Entries

ここ数日つぶやいた読書に関するあれこれ



ツイッターにて、ここ数日でふたつほど
読書に関するつぶやきをツイートしました。
池田ツイッターはこちらから。


以下に紹介しますと、

8/27付

【うちの子、本を読まないんです】識者が言うように、読書は全くの孤独においてできることであり、全くの孤独でしかできないことだ。いまの子どもたちにそのような孤独を与えているか、ちょっと考えたい。


9/9付

「本好きな子」を育てるたった1つのコツ ダイヤモンド・オンライン http://diamond.jp/articles/-/58225 …(リンクしていません) 生徒たちから見える成功パターン(とこの際呼べるもの)も『家にあったから』式。本を読ませたくて『社説を毎日読ませる』に当てはまる子どももいるだろうがそんなのはきっと稀だ。
 ※DIAMOND ONLINE

といったもの。
自身の成功体験という訳でなく(苦笑)、一般的な見地から、というスタンスです。


前者はそのままとして、
後者はさまざまな意見があってしかるべきですし、
言うまでもなく正解なんてありません。


見識高いサイトや専門書籍にも同様のことが書かれています。
よって、
『決定版!』だとか『これが正解!』だなんてキラーフレーズの読書案内本なんて怪しいですね(苦笑)。


後者に関して、
ある保護者の方より嬉しいメッセージが。
そのお家では『読み聞かせ』を実践されてきたとか。


卒塾されたそのお子さんはすでに高校生ですので、
残念ながらそういった機会やタイミングは失われつつあるとのことです。
お母様も少し寂しさをお感じのようでしたが、
こういった原風景から、
お子さんはきっと読書に対してナチュラルな印象を抱かれているはずだと思います。


その他の生徒に、
お母様がお家のテーブルにいつも何気に本を数冊置いていたケースも分かっています。
当該生徒たち曰く
「別に読めと言われた訳じゃないけど…」、
「何となく気になったから読んでた」などの声が聞かれます。


この景色が功を奏する(可能性を多く秘めている)のだと思います。
もちろんこんなものはひとつの傾向なだけであって、決してすべてに当てはまりません。
社説を毎日読むことで屈強な読解力をつけたというケースもあるでしょうし、
新書を読み漁って圧倒的な読解力をつけたとしても何ら不思議ではありません。


しかし、やはりこの『風景としての読書』が成立している環境で、
何とも幸福な成果が提示されていることは考えたいと思います。
あくまで単なるひとつのヒントです。
それ以上でもそれ以下でもなく。


さてもうひとつのつぶやき。
小5のある生徒と国語の文章の睨めっこ中に遭遇。
ウンウンと強く頷いた次第です。


考えるところがあり引用しましたが、
あまりこれ以上は突っ込みません(苦笑)。
非常にコアな部分を突いたテキストかと思います。


心地良い孤独、青春時に向き合うべき孤独性、
そういったタイミングに合致する(ためにあるような)読書。
もちろん友と語らう読書や何人かで読み合う読書もあると思います。
よって読書は孤独が似合う、なんてしたり顔はしません(苦笑)。


お前の青春がそんなんだったんだろう!というご意見を甘んじて受け入れます(笑)。
読書ネタは塾業界においても読解力向上と結びつくビッグトピックスですので、
また近いうちにいくつか書いてみたいと思います。
それでは次回まで。
text by:京都市北野白梅町の集団&個別のハイブリッド型学習塾
育星舎『伸学アルファ』池田真一  is101309.gif
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/1385-e6167f6c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2017


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

10  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾