Entries

【再録シリーズ3】ブログ4年目、ようやく1111稿目のテキスト (2012/12/27)

先日の『1,111』(ツイート数)の続きではありませんが、
同じような自らを祝する拙文がありましたので、
いつものように(苦笑)再録シリーズにて紹介させてもらいます。


表題にある通り1年ちょっと前のブログとなります。
やはり私の表現力に進歩は見られませんが(涙)、
これもまた歴史の些細な1ページだと思うと感慨も湧いてくるというものです。


さてさて1年前の私、どんなことを書いているのかしら?




ある先輩講師からブログを勧められたのがもう5年前でしょうか。
そして1年ほどそのアイディアを温め(否、放ったらかし笑)
ようやく重い腰を上げて駄文を書き連ねてきて早や4年目。


節目節目において個人的にひっそりと自分をセレブレイトしてきましたが、
過去にはこんなテキストを書いたくらいであまりピックアップはしていません。
33,333人のご来場。感謝感激。 2012年5月8日付


そうして表題の通り1111稿到達。
長いような短いような結構書いたようなまだまだなような、
自分が飽きを感じなかったことに実は驚いていたりします。


    alpha-kitano-blog1.png     ※2012年12月26日付


世界には驚異的なブロガーやプロフェッショナルな方々が数多いらっしゃる中で
このようなテキストを書くのは愚かしいかもしれませんが、
『続ける』というアクションを子どもたちに示せたのではないかと安堵しています。
そしてそれが『楽しい』と容易に結びついていることを私として強調したいところです。


もちろんオブセッション(強迫観念)に駆られた毎日を過ごしてはいますが(笑)、
いろんな意味合い(集客や発信や手慰みやその他何やかや)において
それらが私なりに高いポジションを維持している、
私なりの想いがかなっているということが誇らしいところです。


コンサルタント業にあるような方から言わせると
ほとんど価値のないようなブログかもしれませんが(飛び道具として成立していない)、
(私の独り言は置いておくとしても)特に教育にかかわる情報を
それがどんなに退屈なものであれ提供できている面があると(勝手に)自負しています。


さて次は2222稿目でしょうか(笑)。
そこまで興味が持つかな?
ただし、ブログの年数と私の自信の度合いが比例関係にあるような気がしていますので、
これはこれで効果的な訓練になっているのだと思います。


私から言わせると
集客で苦労している塾講師連中は皆やればいいのにと思いますが、
またそれは別のストーリーなのでしょうね。
自己訓練や外の世界にアンテナを張るという意味でも有益だとは思いますが。
ま、人は人か。


とまれ教師/講師業と言われる職に就く人は外に目を向けないと言われがちです(よね?)。
子どもたちとの狭い世界にだけとどまり、
子どもたちに広い世界を紹介できないような『先生』も多いことでしょう。


その自戒として私は愚直に学び続けるのみ。
もうほとんど(字義通り)愚かしいかもしれませんが(笑)、
皆がやらないならやるだけだ、とシメシメほくそ笑んでいます。


と、本日は本当に、心の底からどうでもいいようなテキストで申し訳ありません(え、いつも!?)。
『1111』というピリオドを何とか楽しみたかっただけです。
ちなみにこの駄文は1112稿目。
当たり前ですがその次は1113稿目。
破れかぶれでその次は1114稿目。


読んでいただいている方を馬鹿にしている訳でなく、
子どもたちにはこの態度でもって勉強に励むよう伝えています。
私は残念ながら魔法使いでも素敵な言葉を持ち寄ることができる人間ではありません。
どちらかと言うとフレンドリーじゃないと思います。


一歩踏み出して、そして次の一歩を踏み出すのみ。
この姿勢が届けば何だか私も救われるような気がします。
とはいえ歩を運ぶことは骨の折れることだ。
それでは次回まで。




とまあ、少し勇み足な表現もありますが(笑)、
その当時の私の悩みや展望が少しは思い出されます。
たかが1年前ですが、やはり私の中の目標とする着地点は変わり続けています。


そんなことを感じられるのも再録シリーズの良いところ。
埋もれていくテキストを掘り起こしつつ、
こんな私もおりました式の再提出。


とまれ積み立てていくことの大事さを子どもたちに伝えられればと思います。
たかが千とちょっと。
少ない少ない。
でもちょっとやそっとでは提示できませんよ、てなところ。


それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町・衣笠わら天神の個別指導塾
育星舎『個別アルファ北野・個別アルファ衣笠』池田真一 is101309.gif
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/1309-b3430876

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2017


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

10  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾