Entries

変わっていく京都公立高校

今日はほとんどの学校で入学式でしたね。
通勤途上、校門の前で記念撮影をする一群を車窓からそこここに見ました。
いいもんです。
しみじみと、新たな門出の高揚感と何とはなしの不安の風とを感じました。


これからまた新しい物語が始まるのだな、と書けば何だか青臭い限りですが、
そういった節目をリアルに感じることのなくなった我々大人連中こそ(もちろん人それぞれですが)、
今一度そういったシチュエーションが眼前に横たわる子どもたちの心境というものを考えたいですね。
想像力があるかどうか。私も自分にこれを課しています。


閑話休題。
そんな真っ新な季節を生きる子どもたち、
これまたいろんなイシューやトピックスが我々のドアをノックします。
中学生や小学生をお子さんに持つ方にこそ
ちょっとばかり想像力を働かせていただいて、
これからの子どもたちが過ごす京都の教育環境をお考えいただければと思います。


洛北、日吉ケ丘高が単位制に 来春から


                                 ***

 『京都府、京都市両教育委員会は5日、来年春から府立洛北高(左京区)と市立日吉ケ丘高(東山区)を単位制普通科とすると発表した。履修の自由さを生かして高大連携を充実させ、洛北は理数系の研究者らによる指導、日吉ケ丘は大学博物館で外国人向けに展示紹介する授業などを検討している。

 京都市・乙訓地域の公立高入試が新制度に切り替わるのを機に、生徒の多様な意欲、能力を生かす仕組みにする。両校とも取得を求める単位の4分の1程度を選択科目にする。

 洛北は研究者や大学院生を講師として学校に招き、最先端の研究を踏まえた、踏み込んだ内容の授業を行う。夏に大学で行う実験実習も、単位認定する計画。高大連携を進めている京都大や府立大、京都工芸繊維大などに協力を求める。

 さらに数学、物理などの科学オリンピック挑戦を目標に、発想力や企画力を鍛える科目も設ける方針。3年夏から海外留学する生徒に翌年秋卒業を認め、秋入学の海外大学への進学環境を整える

 一方、日吉ケ丘は、京大総合博物館(左京区)で、海外からの訪問者や留学生に英語で展示ガイドをする授業を行う。第2外国語を中国語など4カ国語に拡充。従来は補習で行っていた学力の底上げを含め、生徒が習熟度や進路に応じて選べる授業や、ボランティアの単位認定も検討している。夏の集中講座を大学で開講し、高校の単位と認定する試みも龍谷大と協議している。』
※京都新聞4/5付より転載しています。文字装飾は育星舎個別アルファ北野・衣笠による。URLはhttp://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20130405000130

                                 ***

新中3の生徒たちには授業の端々で進路動向を聴取しています。
5月の連休明け、定期テスト前に例年通り個人面談を進めていく予定です。
特に今年は公立入試制度の変更により、
早期の確認作業は必須です。


彼らの多くがこの段階で私立願望をほのめかしていますが、
あまのじゃくな私は公立礼賛風な言葉を置きます。
もちろん従来は完全にその逆。
これまでは圧倒的に公立志望が多かったので
私立を選択する意味や意義を力説してきましたが(回し者ではありません笑)、


近年はこれまた完全に逆転。
アルファ北野衣笠だけで言えば6:4どころか7:3くらいの割合で私立志望になりました。
ただし、これはやはり困難な受験回避の意味合いが濃いです。
よって私はそのことに関してネチネチと苦言(笑)。


子どもたちにはやっぱり広~く見渡してほしいですもの。
その中で自身が思い描いていた方向に進んでくれたらという想いです。
よって考えた結果、やはり当初の志望に変更なし、というのは大いに歓迎。
そんな私の態度。


とはいえ戦略的に志望を模索する生徒たちはストレートに応援します。
その中で消極的な理由から私学専願を口にする生徒もいる訳です。
そこに私はチクリと言いたくなってしまいます(自分の経験はさておき笑)。


とまれ京都の教育事情は変わっていきます。
その只中にいるダイナミズムを個人的には感じています(大げさな書き方ですが)。
洛北、日吉ヶ丘、動き出しましたね。
紫野も動きました。
嵯峨野の適性も変わっていきます(5科導入)。


今後この流れに公立高は続くでしょう。
きちんとフォローしていかねばと内心ずっとヒヤヒヤしています。
それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町・衣笠わら天神の個別指導塾 育星舎『個別α北野・衣笠』池田真一 is101309.gif
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/1216-3e70c180

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ふしみ育星舎HP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2016


※随時更新しています

ふしみ育星舎onTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【京都南学舎 伏見育星舎】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾