Entries

やっぱり公立は予算があるのだろうなぁ(怒られる!?)

今年に入って更新頻度が格段に向上した府市両教委のHP。
市教委なんてフェイスブックを開設してほぼ毎日のように新着情報をアップしています。
努力ですよね。簡単に下げたくありませんが(笑)、頭が下がる思いです。

スペシャリストネットワーク京都 ※府教委HPより

アカデミックネットワーク京都 ※府教委HPより

さて、高校特色化の機運により(府立高校特色化事業。何で市立と一緒にしないの!?)、
これまで以上に様々な取り組みがなされているようですし、
実はこれまでもやっていたけれども広報の観点を刷新したという風な印象を受ける昨今です。


校舎とか部活動など目に見えるものに予算を投下すると方々からガヤが飛んできそうですが(苦笑)、
授業や諸活動は私学と比べても遜色ない、というかより潤沢な機会があるのではないでしょうか。
そんな気をしていますが(笑)。


はてさて。
このようなことは私学でもありました(あります)が、
企業にとっての旨味は(おそらく)公立でしょうから、
縦横の繋がりやすさも含めて公立のアドヴァンテージでしょうね。


そんなタイミングにまたひとつ。今度はユニクロ。
本当に久しぶりの新聞トピックのピックアップから。


ユニクロと小学生コラボ あいさつTシャツ


                                 ***

 『 児童の手紙きっかけ 200枚製作

 岐阜県美濃加茂市立伊深小学校(石田靖彦校長、児童58人)の児童会とカジュアル衣料「ユニクロ」などを展開するファーストリテイリングが共同で、児童たちの絵を使ったTシャツを製作する。

 児童会が、同社にあいさつ運動の輪を広げるTシャツの製作を手紙で依頼したのがきっかけで実現した。製作を前に、同社のデザイン担当者らが20日、同小を訪れ、児童たちと交流を深めた。

 児童会は、PTAと協力して毎週月曜日の朝、校門前に立ち、あいさつ運動を展開している。昨年度は全校児童からあいさつキャラクターを募集し、「あいさつうさぎ」が選ばれた。

 同社に手紙を出したのは、児童会役員の5年、西村怜南れいなさん(11)。あいさつ運動を広めるには、キャラクター入りのTシャツを製作するのが一番と考え、9月中旬に同社の柳井正会長兼社長宛てに、あいさつ運動の取り組みやTシャツの製作をお願いした手紙を出した。

 児童たちの思いが通じ、数日後に、「OK」の返事が届き、この日の訪問となった。同社もあいさつ運動に力をいれているといい、児童たちと共同でTシャツを製作するのは珍しいという。

 デザイナーの猪熊貴盛さん(37)ら5人が来校。猪熊さんらは、児童会役員の5、6年生児童12人と一緒に、下絵となるウサギを描き、「児童たちの思いがこもったTシャツを作って、学校や地域を元気にしたいですね」と張り切っていた。

 子どもたちが描いた絵をもとにTシャツは約200枚製作し、来年2月頃、同社からプレゼントされるという。手紙を書いた西村さんは、「ユニクロに協力してもらえるなんて夢みたい。あいさつ運動の時、着るのが楽しみです」と喜んでいた。Tシャツは、一般販売の予定はないという。』
※読売新聞11/21付より転載しています。文字装飾は育星舎個別アルファ北野衣笠による。URLはhttp://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20131121-OYT8T00396.htm

                                 ***

以前だったら桂高校の取り組みくらいしか耳目を集めていませんでした。
桂高校の広報力、そしてそのノウハウが
今の公立高校(というか教委の)広報のベースとなったのではないでしょうか。


とまれ今後は機会の拡充とその広報が飛躍的に増大するでしょうね。
そんなこともできるの!?の相場が私学だったこれまでとは違い、
公立だからこんなこともできる!というイメージは生成されていくでしょうね。


ただし、言うまでもなく目に見えるところには予算投下は容易になされないでしょうから(笑)、
校舎がきれいになったり設備が豪華になったりはなかなか実現しないでしょうね。
それでも学習におけるさまざまな機会はどんどんリッチになっていくのではと予測しています。


その点を子どもたちはどのように感じるか。学校側はどのように知らしめるか。
『イメージで志望校を決定するな!』とはある公立高校の先生の説明会での熱いひと言。
ありがちな言葉ですが、この先生は綿密なデータとともに子どもたちに投げかけてくれました。


今年は何とも悩み多き高校受験シーズンです。
それでは次回まで。
文責:京都市北野白梅町・衣笠わら天神の個別指導塾
育星舎『個別アルファ北野・個別アルファ衣笠』池田真一 is101309.gif
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/1316-2a6aa316

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ふしみ育星舎HP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2016


※随時更新しています

ふしみ育星舎onTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【京都南学舎 伏見育星舎】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾