Entries

赤本を買わないと決めた生徒後日談

先日紹介した赤本(入試過去問)買わない派の動向を紹介。
何も嫌味で書いている訳ではなく(笑)、
このケースって毎年のようにあるので私見をお伝えするだけです。


過去問演習はどうするの?という周囲の問いかけに対し、
彼はいろいろ返す訳です。
しかしそのどれもが現実味を帯びないし、現実を見ていないし、
ここには書けないような迷惑を他者に掛けようとしかねない回答。


『費用がかかる』というもっともな理由をこしらえて武装した、
ようはよくある『何とかなるやろう』式の態度なだけ。
もし仮にご家族により買うのがもったいないと告げられていたとしても仕方ない。


復活のチャンスなどこれから何度もあるでしょうが、
少なくとも目の前の機会は見て見ぬふりを決め込んだ運びですので、
進学後の3年間、特に勉強面で相当苦労するだろうなとは思います。
私としては複雑な心境ですが私の仕事は少しでも彼に前を向かせるだけ。


そして何とか工面して(この生徒の場合は塾内の友達より寄贈という形で)過去問を入手。
やってみて何かが欠けていることに気が付きます。
まず解いてみる。そして答え合わせ。フムフム。ヤバいなぁ~と肝を冷やしつつ直しへ。


「あれ、センセ、これ解説ないで」


ありませんよ。
説明会などで配布される過去問題(集)は解説がありません。
ヒドいところでは(ヒドいと書いて差し支えないと思います)解答すらありません。


もちろん赤本の解説もなかなか使いにくい代物ではありますが、
なければないで苦労します。あった方が断然いい。
学校側としてはそら手の内どころは見せませんよ。


ビジネス的な側面もあるのかもしれませんが(この辺り門外漢には分かりません)、
解説を作成するのは手の内を見せること。
そんなことに費やす時間があれば塾なりを回った方がどれだけ生徒を獲得できるか。


という訳で、これからの半月余り、
彼が入試過去問とどのように対峙するか注視していきます(意地悪)。
私の名誉のために(笑)付しておきますと、
22時の授業終了後23時頃まで彼に付き合わなくてはならないことも言わずにはおれません(笑)。


結局のところ双方の不利益(指導が無駄とか言いたいのではなくて)。
赤本は是非お買い求めください。
願わくば、気が気でなくて買い与えるのだけはやめてください。
それをやる多くのケースでほったらかしを見てきました。


本屋に行けばきちんと買えます。
それくらいは自分でさせてあげましょう。
おそらくたぶん、これも大きいところだと確信しています。


それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町・衣笠わら天神の個別指導専門塾 育星舎『個別α北野・衣笠』塾長 池田真一 is101309.gif





関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/1156-e7675d15

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ふしみ育星舎HP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2016


※随時更新しています

ふしみ育星舎onTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【京都南学舎 伏見育星舎】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾