FC2ブログ

Entries

家で勉強が出来るのならば

…塾なんて来ない、となるのが常でしょうが。


こんなセリフが通用するのはせいぜい中2までですね。
と、生意気にも思っているのですが。


高校生の一部、たとえば成績上位者にも
このセリフを公言してはばからないことも珍しくありません。


いわく
『家で勉強出来ない』。
『自室では集中できない(≒誘惑が多い)』。


特に成績上位者のこの類のセリフには、必要以上に返す言葉はありません。


そして、自分の場合(高校生の時分)を目をキュッと細めて振り返ってみます。


(幸いにも)自分ひとりだけの部屋。
視界に入るものといえば、まずは大量の漫画類です。


大量という数字がどういったものなのか(特に書籍の場合)判別できない面もありますが
500冊は、あったと思います。


普通~ちょっと多い、ラインですかね?


音楽ソフトもそこそこ。※カセットも主力!
ゲームは…、人並みに熱中しましたが、中学生の半ば頃には興味が失せていました。


あとは…、
14インチのテレビデオ(懐かしい!)が1台。
深夜にひっそりと放送されている地味~な外国映画をむやみやたらに録りためていたっけ…。


それくらいです。


今では容易には信じられませんが、インターネットなんて…、まさかまさか。
これくらいですかね、自室を埋めるものといえば。


そうか…、ケータイか…。


(大量に普及し始めた)ごく初期のポケベルがありましたが
高校時代は持っていませんでした(持っている級友が羨ましかったなあ…)。


プラス、これまで数回当ブログでも紹介差し上げたように,
嘘偽りない、正真正銘の、混じりっ気なしの、ストレートに『ド田舎』でしたので、


やれカラオケやゲーセンや買い物や、なんてものはもちろんなく、
やれ打ち上げ(!)や慰労会(!)やなんてものもありようがありませんでした(…変な日本語)。


そう考えると、生徒たちにとかく物申すには無資格な気もしますが、
その時代時代に、地域の特性を問わず、集中をそがす誘惑はきちんと、ひとり分しっかりとあったはずで、
今がどうたらの論法をすんなり受け入れるキャパシティはありません。


…このブログの着地点。


というか、そもそもの動機…はですね、


自宅で勉強できなければ…、というのを中学生に伝えたかった訳です。
で、自分はこうだった!という代物を開陳して納得させるつもりでしたが。


…………。


結論。


自宅(自室)で勉強に集中できる環境、システム、ルーティンの構築は、
効率的だと、
自修館部門規約の前文に掲げておこうと思います。


塾要らないじゃんの論法ではなく。


そもそも自修館規約に前文はあるのか。
自修館規約を作成したのは私だったはずだけれど。


軽口はここまで。


それでは次回まで。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/114-e3b782c3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2019


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

更新カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

05  04  02  12  12  06  05  03  01  12  11  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ 伏見ゼミナールHPへ 伏見ゼミナールHPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾