Entries

テスト前とスマホ考



あまりその効果には懐疑的であるのですが、
成績が伸び悩むある生徒と、
テストまでの○○日間スマホゲーム禁止令を締結しました。


お互い視線を外さずに正々堂々とその契りを交わしたと
私は勝手に認識していますが(苦笑)、
まぁバカみたいにそれ以来一度もその件について詰問していません。


もちろんその約束を反故にし、
罪悪感を何となくやり過ごしながらゲームに興じていることが仮に発覚してしまうと、
その時のショックはわりに小さくないと想像できます。


とは言え昨今のネットゲーム、
ゲームをしなくてもログインすることでポイントが貯まるとかのよう、
この線引きをどのようにするかまで私自身がそのシステムを知っていませんので、
一方的に彼に非を投げつけることも正しくないとはボンヤリと考えています。


閑話休題。
先日の京都新聞にて興味深い見出しに遭遇しました。
京都の中3生、4人に1人がスマホ3時間超 市教委が分析』 平成26年11月9日(日)付


思わずリツイートしてしまったこの記事ですが、
そこでも言及したように使用制限はもはや非現実的です。
リテラシーの伝播はその努力の歩を止めてはいないでしょうが、
いかんせん連日アップデイトされる魅力的なソフトに抗うことを
子どもたちに課すこと自体ナンセンスなのではないでしょうか。


『上手に付き合う』でお茶を濁す以外到達していない我々、
その価値を大部分で理解し、
そして享受しながらの制限論の脆弱性に想いを馳せてしまいます。


と、当欄でこの手のテキストを書いたところで空しさが広がるだけですので(苦笑)、
以下、子どもたちに向けていくつか提言が出来れば幸いです。


まず結論として言えることのひとつに、
(小中生に限れば)成績/学力上位者のスマホ所持率の低さは指摘できるのではないでしょうか。
これはご家族の価値観のなせる業でしょうか。


コミュニケーションツールとして欠かせなくなりつつある昨今ですが
(部活のスケジュールにLINEが必須なんてビックリ)、
それを拒否する価値だって認められなくてはなりませんし、
スマホ/タブレットこそが代替の価値(ようはオルタナティヴ)になるべきだと思うのは、
ちょっとズレた感覚でしょうか。


結局のところ、買い与えるのは(おそらく)ご家族=親、保護者でしょうから、
成功事例(買い与えた時点での制度設計、夜間使用制限等)を軽んじる場合は、
相応の結果がもたらされることをイメージしなければならないでしょうね。


テスト前は有無を言わせない使用制限も正解のひとつかと思います。
もちろん使用料等々を自己負担しているケースにこれが設置できるか道徳的に判断できませんが、
多くの場合は契約者の力の行使は容認されるべきかと思います。


その際の情報遮断(LINE、メール等の未読に係る諸問題)には相応の配慮が必要です。
そんなものを!と鼻息を荒くしたくなりますが(苦笑)、
子どもたちの世界でそういった感慨が通用するかというとさにあらず。
スマホに関わるイシューが非常に微妙な問題だと認識すればするほど、
その心配りの重要さに気が向くはずです。


教育的に問題があったとしても、あるいは成長期に相応しくない代物だと判断したとしても、
一度手にしたのであれば双方で着地点を模索するしかほとんど手はありません。
教育を謳う経営者が市場に投下するのはやはりどこまでも享楽性の強いものばかり。
単なる使用者、消費者である我々による線引きがどうしても必要です。


11月末の定期テスト、本日でおよそ2週間前です。
スマホでお困りの方は一度強硬手段に出られてはいかが?
それがご家族のご意志でありご覚悟なのであれば、
その本気度が子どもたちの心のどこかに染み渡っていくのでは、と思います。


とは言えリビングでスマホ片手にフリックしっ放しの風景だと説得力なんてありませんが(苦笑)。
そういう岐路にいま我々は在るのだと強く思います。
それでは次回まで。
text by:京都市北野白梅町の集団&個別のハイブリッド型学習塾
育星舎『伸学アルファ』池田真一  is101309.gif
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ふしみ育星舎HP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2016


※随時更新しています

ふしみ育星舎onTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【京都南学舎 伏見育星舎】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾