Entries

夏期講習通信2014その14 講習通信最終号!

先週1週間、
(特に)公立高校を中心に部活動体験がありました。
何名かの生徒が積極的に参加したようで、
おかげで(苦笑)夏期講習最終戦の参加が薄くなってしまったものの、
こういった機会によりハートに火がついたとの声(あるいはオーラ)も聞かれます。


生徒A
「センセ、○○高校ってどんなん?」


塾長
「去年のZがいたやろ?先輩の。
アイツがいったところ。
ということは…」


生徒A
「ムッチャ難しいやん…。
ああ、諦めよ」


塾長
「アイツで評定が○○あったからなぁ。
そう簡単ではないよ。
でも『諦めるわ!』なんてさみしいこと言うなよ」


生徒A
「部活体験がメッチャよかってん。
△△高校と比べたらぜっ~んぜん違う!」


塾長
「△△高校はどうやったの?」


生徒A
「部活中にしょっちゅうケータイ触ってはった。
横に顧問の先生がおるのに。
練習もダラダラとしてて。
厳しいのはイヤやけど(笑)、楽しそうじゃないところはもっとイヤや」


塾長
「まあ、顧問の先生云々は置いといて(苦笑)、
良かったな、入ってしまう前に気が付いて。
せっかくの3年間をもったいないことにするところやったやん」


生徒A
「また志望校考えなアカン。
そうかぁ…、○○高校、そんなに難しいんや」


塾長
「簡単じゃないよ。
だからこそ、意欲的な環境が勉強でも部活でもあるんやと思う。
もちろんダラけた学校が全部アカンとは言えへんけども、
学校を貫いてるトーンというものにはセンセらも気が付くときがあるよ。
そんで、その感覚が大きく外れるって経験はそんなにない」


生徒A
「……。
○○高校はいい学校やと」


塾長
「△△高校にもいい面はある。
卒塾生が何人も行ってるし、そんで今ももちろんいるし、
『△△に行ってよかった!センセありがと!』って
いま保育園でバリバリ活躍してる子がこの3月に言ってたしね。


でも、○○高校はトータルで判断して群を抜いてる。
これは否定できへん事実や。
だから部活体験も面白い経験が出来たんやと思う。
もちろん進学校すべてが素晴らしい環境やなんて言うつもりはないけど」


生徒A
「でも、やっぱおススメやとセンセは思ってる」


塾長
「二つから一つ選べって言われたらね、この場合」


とまあ、こんなやり取り。
『諦める』というつぶやきに返すことのできる言葉は多くありません。
現状を知っているからでもあり、ハードルの高さを知っているからでもあります。


ただし、そこから視界を広げるよう伝えられます。
ここに私の仕事が残されているのだと理解しています
(もちろん!志望校に近づけるよう努力はしますよ笑)。
それはスポーツや芸術における
夢を見ることに対するアフターストーリーに近い部分があるかもしれませんが。


上にあるようなやり取りの他に、
学校説明会や部活動体験の感想をいくつか聞いています。
好意的なものがあれば、残念ながら手厳しいものもあります。
運営を批判するような物言いには思わず学校サイドに肩入れしてしまいます(苦笑)。


まあ、そうやって私もリアルな(≒子どもたちが感じている)情報を集めているといったところです。
△△高校バレー部の関係者の方、ちょっと油断が過ぎるのではありませんか(苦笑)。
ゲストを招いた際の行動が伝えられていないことそれ自体が問題なんだと思いますよ
(ちなみに説明会での不手際も毎年のように耳にしていますよ)。


閑話休題(笑)、
夏期講習は昨日でとうとう終わりました。
本日より通常授業の再開です。
そして明日から衣笠教室での授業も再始動です。


今年もさまざまな結果をもたらした夏期講習でした。
多くの成功事例もあれば、
非常に残念ながらご家族のご希望にそえなかったケースもあります。


前者はさらに邁進するのみですが、
後者はその後悔を形で表す、形で返すチャンスが転がる秋を迎えます。
『(思うように)できなかった夏』という感触を糧に、
いま一度目の色を変えて自分を奮い立たせてほしいと思います。


その活躍の場はおよそひと月~ひと月半後の定期テスト(学校行事じゃないぞ笑!)。
その様を見届けます。
それでは次回まで。
text by:京都市北野白梅町の集団&個別のハイブリッド型学習塾
育星舎『伸学アルファ』池田真一  is101309.gif
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/1382-736fa9b1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2017


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

10  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾