Entries

テスト直し、苦痛を伴うこととどう向き合う


ある生徒のテスト結果が返ってきました。
こんな言い方をすると仕事放棄のように映るかもしれませんが、
予想通りの大惨敗(あくまでこの生徒にとっての、という基準です)。


学校の授業で一斉に直しをするのではなく、
塾で改めてきちんと直しをしようとする段になって
「(しばし無言)…問題用紙、学校です…」。


まあ、言っちゃなんですがこれまた予想通り(苦笑)。
テストが返ってきたまさしくそのいち瞬間は
必死、切実、焦燥、向上、そして野心。
これに偽りはありません。
子どもたちは本当に心からそのように願っているはずです。


しかしなかなか言動が一致しません。
と、書きましたがそんなこたぁ我々大人だって同じ。
デカい顔して子どもたちをなじるような塾の人間もいるでしょうが、
私はさすがにそこまで厚顔ではないので(苦笑)
原因を求めていく方向付けを尊重しています。


なぜ、(例えば)テスト直しの必要性に駆られなかったのか。


もちろんシンプルですよね。
その作業に信頼を置いていないからです(最近こればっか笑)。
テスト直しをしたことにより得られることの大小軽重を理解していないから、
それに尽きると思います。


これはその得点の増減だけに目を向けてきた周囲のリアクションにも責はあります。
子どもたちから聞く話として、
①前回テスト、平均70点で80点取ったら褒められた。
②今回テスト、平均50点で70点取ったら叱られた。
この①と②のテスト、確かに一見すると10点マイナスですが、
相関的な視点に立つと、きちんとした学力が維持/向上できていると評価できます。


それを汲み取らず得点だけで判断される不幸なケースは実は少なくありません。
これが続くと子どもたちもやはりその得点だけに終始し、
例えばテストで解けなかった問題が解けるようになった!とか、
例えばテストで解けなかった問題はいつも余裕で解いていた問題と同じだった!とか
そういった深みの部分まで視線を注ぐかと言うと、
言うまでもなくそんなはずがありません(よね?)。


また、テストの結果は避けることのできない評価の対象となりますが、
テストに至ったプロセスの成長を無視する態度も子どもたちをスポイルします。


そんな物言いは塾サイドの言い逃れだ!と糾弾する向きにはその旨甘受します。
こういった時、
子どもたちに向けてはスポーツなどの話をします。


例えば勉強のテスト≒サッカーの試合、習い事の発表会と捉えます。
もちろんうまくいくように(勝てるように)準備に準備を重ねていきます。
ただ、いつもうまくいくとは残念ながらなりませんし、
あるいは負けっぱなしの習い事、クラブ活動だってあるはずです。


そんな時は原因を追究して(追及ならず!)、
次の試合では実力が発揮できるように努めるじゃないですか!
それを勉強でもやっているだけなんですが、
こと勉強に限っては例えば上記のごとく
この作業に信頼や経験が積まれないことが往々にしてあります。


閑話休題。
冒頭の生徒、テスト前に見事失速。
その現状をきちんと伝えきれなかった私の能力不足を感じつつも、
そこまでの気持ちしかなかった生徒には喝を入れました(生徒よ、話す方も体力がいるんだぞ笑)。


そしてテスト直しと再テスト(もちろん合格)。
時すでに遅しと考えるかどうかはその人の価値観次第ですが、
苦手意識の回避が叶えられたことに私は光を見る思いです。
それは言うまでもなく
学力(あるいは準備能力)が試される瞬間にいかに発揮できるかにかかってくる要素ですが。
少なくともテストで見せた失敗を彼は悔い、その設問を理解できるようになりました。


このテスト直し→再テストの流れにより、
双方で学習に関わる信頼をひとつずつ増やしていかねばなりません。
これをやったからもう大丈夫、(あるいは)これをやらなければヤバい。
そういった信頼できるルーティンをつくること、伝えること、続けることの意味をまた
子どもたちと確認し合うテスト月間となります(汗)。


中学生の多くがちょうど4週間後。
そして(原則)9教科。
それでは次回まで。
text by:京都市北野白梅町の集団&個別のハイブリッド型学習塾
育星舎『伸学アルファ』池田真一  is101309.gif
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ふしみ育星舎HP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2016


※随時更新しています

ふしみ育星舎onTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【京都南学舎 伏見育星舎】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾