Entries

暗記内容を問うのではなく、考えさせる出題とは!?

真面目な(笑)話が続きましたのでちょっとばかりの箸休め。
先月拾っておいたトピックです。
中学受験の世の中では常識なのかもしれませんが、
私としては『へぇ~』と唸ることしきりなテキストです。
こんな問題、解けますぅ?


ドラえもん 生物でない理由は? 麻布中入試 話題の難問


                                 ***

 『ドラえもんが生物として認められない理由は-。私立麻布中学校(東京都港区)が今月行った入学試験の理科で、こんな趣旨の問題が出題され、インターネット上で話題になっている。受験生の小学六年生より上の年代とみられる人たちが「難問」に挑戦し、問題の前提となる生物の特徴に疑義を唱えるなど議論は百出。さて、あなたならどう答える?

 出題では、生物の重要な特徴として「自分と外界とを区別する境目をもつ」「自身が成長したり、子をつくったりする」「エネルギーをたくわえたり、使ったりするしくみをもっている」の三つを挙げ、ドラえもんが生物でない理由を尋ねた。

 複数の学習塾が公開した模範解答は、自身の成長や生殖という二番目の条件を満たせないから、とする。これに対し、ネット上では一日の入試直後から「ユニークな問題」「大人でもなかなか答えられない」と感心する声が上がる一方、反論も噴出。ツイッターやブログなどの反応をまとめたホームページの閲覧件数は、十二日時点で二十六万件に上っている。

 ドラえもんは、ポケットからさまざまな秘密道具を出して不可能を可能にする。「ビッグライトを使えば大きくなれる」「フエルミラーで自己増殖できる」-。「この手の問題に利用するには万能すぎる」との声も。

 さらに「女王蜂と働き蜂のように、生産担当とそれ以外に分化した種は存在する」など、設問が挙げる生物の特徴に疑義をはさんだり、生殖技術が進んだ未来を仮定して、生物の定義がゆらぐことを検討する書き込みもある。議論を楽しんでいる面もあるようだ。

 大手塾「四谷大塚」(本部・中野区)は「前提として三つの特徴が書かれ、論理的に考えさせる出題。暗記だけでなく、頭で考えさせる」と出題の狙いを評価する。

 麻布中学校は「学校として問題の解答や意図の解説は一切しません。暗記内容を問うのではなく、考えさせる出題は毎年しています。今回もその一環です」とコメントした。

<問> 右図は、99年後に誕生する予定のネコ型ロボット「ドラえもん」です。この「ドラえもん」がすぐれた技術で作られていても、生物として認められることはありません。それはなぜですか。理由を答えなさい。

 <ドラえもん> 人気漫画「ドラえもん」に登場する2112年生まれのネコ型ロボット。スポーツも勉強も苦手でぱっとしない小学生のび太を助けるため、未来の世界からやってきた。おなかの「4次元ポケット」から、行きたい場所へ一瞬で行ける「どこでもドア」や、空を飛べる「タケコプター」など、夢のような秘密道具を取り出す。』
※東京新聞2/12付より転載しています。文字装飾は育星舎個別アルファ北野・衣笠による。URLはhttp://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013021202000055.html

                                 ***

先日来、
東京大学の創立以来初となる推薦入試導入(後期2次)の一報が各メディアで躍っていますが、
教育機関が求める人物像のシルエットがよりクリアーになってくるのではないでしょうか。
教育機関の中でも特に超のつく難関校の類が率先すると国の景色が変わるはずです。


そういう(素人が知ったかぶりで使うならば)
パラダイムシフトのタイミングというものをクヨクヨと考えます。
今はそのダイナミズムの只中にあるんじゃないかという感触。
いろんな価値や視座、あるいはシステムそれ自体の更新、転換を想います。


もちろん小さな、緩やかなチェンジの集積を我々は経験しているはずですが、
教育や子どもたちを取り巻く社会やら世界やらが
何かしらかの方向性を目指しているという構図を考えない訳にはいきません。


もっと気楽にこのトピックを扱いたかったのですが(笑)、
私の性質でしょうか、クヨクヨとした思考が(いくぶん大げさに)散らばっていきます。
…いつものことではあるのですが(笑)。


さあ、明日はいよいよ公立合格発表。
ようやっと旧年度に決着がつけられます。
3月から新年度となるのが高校受験をおもに扱う学習塾の定石・常識でしょうが、
いえいえ旧中3連中の入試本番や結果はこの3月。


毎年のことながらやりにくさを感じています。
個別アルファは中学受験から高校受験、そして大学受験までありますので、
なかなか2月から3月にかけて思い切ったアクションが起こせません。
やはり受験期の落とし前に傾注したいので。


とまれそれもこれも明日で最後。
吉報が届くのを待つのみです。
総合選抜による最後の受験生たち、
果たしてどのような結果を持ち帰ってくるのか楽しみです(本音は…不安で仕方ありません)。


フム。待とうじゃないか。
それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町・衣笠わら天神の個別指導塾 育星舎『個別アルファ北野・衣笠』池田真一 is101309.gif

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/1175-06339891

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ふしみ育星舎HP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2016


※随時更新しています

ふしみ育星舎onTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【京都南学舎 伏見育星舎】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾