Entries

日本語『ゼロ』ベースの英語授業!?

英語に係るイシューをひとりクヨクヨ考えるここ数日。
漫然と(もちろん懸命に)受験英語を指導していくことの意味を再考しています
(よりストレートに言えば自分の興味や面白味を追求したくなっている)。
英語指導はこのままでいいのか!?
などなど。


高校での英語授業がすべて英語に!?という報が巷間を駆けていったのはいつ頃でしょうか。
今でも(驚くことに)承知していない生徒もいますし、
あるいは英語に関わる授業のすべて一切が英語で行われると思い込んでいる生徒もいます。
いずれにせよ周知がなされていないというところです。


現状を私が担当している生徒たちに聞けば一様ではありません。
移行期間ではあるのですが、
英語を『英語で』授業している学校(あるいは日本人の英語教師)は確認できただけでゼロです。


もちろん簡単な発話であったり発問を英語で行っている先生方は
小中高問わずたくさんいらっしゃるでしょうが、
聞くとどうも個人に依ったりしていてシステマティックにが見えません。


教師の負担、生徒の理解度、個人差、受験対応、評価基準などなど、
乗り越えるべき壁は低くないのでしょうが、
ようはイメージの共有がかなえられていない現状がいちばんの問題なのではないでしょうか。


英語教育「日本語ゼロ」が基本に? 急激変化に戸惑う現場


                                 ***

 『小学校では新しい学習指導要領が完全実施された2011年度から、5、6年生で週1回の「外国語活動」が必修化された。さらに今春、指導要領が完全実施される高校の授業では、英語を使うのが基本になる。英語教育の変化は急激に進んでいる。

 小学校英語は「教科」と位置付けられていないため、検定を経た教科書がない。文部科学省は身近な単語、友達とのコミュニケーションの取り方などをまとめた教材を希望校に配布し、外国語指導助手の配置を進め、現場の支援に力を入れる。

 近く設置する専門家会議では、「使える英語」の効果的な指導方法を検討する方針だ。

 高校英語も大きく変わる。3年間で学ぶ単語数は指導要領の改定で1300から1800語に大幅増。今春から使用される教科書の中には、ほとんど日本語が使われていないものも登場する。』
※SankeiBiz2/21付より転載しています。文字装飾は育星舎個別アルファ北野・衣笠による。URLはhttp://www.sankeibiz.jp/compliance/news/130221/cpd1302211713014-n1.htm

                                 ***


ちなみに文科省曰く
「中国の指導要領にあたるものでは3000語、
韓国も2800~3000語」だそうです。
さらに「(よって日本では)高校で4割増の1800、
中高合わせて3000語」という数字をはじき出しているようです。


これからの英語指導の激動っぷりは容易に窺えますね。
英語学習の現場は確実に変わっていくのだと思います。
ただし、これが受験にどのように反映されるかはまだまだ未知の領域。


昨日のブログでも書きましたが、
私自身は変わっていこうと覚悟しています。
良いか悪いかの判断はもちろんつけませんが、
変わらざるを得ないというのが正直なところです(英語文法を教えるのが好きなんで)。


高校の授業がどのように変わっていくのかがとにもかくにもな関心事。
戦々恐々としているのは先生方もそうでしょうが(苦笑)、子どもたちも然り。
とまれ私も変革の途上。
今週金曜には有名な英語教室さんの見学に行ってきます。
子どもたちに反映できるようさらに前進しなければ。


それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町・衣笠わら天神の個別指導塾 育星舎『個別α北野・衣笠』池田真一 is101309.gif

2/272/282/292/302/313/13/2

日曜
開講
通常
授業
通常
授業
通常
授業
通常
授業

通常
授業
3/33/4353/63/73/83/9

日曜
開講
通常
授業
通常
授業
公立
一般
通常
授業
調整
休講
調整
休講
3/103/113/123/133/143/153/16


通常
授業

通常
授業

 

春期
講習
申込〆
3/173/183/193/203/213/223/23


合格
発表
春期
講習
開始

高校
説明会
春期
講習
春期
講習
春期
講習
3/243/253/263/273/283/293/30

春期
講習

春期
講習
春期
講習
春期
講習
春期
講習
春期
講習
3/314/14/24/34/44/54/6
春期
講習
春期
講習
春期
講習
春期
講習
春期
講習

春期
講習
終了

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/1183-95342802

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ふしみ育星舎HP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2016


※随時更新しています

ふしみ育星舎onTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【京都南学舎 伏見育星舎】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾