Entries

京都も動き出したぞ、土曜授業

土曜日に係るイシューも積年のトピックス。
やる、やらないで平行線の印象もありますが、
着々と、粛々と『土曜授業(土曜活用)』の流れが醸成されてきた微風も感じています。


当ブログでも(いつものように笑)幾度となく取り上げてきましたが、
「学校で授業が始まると、塾が大変になりますね?」的な声も聞かれます(笑)。
ご心配お礼申し上げるのみですが、
まあ、私個人的には土曜授業をどんどんやっていただき、
お昼~夕方~夜に塾に来る、というシステムが出来上がるんじゃなかろうかと踏んでいます。


もちろん誰もがそんな学習環境を望んでいる訳ではありません。
あるいはそこまでする教育に疑問をお感じになる方もいらっしゃるでしょう。
ただ、学習時間の確保は最優先課題です。
どれだけ素晴らしい授業を教育機関が提供したところで、
受け手側の練習量が不足しているのであればなかなか好転はかないません。


前回このトピックを取り上げた時の結びにも書きましたが、
子どもたちやそのご家族の皆さんだけでなく
国民がオールジャパンで見つめなければならないイシューです。


土曜日が授業になる風景を考えなければなりません。
経済効果も同様です。
家族の在り方もそうですし、街(町)の在り方もしかり。
街の風景が変わる、というイメージを共有することから始めなければですね。


土曜活用、脱「ゆとり」加速 府教委が2事業に予算


                                 ***

 『京都府教育委員会は新年度当初予算案に、土曜授業を想定した学習支援員配置など中学校での新規2事業を盛り込んだ。土曜授業を行う府内(京都市を除く)の小中学校は、新年度は7割を超える予定。「ゆとり教育」の象徴だった土曜日に、「学力向上」を図る授業が広がりそうだ。

 府教委は全国学力テストで下位にとどまる府内中学生の学力充実を総額2億200万円の重点施策にした。新規事業として、教員OBらが指導にあたる学習支援員チーム制度に5100万円、テスト期間前の集中講座に1千万円を計上した。

 学習支援員チームは、教員OBや地域のボランティアら3人1組で学力に課題のある中学校で指導にあたる。新年度は15校程度に配置する。

 集中講座は、テスト期間前などの土曜を活用。小学校の内容を振り返って学習する1年生の「ふりスタ」を、2年生も行う。

 土曜授業は月2回を上限とし、12年度はモデル事業として府内8市町22校が導入した。新年度の参加(京都市を除く)は小学校163校、中学校69校で、東京都に続く規模になるという。

 土曜授業は各校の判断で地域行事を開くことも可能で、府教委は「土曜が学習だけに偏ることはない」と見るが、幹部は「平日の行事を土曜に回し、空いた授業枠を学習に充てる学校も出てくるのでは」と見ている。

 土曜授業の復活は東京都などで広がり、大阪市も学力向上策として新年度導入を決めた。政府も学校週6日制復活に向けた検討を始めている。』
※京都新聞2/22付より転載しています。文字装飾は育星舎個別アルファ北野・衣笠による。URLはhttp://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20130222000047

                                 ***

我々の立場で言えば、京都市は除く、というのに注目(笑)。
学力向上は何も時間数だけの問題じゃない!という風にも取れますし、
追随したくないという穿った(笑)印象も抱きます。


前者はさもありなんですね。
確かにそうです。
時間(分量)と学力との相関性は容易にイメージできますが、
時間増と学力向上は確かにイコール関係にあるとは言い切れません。


言うなれば短絡的思考、大風呂敷思考、大雑把な思考とも取れます。
しかし、それでは対案を出す段となりますが、
…さあ、どうでしょうか。
市教委にこのイシューに対する態度は是非とも知りたいところですね(別に敵意とかじゃもちろんなく笑)。


ともあれ国(というか現政府、のブレーンや官僚)の本気度は(前政権からもですが)伝わります。
この国を推進していくのであれば経済はもちろんのこと教育が大きな大きなイシュー。
代議士の方々の中には日頃からこと教育に関して声高に叫んでおられる方もいらっしゃいますが、
国を挙げての事業、あるいは態度になりますね。


子どもたちにとってはもちろんノーグッドな事象でしょうが、
学校週6日制という風力は今はまだ小さいけれども今後確実に強めていくことでしょうね。
そして教育産業(好ましくない言葉ですが…)がそれらにどのように対峙するか。
末席に座る私とて当事者意識を欠くことは致命的となります。


それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町・衣笠わら天神の個別指導塾 育星舎『個別アルファ北野・衣笠』池田真一 is101309.gif

1/271/281/291/301/312/12/2

日曜
開講
通常
授業
通常
授業
通常
授業
通常
授業

適特
出願
通常
授業
2/32/42/52/62/72/82/9

日曜
開講
通常
授業
通常
授業
通常
授業
通常
授業
通常
授業

私立
入試
2/102/112/122/132/142/152/16

日曜
開講

通常
開講
通常
授業
通常
授業

公立
適性

特色
推薦
通常
授業
2/172/182/192/202/212/222/23

日曜
開講
通常
授業
通常
授業

学年末テスト
北野中・衣笠中・嘉楽中
通常
授業
2/242/252/262/272/283/13/2
休講

公立
出願

学年末テスト
二条中
通常
授業
通常
授業

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/1184-5e692b27

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2017


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

11  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ 伏見ゼミナールHPへ 伏見ゼミナールHPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾