Entries

英語に関わる仕事がしたい!?

えっ!!というような生徒から(失礼!)、
時に「英語に関わる勉強(仕事)がしたい」という想いを吐露されることが少なくありません。


喜ばしい半面、
こういった想いがなかなか実際の学業にフィットしていかないことも承知しており、
積極的に背中を押しつつ、
その拡がった視野をさらに広~くできるよう努めつつ、
何とはなしに、その空気に漂う実体にきゅっと目を凝らしてしまいます。


英語に関わる仕事…。
何じゃそら?


いくつかは挙がってきますが、私の知る限りある層の独占を伝え聞きます
(もちろんそんなことは子どもたちに言いません)。
しかし、
事実と展望を伝えなくして何を伝えるのだと思います
(この辺り、学校の『エーゴ』の先生にはしっかりしてもらいたい)。


例えば工業翻訳や特許翻訳の多く(ほとんど?)が工学部等理系の進路のひとつです。
だってテクニカルなことが分かんないと土台ムリと言わざるを得ません。
そして多くの登録翻訳家(『家』というか業務従事者)が実務経験を持っているはずです。


単なるひとつのサンプルです。
しょ気させるためではありません。
子どもたちに前を向かせるために必要な情報です。
これらをきちんと伝えた上で『さあ行け!』と背中を押す。


特に女子中学生が英語に関わる云々の言葉を私に伝える背景として、
学校の英語の先生方の温かい励ましや力強い押し出しがあります。
しかし上記に挙げた事実は決して伝わっていません。
おそらく
『英語に関わる』→英語の先生、翻訳家、客室乗務員、てなトーンで話してるんじゃないでしょうか。
これじゃ本当に必要な学力を身につけるモティベーションには量的不足です。


冒頭に書いた私の疑問、というか違和感を改めて考えますと、
自分の未来の像を心にキュッと見定めたような猪突猛進的例外的ケースを除いて、
やはり『英語に関わる云々系』は圧倒的に学習量が足りていません。
そしてなまじっか英語ができるゆえに、学業が偏り、早期に(勉強の)進路を固定化させ、
厳しい物言いをすればそのまま緩やかに穏やかに進路変更というパタンが少なくありません。


だって必死で勉強していないケースが多いですもの。
あ、もちろんそうじゃない子どもたちともたくさん出会いましたよ。
ただ、多くが『英語!英語!』というスケープゴートを巧みに使って
実際の『しなければならない』勉強から遠ざかる傾向にあります。


これには注意です。
真意の確かめ様など容易ではないでしょうが、
英語を勉強したいときに感動や体験という起点がなければ
そこには消去法によるドサクサ紛れがあるかもしれません。


冒頭のセリフを耳にする毎年、
私はこんなことをクヨクヨと考えています。
それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町・衣笠わら天神の個別指導塾
育星舎『個別アルファ北野・個別アルファ衣笠』池田真一 is101309.gif
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/1276-69edc77a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2017


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

11  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ 伏見ゼミナールHPへ 伏見ゼミナールHPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾