Entries

英語を小中高8年間学んでも学習総日数はたったの67日!?

教育再生会議の提言が巷間を賑わせていますね。
特に英語に関するテキストは連日投下されています。
フウム、個人的には面白く接しているが、
いろいろなカタチを更新させうるそれらトピックスに驚き呆れてしまいます。
以下は少し古いですが。


教育再生会議:小学校で英語、正式教科を提言 首相に提出


                                 ***

 『政府の教育再生実行会議(座長、鎌田薫・早稲田大総長)は28日、小学校での英語を正式な教科にする方針を含む、大学改革と教育のグローバル化に関する提言を、安倍晋三首相に提出した。小学校での英語教育を正規の「教科」とするほか、開始学年を現在の5年生から早める。また、外国語教育に力を入れる高校を「スーパーグローバルハイスクール」に指定する。今後、文部科学相の諮問機関「中央教育審議会」で議論される見通し。

 提言では、教育のグローバル化のため、小学校から大学までの各段階で英語教育の充実が必要と指摘。小学校では、現在5、6年生で「外国語活動」として週1時間実施されている英語の授業を正式な「教科」とする。授業数を増やすほか、開始学年を4年生以下とし、学習指導要領改定も視野に入れる。

 中学校では「英語による英語授業」を実施。高校は、英語など外国語を使う機会を増やし、国際的素養を育成するスーパーグローバルハイスクールを指定するほか、海外の大学入学資格が得られる国際資格「国際バカロレア」の認定校を大幅に増やす。

 大学では、意欲や能力のある全ての学生の留学を実現させ、日本人留学生12万人を目指す。海外からの留学生については、政府や各大学による海外拠点を整備し、入学手続きの簡略化、奨学金の利便性向上を実施。各大学で英語での講義を充実させる。

 さらに、大学教員に年俸制を導入し、優秀な外国人教員の流入を促すなど、人事面での活性化を狙う。また、一部大学で大学での意思決定に影響を及ぼしているとされる教授会の役割を見直し、学長のリーダーシップが機能しやすいように統治機構も見直す。

 安倍首相は提言を受け、「日本の力を強める提言をしっかりと実行していきたい」と述べた。教育再生実行会議は安倍政権発足後に誕生し、提言は今回が3回目。

◇教育再生実行会議の提言の主な内容◇

・優秀な外国人大学教員を増やすため年俸制などを導入

・世界大学ランキングで10年間に国内から10校以上を100位以内に入れる

・日本人留学生を12万人、外国からの留学生を30万人に増やす

・大学入試や卒業認定にTOEFLなどの検定制度を活用

・優秀な留学生獲得のため、国や大学は海外拠点を整備

・小学校での英語学習の抜本的拡充(実施の早期化、時間増、教科化、専任教員配置など)

・中学校で「英語による英語授業」の実施

・スーパーグローバルハイスクールを指定する

・国際バカロレア認定校を現在の16校から200校に増加

・大学長がリーダーシップを取れるよう、教授会の役割を明確化』
※毎日新聞5/28付より転載しています。文字装飾は育星舎個別アルファ北野・衣笠による。URLはhttp://mainichi.jp/select/news/20130528k0000e040149000c.html

                                 ***

先日、あるテキストをリツイートしました。
東洋経済ONLINEに掲載された山田順という方の英語教育論です。
塾で英語(どっぷりペーパーイングリッシュ)を教える身としては身につまされる思いとはこのこと。


下に一部抜粋引用しますと、

『英語の授業は、中学、高校とも、たいてい毎日1時間(1コマ)はある。
そこで、週5日授業があるとして、1年を52週とすれば、5時間×52週=260時間となる。
しかし、実際には夏休みも冬休みも春休みもあるので、
授業があるのは年間約40週とすれば、5時間×40週=200時間となる。
では、これを8年続ければ、何時間になるだろうか?
そう、200×8=1600時間である。

この1600時間というのは、日数にすると、1600÷24=66.7で、約68日(原文ママ)にすぎない。
そう、8年間といっても、たった2カ月余りしかあなたは英語をやっていないのだ。
普通、留学生が英語漬けの生活を始めて、なんとか英語がわかるようになるのには、
早くて半年はかかると言われている。つまり、
中学、高校、大学と8年間も英語をやったからといっても、それではまったく足りないのである。

現在、小学校5、6年生は週1コマ英語をやっている。
今後、これが小学校4年生にまで拡大されても、やはり週1コマだろう。
とすれば、月に4時間、年間48時間、3年で144時間増えるだけだ。
たった、6日間である。』
※東洋経済ONLINE6/19付より。『英語プアの日本人は、ますます下流化する』
URLはhttp://toyokeizai.net/articles/-/14389?page=4

8年間やっても総日数でだいたい67日。
ようは2カ月ちょっと。
こんな発想は今までの私にありませんでした。


とはいえクヨクヨしてしまうような類のテキストです(笑)。
ともあれ私は目の前の英語嫌いの子どもたちを一人でも多く減らすことが仕事。
そうチャレンジすることで結果的に英語嫌いを大量生産していると言われれば
しゅんと口をつぐむしかありませんが…。


連日参加の学校説明会においても英語学習におけるアピールは少なくありません。
ほぼすべての学校が英語をひとつの柱としています。


このテキストを読んだ今、
説明会会場に響く華やかな言葉の数々が虚ろに聞こえてきます。
と私が弱気になっていても仕方ありませんね。


私に課せられているのはこの国の英語学習の行く末なんかではなく、
次の英語テストでいかに自分の能力を惜しみなく発揮できるかを支えることです。
私は私の大きな仕事をするのみ。


教育の動向を横目にしつつ。
それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町・衣笠わら天神の個別指導塾
育星舎『個別アルファ北野・個別アルファ衣笠』池田真一 is101309.gif
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/1246-3ae67bd8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ふしみ育星舎HP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2016


※随時更新しています

ふしみ育星舎onTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【京都南学舎 伏見育星舎】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾