Entries

英語教育に不満のある人、この指と~まれ

クリスマスにふさわしいトピックスが見つからず(笑)、
以下、どこまで空気が読めていないかを証明するテキストとなりそうです。
よろしければお付き合いを。


さて、センター入試の過去問で5割を切る。
あるいは
高校受験直前期の今、be動詞と一般動詞との区別がつけられない。


このふたつの状況を同列に語ることはできませんが(たとえばセンター5割なんてザラでしょう)、
程度として『ヤバい』が共通因数ということはお分かりのことと思います。


そういったシチュエーションにある生徒に対して、
いったいどのような授業が最も、あるいはより効果的な指導なのか分からなくなる時もあります。
もちろんある程度の筋道やストーリーは想定内ですが、
すべてがそれらにフィットするはずがありません。
少なくとも私は英語指導の難しさに途方に暮れているのが実情です
(こんなこと書くと生徒のご家族の皆さんには不信感を抱かせるだけかもしれませんが、
まあ私の指導をよく御存じと思うのであえて書いています≒強気か!?笑)。


86.6%の人が、英語教育に不満を持っている


                                 ***

 『子どもを持つ親は、日本の英語教育についてどのように感じているのだろうか。未成年の子どもを持つ親に聞いたところ、86.6%が「日本の英語教育に不満」と回答していることが、楽天リサーチの調査で分かった。

 「不満」と答えた人に、その理由として「実用的な英語力が向上しない授業内容」(68.8%)、「英語を話す機会がない」(66.4%)、「受験英語と実践英語の乖離(かいり)」(60.2%)と、“勉強しても使えない”ことへの不満が目立った。

    英語教育1 日本の英語教育への不満点(出典:楽天リサーチ)

 ちなみに日本の教育制度に不満を持っている人は74.0%。英語教育への不満は、教育制度全体よりも高いことが明らかになった。

 “使える英語”への欲求
 自分の子どもにグローバルな視点を持ってほしいと思っている人はどのくらいいるのだろうか。この質問に対し、93.6%が「はい」と回答。また子どもに国際競争で戦える能力を身に付けさせたいと思うかという質問では「思う(やや+かなり)」は83.3%だった。

 「思う」と答えた人に、どのような英語教育が必要だと思うかを聞いたところ「ネイティブや専任教師、国際経験のある教師の積極的な採用」(54.4%)がトップ。以下「受験英語から実践英語に授業・勉強方法を切り替える」(52.8%)、「英会話に重点を置く」(51.5%)と、ここでも“使える英語”への欲求がうかがえた。

    英語教育2 国際競争で戦える能力を身につけるために必要な英語教育(出典:楽天リサーチ)
※ビジネスメディア誠12/5付より転載しています。文字装飾は育星舎個別アルファ北野・衣笠による。URLはhttp://bizmakoto.jp/makoto/articles/1212/05/news066.html

                                 ***

論理が破綻しているとまでは言いませんが、
多くの方がより偏差値の高い大学進学を望む中で
現状の英語教育にご不満をお感じなのは、
喧嘩を売る相手が違いますよね。


あるいは『英語を話さなくても生きていける』この環境で、
ロードマップやテクニカルなディレクションがあれば
英語が話せるようになるとお考えの人がそんなに多いのでしょうか。
このテキストって人を小馬鹿にしてるのか!?と勘繰ってしまいます。


もちろんより効果的なスキームの提示により変わることは至ってナチュラルなことです。
しかしこの場合はやはりそのアクションに相応しい人材が欠かせません。
誰彼できるものじゃありません。
言い換えれば誰にもできません。個人に依ってしまいます。


このイシューを切実に受け取る側も発信する側も、やはり自身の経験則によるのでしょう。
この構図って何だかいわゆる『ゆとり教育』のモティヴェーションと変わんないのじゃないかと思います。
例えば文科省(旧文部省)の多くの方々が受けてこられたであろう中高一貫の素晴らしい、
かつ厳しくもゆとりある学習環境の再現、あるいは踏襲というイメージは、
圧倒的多数の凡庸な環境によって粉々に駆逐されたはずです。


日本の教育を左右しているような方々のマインドが、
私のようなズブの素人にも透けて見えることに驚きを禁じ得ません。
この程度のことをまだ遡上に載っけてるの?なんてしたり顔をしてしまいそうですが、
かくいう私は単なる外野席の酔っ払い客(どちらかと言うとパ・リーグのデイゲーム)。
何かを言う資格も知識にも致命的な欠落があることは百も承知しています。


私は正直いまの英語教育は間違っていないんじゃないかと思います。
ただ、よりプロフェッショナルな、テクニカルな、アクチュアルな環境を
可能な限り早期に確立しないと子どもたちが可哀そうだとはぼんやりと考えたりします。


そしてその環境がすべての子どもたちにとって
オープンであれどもマストである必要はないと思います。
そういった意味において、
現行のシステムは不味くないんじゃないかと思う訳です。


『使える英語』。
この言葉の出所がどこであれ何であれ、
私みたいな意地の悪い人間は(笑)
英語のポジションをそのラインに押しとどめた
母国語日本語の力強さ(あるいは偏屈さ)に感動してしまいます。


こんなこと書けば入塾予備軍の方々を遠ざけてしまうかもしれませんが(笑)。
…コホン。
それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町・衣笠わら天神の個別指導専門塾 育星舎『個別α北野・衣笠』塾長 池田真一 is101309.gif





関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/1131-ee91e2de

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ふしみ育星舎HP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2016


※随時更新しています

ふしみ育星舎onTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【京都南学舎 伏見育星舎】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾