Entries

冬期講習通信2014その2 ほんの束の間の交錯



過日のさる休日にて、
私用のため大型のショッピングモールへと行きましたならば
(子どもたちはここで「ええっ~」となる。いわく「センセが文化的生活を送ってる…」らしいです笑)、
あるところにて高校生(かそれ以上か)くらいのコワモテ男子集団が私の後方を指差しています。


「○○先生!」
「覚えてはりますか!」


振り返って彼らの視線を追いかけますと、
少しご年配の、しかし(かなり)がっしりとした男性がいらっしゃいました。
彼らは駆け寄って一様に一礼します。


野球部かな。柔道部かな。
体育の先生かな。数学の先生かな。
その光景を見ながら、そんなことを想像していました。
こりゃテニス部じゃないぞ(苦笑)。
英語の先生でもなさそうだ(苦笑)。


私の勝手な偏見はさておき、
彼らの関係性に軽く嫉妬をしながら(苦笑)、
あぁ~、やっぱり学校っていいもんだよなぁ~、と独り言ちた私。
街中で出会ったら思わず顔を隠したくなるんじゃなくて、
「先生!」って駆け寄りたくなるような間柄って素敵だよなぁ~、と。


そうです、学校の先生であれ、あるいは学習塾の講師であれ、
その子に関わることができるのは
彼の人生にとってほんの束の間の交錯に過ぎません。
ちょっとした運命の計らいか匙加減によって接触した、
ほんのほんの束の間の交錯。


そんなことを冒頭の光景を目の当たりにして考えました。


それでもそういった時間的制約というか有限性をグニャリと折り曲げて存在する関係性の美しさに、
私なんかはちょっとばかり感傷的に反応してしまうのです(苦笑)。


(私のオジン臭い感傷なんぞは)さておき、
その言うなれば奇跡的な交錯において、
私が子どもたちにできることの意味をこの冬期講習でも模索しています。
まあ、そんなに大仰に構える必要もないでしょうが、
過日の風景がやはりよぎるここ数日です。


まだずっと若かった頃、
自分の経験の浅さから、
前述の内容を2割増しにして卑下した話を面談で話したところ、
あるお母さまから叱咤激励を頂戴したことをいま閃光が走ったたように思い出しました。


曰く、まだまだ幼い子どもたちにとって、
先生の存在はムチャクチャ大きいんです!
自覚してくださいよ!
と。


これを励みにあれからいくつかの年月を重ねましたが、
さて、どうやら(汗)。
あのご期待に応えられているのか自分の周り、足許をちょっと見渡してしまいます。
まあ、腰周りについた贅肉をプニプニと撫で回すようなものでしょうか。


ほんの束の間の交錯、とは私の思い込みなのか!?
ということをクヨクヨと考えながら、


一時帰宅した生徒の机の上を整理したり(机の上はこうあるべし!という絵を見せつけるため)、
学校冬休み宿題のノートまとめに意見したり(ノートはこうあるべし!という生き様を示すため)、
解けない問題に出会った時のその次のアクションを話し合ったり、
やる気が出ない時にどのような態度であるべきかを議論し合ったり、


私とのほんの束の間の交錯において
何かこれからの歩みの支えのひとつにしてもらえればと願うばかりです。
とはちょっとおこがましいか(苦笑)。


そんなこんなで朝10時から夜10時までの授業も終了。
クタクタ(苦笑)。
それでは次回まで。
text by:京都市北野白梅町の集団&個別のハイブリッド型学習塾
育星舎『伸学アルファ』池田真一  is101309.gif
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2017


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

10  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾