Entries

大阪で府立と市立の公立大が統合!? 京都は!?

本日の様子。
雪の京都でしたが、いつものごとく元気いっぱいの育星舎でした。

    20130302a.jpg

さてさて、昨日に続き大阪市発のトピックス。
言うまでもなく首長の際立ちっぷりにおいては他を圧倒しています。
良い悪いを私が言う立場にありませんが、
こと教育に関しては言葉数多い方だけに注目しない訳にはいきません。


本日は以下の内容。


大阪府立大と市立大が統合へ 2016年開学めざす


                                 ***

 『大阪府立大(堺市中区)と大阪市立大(大阪市住吉区)について、松井一郎府知事と橋下徹市長は8日、両大学を統合し、2016年4月に新大学の開学をめざす方針を了承した。14年度末にも文部科学省に新大学の設置を申請。双方の学生・院生数は計約1万7千人で、統合すれば、首都大学東京(約9千人)を抜いて全国最大の公立大となる。

 8日の府市統合本部会議で示された新大学構想によると、府立大の4学域と市立大の8学部を、統合後は4学域9学部に再編。双方の理学系と工学系の一部を合わせた「地球未来理工学部」(仮称)を新設し、新エネルギーや防災のほか、新薬開発などの研究に重点投資。ほかに獣医学部と看護学部も新設する。キャンパスは現在の府立大と市立大の計5カ所を当面活用し、将来は大阪都心部への移転も検討する。

 今後は、4月から両大学にそれぞれつくる新大学検討本部が協働して、新大学の学部・学域のあり方やカリキュラムを決める。15年度には経営母体の公立大学法人を一元化し、同年度中に文科省から設置認可を得ることを目指す。

 松井知事と橋下市長は11年の就任直後から、両大学の経営効率化や国際的な大学間競争への対応を掲げ、統合を提唱。有識者でつくる府市新大学構想会議(会長=矢田俊文・北九州市立大前学長)が統合方針を協議していた。 』
※朝日新聞2/9付より転載しています。文字装飾は育星舎個別アルファ北野・衣笠による。URLはhttp://digital.asahi.com/articles/OSK201302080144.html?ref=comkiji_txt_end_kjid_OSK201302080144

                                 ***

ちなみに大学の学生数というものをネットにて改めますと、
なかなか最新のものに出合わず以下に挙げるのは若干古い数値(09年度)ですがご参考までに。

順位大学名生徒数備考
日本大学6万8千人14学部ある最マンモス校!
早稲田大学4万6千人大隈重信による設立!
立命館大学3万3千人西日本一のマンモス校!
近畿大学3万人世界初のマグロの完全養殖!
明治大学2万9千人早稲田より1年早く開設!
東海大学2万8千人学部数20!

以下ギヴアップでお許しください(笑)。
立命館大学は大きいなあ、と日頃感じますが、
2倍以上の規模の学府とは恐れ入ります。


まあ、取り立ててこの場で取り上げることもないかもですが、
こういった種類の統合は各地の国公立大で見られることは容易に予想できます。
例えば京都であれば
京都府立大学と京都工繊大学と京都府立医科大との提携トピックスもありました。


実はその3大学に京都薬科大学を交えた連携事業もあります(あったはずです)。
高校では伏見工業高校と洛陽工業高校との再編イシューもにぎやかです。


小中一貫を謳った小中学校の統廃合が進む中、
京都においても上記のような動きは加速しています。
子どもたちはその流れの只中。


システムの簡素化を目指して経営の効率化を図るのはものすごく理解できます。
ここで情緒の話を引っ張り出すのはナイーヴ(無知)なのでしょう。
かつ大規模化してスケールメリットをとる理屈も私なりにイメージできます。


でもそういう社会が併せ持つ(持たざるを得ない)二極化を考えない訳にはいきません。
分かりやすい世の中が住みよいそれとは限りません。
住みよいことがすなわち善だと言うつもりはありませんが、
生きることにクヨクヨとするような世界を子どもたちに残すことは悪だと思います。


こんな物言いは青臭いのでしょうし、上っ面を撫でる感傷に過ぎないのでしょう。
しかし、
教育に携わると自覚しているのであれば違和感には対峙していかねばなりません。


…フム、話がいつも以上にとっ散らかってしまいました(笑)。
このところ毎日、いやになるくらい新しい入試制度とにらめっこしているので、
自分の思考をテキスト化する機会を乱暴に使いすぎかもです。


さあ、明日は公立一般までの最後の日曜特訓!!
来週の水曜日が高校受験たちにとっていよいよ最後の決戦です。
彼らは強くなりました。


毎年のことですが、そのことを考えるとやはり嬉しくてたまらなくなります。
それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町・衣笠わら天神の個別指導塾 育星舎『個別α北野・衣笠』池田真一 is101309.gif

2/272/282/292/302/313/13/2

日曜
開講
通常
授業
通常
授業
通常
授業
通常
授業

通常
授業
3/33/4353/63/73/83/9

日曜
開講
通常
授業
通常
授業
公立
一般
通常
授業
調整
休講
調整
休講
3/103/113/123/133/143/153/16


通常
授業

通常
授業

 

春期
講習
申込〆
3/173/183/193/203/213/223/23


合格
発表
春期
講習
開始

高校
説明会
春期
講習
春期
講習
春期
講習
3/243/253/263/273/283/293/30

春期
講習

春期
講習
春期
講習
春期
講習
春期
講習
春期
講習
3/314/14/24/34/44/54/6
春期
講習
春期
講習
春期
講習
春期
講習
春期
講習

春期
講習
終了

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/1171-c22a7039

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ふしみ育星舎HP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2016


※随時更新しています

ふしみ育星舎onTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【京都南学舎 伏見育星舎】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾