Entries

公立の先生方、心よりお待ちしています!!

京都市・乙訓公立高 来春から「単独選抜」 選ばれる学校へ躍起


                                 ***

 『来春から京都市・乙訓地域の公立高入試で「学校が受験生に選ばれる」新制度が始まる。各高校は、学校説明会などで趣向を凝らして中学生にアピールしており、塾と連携する高校も増えている。

 来春入試の公立高合同説明会が5月25日、国立京都国際会館(左京区)で行われた。中学生や保護者ら2700人を前に、各校は大型スクリーンを使い、8分の持ち時間内でさまざまな趣向で学校を紹介した。

 西京高はコマーシャル調のユニークな動画で「さあ、みんなで青春しよう」「それなら西京高校だ!」とアピールした。一方、堀川高は川浪重治校長が登壇し、会場に向けて「みなさんに必要なことをたくさん用意しています」と熱く語った。

 北嵯峨高は現役生徒が「一緒に活動できるのを楽しみにしています」と語る動画に時間を割いた。

 同地域で普通科が来春から、中学生が学校を選んで志願する「単独選抜」に変わる。中学生の関心を集めようと、学校単位の説明会も力が入る。

 鳥羽高は初の地域別説明会を企画、山科・伏見区方面などと分けてきめ細かく回る。須原洋次校長は「一人一人を熱心に指導する、学校の姿勢を伝えたい」と、個別相談を重視するという。6月以降に説明会を予定する高校が多いが、桂高は時期を早めて5月下旬に第1回を開いた。

 府教育委員会は、親子で見る広報資料の重要性も高まるとみて、デザインのプロを招いた研修会を3月に実施。各校は持ち寄ったポスターやチラシに厳しい批評を受けた。

 私立高で盛んな、塾との連携も増えた。塾関係者や、塾の生徒や保護者対象の説明会だ。これまで公立高は進路指導を担う中学校への配慮や、「公立」という意識から消極的だった。

 先月中旬、塾関係者ら約150人に教育方針や入試制度を説明した府立高校長は「中学生にメリットがあると判断した。呼ばれれば積極的に出向く」と話す。府教委も「情報提供として中学生の選択の不安を解消する手段の一つ」と受け止めている。』
※京都新聞6/1付より転載しています。文字装飾は育星舎個別アルファ北野・衣笠による。URLはhttp://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20130601000023

                                 ***

校塾連携を真正面から謳っておられる学校もあります。
他方、
先日のブログでも書きましたが、
塾の連中はガセばっかりやと切り捨てる先生もまだまだいらっしゃいます
(人間関係の意味を学ぶ年代の若者に掛けるような言葉では決してありません。これが教育者!?)。


前者の意識の高さ、視界の広さには頭が下がる思いです。
だってここにある眼差しは確実に子どもたちに向けてでもありますし、
同様に生徒確保を目指すマネジメントやスタディの認識。あるいは覚悟。


世界を見ろと諭しながら、自らの視座のスケールが半径数メートルでは頼りないです。
この場で書くことではないかもしれませんが、
社会を発展させてきたのはボランティアではなく、もっと職業的な
言うなればビジネスではないでしょうか。


もちろんこれに教育を容易に挟むことに躊躇がない訳ではありません。
また、私も連携や共闘を切に願いながら
過去の遺恨をネチネチと呟く愚かしさに自ら閉口しています(笑)。


私もこのタイミングを大きな大きなチャンスと捉えています。
子どもたちにとってはこれまでとは種類の違う(であろう)負担が課せられますが、
野次馬根性で言えば子どもたちにとってそれもまた大きなチャンス。


さてさて、
3月の公私学校説明会に続き、
6月か7月に予定していました
当塾での説明会第2弾ですが、


入試選抜の情報やそれに係るトピックスの質があまりにも乏しいため(ようは教委による混乱がまだある)、
夏以降にと考えています。
耳にタコのような、または新情報の出てこないような説明会開催の意味は薄いと判断しました。


まずは明日の第2回公立高校合同説明会(於:国立京都国際会館)にご参加ください。
それから6月~7月と続く
公私それぞれの説明会に足を運ばれてください。


言葉を交わすことできっと変わります(あるいは補強されます)。
行かなきゃ始まりませんよ!!
かくいう私も連日の塾対象説明会行脚にて睡眠不足なう(笑)。


公立の先生方、当塾で説明会をしていただけませんか。
心よりお待ちしています。
それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町・衣笠わら天神の個別指導塾 育星舎『個別α北野・衣笠』池田真一 is101309.gif
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/1248-6c2fabea

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2017


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

11  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ 伏見ゼミナールHPへ 伏見ゼミナールHPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾