Entries

夏期講習通信2014その9 自分で調べて自分で考える

夏期講習のスタイルはさまざま。
集団指導の教室であれば通常スタイルのプラス版がスタンダードでしょうが、
個別指導は
あの手この手と模索しなければなりません。


ただし、どちらの指導スタイル(あるいは受講スタイル)であろうと、
子どもたちが『お客様』にならないよう双方が注意しなければなりません。
それぞれのアドヴァンテージを発揮しながら、
子どもたちの頑張りをさらに引っ張り出せるカタチになるよう腐心するのみです。


私どもの個別指導の夏期講習のおもな指導スタイルは、
①通常授業の追加、
②小規模ゼミ型授業、
③(複数期間に分けた)フリーパス、
以上の形にてさらに希望に沿って実施しています。


教室運営を任されてまだ間もない頃は、
私と(必要であれば)もう1名ほどで
①と②をグルグル回していましたが、


5年ほど前から③の形を基本に敷くようなりました。
もちろん諸刃の剣的要素は多く孕んでいますが、
個別指導の弱点のひとつでもある量的不足を補う妥協策として始めました。


しかし、これは教材にもよるのですが、
自分で調べて自分で考える、いわゆる『自調自考』の方法論が
私、そして子どもたちの中から自ずと浮かび上がってきました。


集団指導の強み、面白味も肌で知っている身として、
このスタイルを全面的に推し進めていくには不安もありましたが、
結局のところ
やるのは子どもたちである、という(当然の)着地点に落ち着いた次第です。


素晴らしい授業を整然と管理された特別スケジュールの中で受けたところで、
状況が変わらないことなんてよくあることです。
頑張って受けたという感触は残っているのだけれども、
効果的な成長となったかは疑問が色濃く残るケースもチラホラ。


そんな授業自慢(もちろん塾サイドの一方的な思い込み)の夏期講習となってもいけません。
子どもたち自らが手を、
頭を動かさなければならいことは(指導スタイルが何であれ)明々白々。
それを引き出せる講習会にするのが塾長の責任でしょう。


今年は、フリーパス用教材を更新しました。
夏季課題の想定外の量によるアクシデント(苦笑)もありましたが、
理想的な取り組みが出来ている中3がいます。
彼の次回模試偏差値の動きが楽しみでなりません。


さまざまな指導スタイルがあり、それぞれにアドヴァンテージがあります。
それぞれにポテンシャル(≒商機)があり、それぞれに弱点があります。
いかに子どもたちを引っ張っていけるのか、
私はまだ模索の最中を走り回っていると認識していますが、
いくつかのカタチを獲得できた自負をひとつずつ積み上げている感触も携えています。


あれよあれよという間に夏期講習も後半戦を迎えようとしています。
不完全燃焼組もいます。
まったくもって不完全燃焼。
彼/彼女たちをすくい上げるタイミングはまだあります。


秋につながるムードをこの時期にいかに広められるか、
私の大きな仕事のひとつです。
それでは次回まで。
text by:京都市北野白梅町の集団&個別のハイブリッド型学習塾
育星舎『伸学アルファ』池田真一  is101309.gif
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/1377-5a54425b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ふしみ育星舎HP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2016


※随時更新しています

ふしみ育星舎onTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【京都南学舎 伏見育星舎】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾