Entries

多読多読多読 ~英語学習、新たな取り組み



音読ブームが(おそらくは)去り、
またぞろ英語学習の是非やメソッドが群雄割拠する昨今、
もちろんそのひとつひとつに効果的な側面があり、
あるいはそれらの組み合わせによってさらに活用に富む取り組みがあることと思います。


そして現行の大学入試が従来の学習法にアドヴァンテージがある以上、
暗記、和訳、読解のルーティンから外れることは現実的でないと判断できます
(一般的な英語学力を有する受験生たちにとって、という意味合いにおいてです)。


ただし、数年後に控える試験の在り方そのものが更新されるタイミングの前に、
英語を教科として指導なさっている多くの皆さんが
これまで以上にその方法論にあれやこれや頭を悩ませていらっしゃることでしょう。


もちろん私もその一人。
いつまでも『文法・和訳』式の学習指導が通用するなんて考えていません。
そのいち瞬間までかじりつく、ということもアクチュアルな対応でしょうが、
どうも性分がその態度とマッチしませんので(苦笑)、
いろいろと考えてはまた振りだしに戻る、といつものような足取りで歩いています(汗)。


と、ここまで何だか大風呂敷を広げたようなテキストになってしまいましたが(苦笑)、
『ようは目の前の生徒の成績上げりゃいいんでしょ?』という声が聞こえてきそうですので(苦笑)、
あまり方法論の話を素人
(あくまで教育学や外国語学としての素人という意)がするものではありませんね。
現場感覚を常に研ぎ澄ましておけば乗り越えられる壁であるとは私も考えています。


     20140830text1-a.jpg


閑話休題。
いつものごとく長広舌な前置きはさておき(すておき?)、
今年の春から中1たちに始めた取り組みを以下にご紹介します。


何のことはない(苦笑)『音読』です。
音読のメソッドは様々ありまして、
そのいずれもが効果をそれぞれ有していると思われますが、
耳新しいシャドウイングやオーヴァーラッピングには遠く及ばずとも、
学校授業であるような形骸化したルーティンからは抜け出そうと努めています。


いまはその助走時期といった感じ。
そしてそれを『誰が教えようとも/誰に教わろうとも』自らできるシステムの構築、
数年計画でそんなことを企んでいます。


よっていまは『多読』を行っています。
発音記号をソフトに絡めて、
フォニックスをソフトに絡めて、
教科書本文をソフトに絡めて、
そしてその時々の文法事項をギュッと絡めて行っています。


正解を求めて、正解を作りながら、
目先の成績を上げることの重要性も考えながら、
とは言え高校進学後にまったく通用しない英語学習者を濫造する(よくある)集団指導にならぬよう、
もちろん自戒を込めて。


英語学習、英語指導は可能性の宝庫だとつくづく思います。
例えば現時点で京大やら堀川高校やらを目指す生徒には
従来のような『和訳』式の指導が『合格するため』には必要でしょう。
それは否定しませんし、その指導を十全に行える環境は多くないと思います。
よって(数年は)その環境が脅かされることはなかろうと思います(ホッ)。


英語は話せないけど東大の問題なら解ける、と平気で闊歩できるのがまだまだ現実。
しかし学習塾が志を持った組織かどうかを判断される時代となった際には、
『話せない講師』になんてどこに価値があるのか、そんな恐怖と戦っています(苦笑)。


公教育がその評価に晒されようとしている当世、
学習塾に身を置く私もヒヤヒヤしながら、実はワクワクしながら。
と、またまた大げさなテキスト。
たまには背伸びをも必要でしょうから(苦笑)。


それでは次回まで。
text by:京都市北野白梅町の集団&個別のハイブリッド型学習塾
育星舎『伸学アルファ』池田真一  is101309.gif
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/1383-fd9459d2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ふしみ育星舎HP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2016


※随時更新しています

ふしみ育星舎onTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【京都南学舎 伏見育星舎】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾