Entries

中1。難関高志望。成績横ばい。どうする!?

志望する方向が(親子ともども)高い程度であるにもかかわらず、
なかなか伸びてこない、あるいは能力がフルに使われていないケースがあります。
「やる気を出せ!」なんて言葉も掛けられますが、
それで開眼するケースは(私の拙い経験の中では)ごくわずか。


もちろん生徒と講師との間の関係によるところもあるかと思います。
理想的な師弟関係が形成されているのであれば講師のひと言で変わることもあるでしょう。
ただし、そのような濃い関係が築かれている中で冒頭のようなケースはあまり考えられませんね。
よって若輩の私、あの手この手と引っ張る手だてを捻り出す毎日です。


また、そういった子どもたちに見られるひとつの傾向として、
やはり高い学力の片鱗を伺わせられます。
よってある段階までは小学校までの貯金で中学生活が賄えてしまう現状があるのでしょう。


小学時分は大人びた言動が目立ち、時には周囲との距離を感じたことでしょう。
使用言語の相違から来るそのような弧絶感覚を抱えたことも容易に想像できます。
しかし、早熟の思考力が備わっていたことが地道な暗記作業を軽視してしまった結果、
(私が言うにはおこがましい部分はありますが)先鋭的な面が凡庸化していくこともあります。


そういった生徒たちは現行の受験制度や学校の評価システムでは浮上しにくいですね。
よって私はその生徒の『社会性』と『自意識(個性)』における(現時点での)欠落を指摘します。


ある部分の能力の観点から言えば私のそれを大きく超えるものを備え、
そしてそれを私がスポイルすることなく学業を支えていこうと考えたりしますが、
そこに潜むあやまちか否かは適宜判断しなければなりません。


これから必要になってくる思考力/表現力も、相応の暗記量(基本的な語彙)が不可欠です。
おそらく小学時分は周囲より語彙量が多かったために、
どことなく大人びた印象が醸し出されたのではないでしょうか。


そのアドヴァンテージが中学生になり次第に平均化していくと、学力ももちろん相対的に下降します。
これを打破しなければなりません。
定期テストで確実に最上位層に食い込み、それを維持しなければなりません。


そのためのアクションを引き起こす手立てとして
上記の『社会性』と『自意識』の話を(必要な生徒には)行い、
その両者から「ヤバいな~」と実感してもらわなければなりません。


そこのイメージが我々と合致してくれば文字通り(俄然)面白くなってきます。
何せ元々の素地は相当あるのだから。
そこを伸ばすも縮めるも教育に関わる人間の持っていき方であるとつくづく思うこの頃です。


そうそう、今日は『ポッキーの日』なのですね(11月11日ということで?)。
さっき生徒から数本もらいました(笑)。
それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町・衣笠わら天神の個別指導塾
育星舎『個別アルファ北野・個別アルファ衣笠』池田真一 is101309.gif
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/1311-aaa8df91

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2017


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

10  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾