Entries

龍大農学部の学部棟建設候補地は…

当ブログ取り上げの名誉ある(笑)常連校である桂高校、
もちろん専門学科である農芸に関わるトピックスに注目している訳ですが、
過日ある塾団体主催にて開かれた説明会においても
個人的に大いに楽しんできたところです。


それと連動、というか繋げていくひとつのアクションとして、
龍谷大学の農学部開設の報についてもタイムリー(タイムリーネス)を心掛けてきました。

龍谷大に農学部!! 2012年4月15日付

桂高校説明会と龍大農学部2015年開設と 2012年9月11日付


その中で、やはり建設候補地(予定地?)に希少植物の存在を知らしめたアクションが耳目を集めています。
何だか下手くそな例えを開陳しますと、
歴史博物館建設予定地の真下に大規模な遺跡が見つかった、的なところでしょうか。
あるいは
自然林を切り拓いて『自然とたわむれよう!キッズ自然テーマパーク』的な品のない類のお話なのでしょうか。


計画中止求め署名開始 龍大、新棟予定地に希少植物


                                 ***

 『龍谷大が瀬田キャンパス(大津市)で希少植物が生息する小山を造成して新棟建設を計画している問題で、龍谷大の学生が計画中止を求める署名活動を始めた。「生態系を壊す開発は建学の精神の『共生』と矛盾する。広く学生に関心を持ってもらいたい」と訴えている。

 2015年4月の開設を目指す農学部(仮称)の新棟。大学は9月下旬に小山を建設地として評議会に提案、審議が続いているが、「レッドデータブック近畿」で絶滅危惧種に指定されている食虫植物のトウカイコモウセンゴケなどの生息が確認され、研究者らが計画中止を求めている。

 現地見学や計画について考えるシンポジウムに参加した学生十数人が8日から、瀬田キャンパスで昼休みに署名活動を開始、9日までに約600人分を集めた。代表の国際文化学研究科修士2年、北島加奈子さん(24)は「私たちに何も知らせず計画を進める大学に思いを伝えたい」といい、次回評議会がある11日までに赤松徹眞学長に届けるという。

 大学は小山を造成する場合、希少植物はキャンパスの別の場所に移植するとしているが、文学部の土屋和三教授(植物生態学)は「絶滅危惧種は生存環境が特殊で、移植の成功可能性は極めて低い。あの山があることが大切で、残すべきだ」と批判している。』
※京都新聞10/10付より転載しています。文字装飾は育星舎個別アルファ北野・衣笠による。URLはhttp://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20121010000014

                                 ***

さまざまな視点、視座、あるいは思惑や算段が絡み合っているようで、
不用意に批判非難を投げかけることに躊躇ってしまいますが、
でもそれっていわゆる大人の事情によるためです(よね?)。


どちらに益があるかなんての物差しでは決して測れない、測る意味のないイシューです。
感情的に話を進めがちになりますが、それでも
そら建設反対!というのがいちばんしっくりきます。


大学側はどのような種類の表明をなさっているのでしょうかね。
いくつかの報道を検めてもなかなかその辺りが浮かび上がってきません
(移植する等の簡便なアイディアもおそらく感性の鈍い事務方によるものでしょうし)。


冒頭の桂高校において(あるいはその他専門学科群において)、
進学を念頭に置いた指導がもはやスタンダードだと思います。
そのひとつの目標(あくまで単なるひとつの目標設定校)としてあるであろう龍大農学部、
立ちはだかる壁をどのように克服していくか、その行方を見つめる所存です
(こんな書き方だと大学側に寄った物言いかもしれませんが、
もちろん建設反対の立場がナチュラルだというのが変わらぬ認識です)。


龍谷大学にとっては
そんなところに、自らの施設内にそんなスペシャルなものがあるってだけで
文字通りスペシャルなことだと思いますけどね。
品のない書き方をするとそれを逆手にとって宣伝とか出来そうなんですけどね(笑)。
どうなんでしょうね。


…ねえ?
それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町・衣笠わら天神の個別指導専門塾 育星舎『個別α北野・衣笠』塾長 池田真一 is101309.gif



関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/1090-010607c3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2017


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

11  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ 伏見ゼミナールHPへ 伏見ゼミナールHPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾