Entries

夏期講習通信2014その7 憧れるぜ、その若さ!

先日、
たまたま私の話の着地点がうまい具合に落ち着いた事例がありました。
話をしながらその効果を感じていましたので、
少し紹介させていただこうと思います。


夏期講習開始以降、
なかなか思うように力が入らない中3男子がいます。
まあ、必要なポジションまで引き上げられていない私の力不足および反省を感じながらも、
折を見ての声掛けを続けています。


ただ、直接対決だけが勝負の分かれ目ではありません。
前哨戦となる緻密な情報戦があったり、
リラックスして流す感じの消化試合だってあっていい。


おもに個別指導を担当する私がよく使う手として、
指導中の目の前の生徒に向けて話をしながらも、
その実は近くで勉強する本丸に向けて言葉を放り投げることがあります。
前のバッターでスローボールを見せておく、といったところでしょうか(笑)。


個別指導の塾長だからこその苦肉の策でもありますが、
私の授業展開そのものは実は多くがこのやり方に依っています
(よって少しばかり声が大きい理由もその点。もちろん注意が必要ですが笑)。


言うまでもなく目の前の生徒に集中しています。
が、全体を俯瞰することのできない人間が
目の前の生徒にこれからのヴィジョンを提供できる訳もなく、
まあ、私の授業展開に係る信念のひとつといったところでしょうか。


閑話休題。
冒頭の中3受験生男子。
彼が自習している間、いくつかのメッセージを間接フリーキックよろしく放ちました。


頃よく(?)私の目の前の生徒からもネガティヴ発言が聞かれます(苦笑)。
ついつい私も呆れ「お前の若さには憧れへんわぁ」とやんわり暴言。
「『あぁ、いいなぁ、もう戻れへんなぁ、その若さが羨ましいなぁ、青春時代やなぁ』とは
お前を見てて1ミリも思わん」


このあとは子どもたちに『その心とは』を説明(授業しろ!?やってます笑)。
こちらが嫉妬してしまうくらいの若さじゃ全然ない。
羨ましいと思うのはその小麦色の日焼けくらい。


子どもたちは苦笑いしつつ、私の言葉の意味について考えます。
その言葉の切れ端でも体の底にすうっと浸透していくのを私もじぃっと待ちつつ期待します。
目の前の子どもに伝えつつ、
おそらく(というか確実に)耳をそばだてているであろう生徒たちにも向かって。


さてその夜、次の授業にて
高2の生徒Bが来ない(※先日本人から欠席願が出ていたのを失念していました汗)。
友だちの生徒Aに尋ねます。


塾長
「生徒Bは?」


生徒A
「スイスです」


塾長
「…スイス!? 家族旅行かなんかで行ったの!?」


生徒A
「いえ、独りで…」


塾長
「…………!!」


聞けば知り合いがいるとのこと。
(経緯があるため)それを聞いてホッと思いつつ
沸々とわき起こる何とも言えないジェラシー(苦笑)。
羨ましい!!(笑)


もちろん高2夏です。
ベクトルは大勢と違うことでしょう。
でもそこに焦燥とか決断とか勇気とか不安とか、
そんな青春時代を覆い尽くす感情の発露を思わない訳にはいきません。


学習塾の塾長としてはそのベクトルを机に突き刺してくれ、と思いますが(笑)、
彼の選択を全面的に支持したいと勝手に親心を発動しています。
その若さ、憧れるなぁ。


私も初めて独りで海外に行った19の春を思い出します。
初日だけリザーヴしておいたホテルの所在がこれっぽっちも分からず、
すでに夕闇が降りるロンドンはパディントンの同じような街並みの只中を彷徨いました。
あの頃は今みたいにケータイもなく、
もちろんSNSなんて(少なくとも私の周囲にて)その網はまだ編まれていません。


いいね、も口コミもレヴューもない時代。
ようやくたどり着いたホテルの狭い一室で
文字通り不安に押しつぶされそうになったあの夜が懐かしいです。


と、私のことはさておき(苦笑)、
飛び出せ!なんて言いたい訳では決してなく、
子どもたちの(バカみたいな表現ですが)若さ弾ける姿を見たいと願うのみです。


憧れない若さ、
憧れる若さ、
羨ましくも何ともない若さ、
羨ましすぎる若さ、


この夏は生徒たちから大いに
『くぅ~、羨ましいぃ!』と思わせてもらいたいところです。
もちろん塾としてのそのヴィジョンを提供するのも私の仕事。


8月の始まり、気合の入れ直しです。
それでは次回まで。
text by:京都市北野白梅町の集団&個別のハイブリッド型学習塾
育星舎『伸学アルファ』池田真一  is101309.gif
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/1375-ef48c8be

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ふしみ育星舎HP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2016


※随時更新しています

ふしみ育星舎onTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【京都南学舎 伏見育星舎】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾