4(もしかしたら5も)の英語文法理解のなさったらありません
(貯水量の危機的水準を報せる不穏なニュースを思い起こしてください!)。


これがさらに最大多数(いわゆる中間層)で構成される公立高校普通科(京都でいうⅠ類)に進学し、
その3年間の英語をどのように乗り切っていくかもよ~く理解できました。
もちろん理科も然り。
進学後の類型選択で文系に流れる圧倒的多数の現状も容易にイメージできます。


非常に危機感を抱いています。
お問い合わせの段階や面談案内にて評定を聴取しますが、
高校受験における評定資料の在り方も変わってくるのではとさえ危惧しています。


これまでの『評定≒学力』ってのは、
たいていがオール5でも学力欠落が著しいといった論法がほとんどだったと認識しています。
しかし
中間層の圧倒的な学力低下をこれほどまでにも目の当たりにしてしまったからには、
認識を改め、それにマッチしたアクションをしていかなければと考えます。


私が受け持つ地域は京都府あるいは京都市の中でも比較的学力が高いと認識していますが、
今夏の一連の面談にて見えてきたことは決して小さくありません。
評定30前後の学力不足や意欲減退(あるいは無気力)、目的意識の欠落(あるいは野心のなさ)を
一度俎上に載せて、
皆さんと意見を交えることができればと思います。


評定30ショックと銘打ちましょうか。
ある方々にとっては『何を今更…』なイシューかもしれませんが、
これほどまでに教育に関わるホット・トピックスがメディア間を躍る昨今です。
改めて(というか一家言であれば尚更)中間層の現状を論じなければという想いを強くしています。


夏期講習で鍛えよう!と息巻いていらっしゃる方々にも
学習態度や姿勢と切り離せないこの課題を再考していただければ幸いです。
私も指導の現場から提言を試みます。


それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町・衣笠わら天神の個別指導専門塾 育星舎『個別α北野・衣笠』塾長 池田真一 is101309.gif



関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/1030-dc211356

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2017


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

11  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ 伏見ゼミナールHPへ 伏見ゼミナールHPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾