FC2ブログ

Entries

京都から見える富士の頂がいちばん雄大!?

目が点になる見出しを発見。
京都から富士山が見えるのだかと。
富士山が!?


京都から富士山見える? 研究者解析、好条件そろえば


                                 ***

 『京滋府県境そばの白倉(しろくら)岳(高島市朽木、標高950メートル)や京都府域も含めた周辺の尾根から富士山の頂上が理論上わずかに見えることが研究者の解析で24日までに分かった。空気が澄み切り、遮る木がないなど好条件がそろえば超望遠レンズで見える可能性がある。研究者は「京都から写真を撮影できれば富士山展望史に残る快挙」と情報を求めている。

 著書に「『富士見』の謎」などを持ち、富士山の展望を追い続けている筑波大付属高社会科(地理)教諭の田代博さん(62)がコンピューター解析した。

 地球の丸さや山々の稜線、大気差(光の屈折)などを考慮した「カシミール3D」というソフトで解析し、超望遠レンズ(約1000ミリ)での見え方予想をCG化した。

    富士山① 白倉岳から超望遠レンズで富士山(東)方向を見た予想CG。好条件がそろえば富士山頂がわずかに見えるという

    富士山②

 解析によると、白倉岳や同岳の一部で南西側の中岳、南岳に連なる尾根の東側から富士山が見える計算になる。伊吹山や南アルプスの山々に視界をさえぎられない奇跡的な地点という。大半は滋賀県域だが、わずかに京都府域も含まれ、田代さんは「京都から富士山が撮れれば史上初」と話す。

 これまで富士山を遠望した写真が撮影された最西端は、和歌山県の色川富士見峠(東経135度50分55秒)。富士山が見える可能性がある白倉岳尾根西端(東経135度51分30秒)は経度でわずかに東だが、「富士山のほぼ真西にあたる意味で意義深い」という。

 滋賀県内からは、三重県境の鈴鹿山脈から富士山の姿が確認されているほか、比良山系北端の蛇谷ケ峰(高島市)からも理論上見える可能性があるという。見え方などの詳細や情報提供は「田代博のホームページ」へ。』
※京都新聞9/25付より転載しています。文字装飾は育星舎個別アルファ北野・衣笠による。URLはhttp://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20120925000013

                                 ***

理論上見える、とは何だかファニーですね。
上掲の上位画像を見る限り、「小っちゃ!」と唸ってしまいますが、
ともあれ不思議~な心地になるお話です。


私の気が引くのはやはりそういった研究をなさっているという方がいらっしゃるということ(…読みづらい)。
筑波大付属高の社会科の先生ということですが、
もはや執念がかっていますね(言うまでもありませんが、心の底から敬意を表してこう表現しています)。
日常の教員生活を送りながらの研究、頭が下がると書けば何だか恐れ多いです。


記事内にある
約1000ミリの望遠鏡レンズ、
パッと読んだところでは素通りしてしまいますが、
ようは焦点距離が1000ミリということですよね
(間違っていたらご教示ください。完全な素人です。口径が1000ミリじゃないですよね?)。


とまれ1000ミリ=1メートル、
接眼レンズを20ミリのものにすれば50倍(1000mm÷20mm=50)ということですよね
(繰り返しますがまったく自信なし。自信を持って公言します笑)。


例えばこの50倍を使えば…、
ネットで調べる限り月のクレーターが見える程度とか。
ほほ~、なかなかではないか(笑)。


だって白倉岳から富士山までが上掲図によると261km。
月まではおよそ38万4,400kmとのこと。
どちらの数字も私にとっては手許で弄ぶような天文学的な数字ですが(苦笑)、
50倍で…いけるか~、と変に納得しています。


でも『富士見』って面白いですね。
ちょっと調べてみました(ヒマだな~、と言うなかれ!)。
関東地方や中部地方はまあ分かりますが、
何と京都以外の近畿地方では
三重県(これは何となく分かる)・和歌山県・奈良県・滋賀県でも見えるとのこと。


何だか夢があるな~。
こんなこと(失礼!)を追いかけられる先生に私も教わりたかったな。
ひとりの人間が保持する好奇心のタフさにつくづく沈思黙考させられる(≒驚き呆れる)トピックでした。


それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町・衣笠わら天神の個別指導専門塾 育星舎『個別α北野・衣笠』塾長 池田真一 is101309.gif



関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/1075-62cfd7f5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2019


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

更新カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

04  03  02  12  12  06  05  03  01  12  11  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ 伏見ゼミナールHPへ 伏見ゼミナールHPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾