Entries

夏期講習この1週間をどう過ごす!?

来週の13(月)~16(木)がお盆休みとなる調整休講。
よって今週が前半戦の最終週。
とはいえ後半戦(8/17~9/1)は実質2週間にも満たない感じ。
20日からの週で学校が始まるため、
いよいよこの1週間の重要性が増してきました。


特に中3受験生は7月いっぱいで学校課題を終了させ、
そこでの疑問点や未解消点を補っていく数日間を送りましたが(もちろん個人差大いにあり)、
あわせて着手した夏期教材と模試過去問とでさらにアウトプットを進めている現状。
この1週間もアウトプットを念頭に置いて
ひとつでも多くの問題や設問と格闘していってもらいたいところです。


模試過去問の数学に関しては
毎度のごとく過去5年以上分(今年は8ヵ年分)を着手します。
意外に思われるかもしれませんが、
年を追うごとに難しくなってきています。


自らの経験則により『ゆとり式でどんどん簡単になってるんでしょ?』
という感触でいらっしゃる方もいると思いますが、
ところがどっこい難しくなってきていますよ。
お子さんと向き合われる場合はその点をどうぞご注意ください。


申し上げにくいことに
学校授業内容だけでは確実に点は取れません。
指導力や教務力云々では決してなく、教科書カリキュラムだけでは厳しいという論拠です。
外部模試に関してはそれくらいの程度だとご承知ください。


基本的な理解や納得が必要なのは言うまでもありませんが、
それを獲得するためには量的な不足を克服することも求められます。
そしてそれがかなうアクションとしてやはり相当量の設問を一人でまずは解いていかねばなりません。


まず授業ありきでは決してありません(授業をしないという意味ではなく)。
よってアルファ北野・衣笠の夏期講習のひとつの講座である
夏期フリーパスに関しても間違った認識で臨んではいけない、というところ。


有益な、分かりやすい、面白い、その他何であれ、
塾としては(わざわざ書くまでもない)前提となるような事項を殊更強調しても仕方ありません。
その上に何が出来るかをプレゼンしていかなければなりません。


よって『徹底的に』や『面倒見』や『とことん』やその他エトセトラを言うタイミングかというと、
夏期講習に関しては決してさにあらず。
敢えて言うならばお子さんが上記気概を持って臨まなくてはならないのが特別講習
(責任逃れでも何でもなく、ただただひたすら純粋に)。


もちろんそのための土壌づくりは私の(最大の)責任。
この一点の遂行を目指して引き続き努めるばかりといった心境です。


閑話休題。
この1週間でどれだけの問題と向き合えるか。
基本事項を自力でどれだけ乗り越えられるか。
私も声かけや指示内容にもっと精度向上を自分に課していきます。


例えば中3なら中1、2の(おもに)基本内容がこの夏で確認できたか。
そのためのアイテムは豊富に手許にあります。
『何をしたらいいのか分からない』という態度は結局勉強だけに言えることではないでしょう。
恐れながらすべてにおいてそうではありませんか?


そしてそんな態度に対して
「こと勉強に関して『やり方が分かっていない』ようだ」と擁護するのも考えものです。
より効果的な勉強法を求める気持ちは分かりますが、
覚えていないことがある日キュッと出来るほど甘くないのはご承知の通り。


この事実を看過する態度だけは控えていただきたく思います。
広報物にて生意気にも書かせていただいているように、
個別アルファは『やる気引き出し所』では決してありません。
『何ちゃらスイッチ』を押すのは自分以外ありません。
もし一から十まで押してもらいたいならそういった学習塾さんに行くべきです
(そしてそれを選ぶ責任もご家族の皆さんにあります)。


と、論点がとっ散らかってしまい(いつもですね!)甚だお恥ずかしい限りですが、
夏期講習のフリーパスを何が何でも成功裡に収めてほしく願うばかり。
そのためのご家族のご理解がいただければ本当に何よりと考えています。
ぜひ毎日のように塾に来るようお声かけください
(我々にチャンスをお与えいただければという想いです)。


この1週間、お子さんの頑張りをお見守りくださいね(というか鼓舞願います笑)。
それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町・衣笠わら天神の個別指導専門塾 育星舎『個別α北野・衣笠』塾長 池田真一 is101309.gif



関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/1036-4c4f2401

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ふしみ育星舎HP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2016


※随時更新しています

ふしみ育星舎onTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【京都南学舎 伏見育星舎】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾