Entries

中期選抜に向けて

201502shingaku-alpha-kbt-pic2.png


本日で公立高校前期選抜が終了しました。
実施が一日間だけだったところ、二日間あったところ、
生徒によって様々でしたが、
今週20日(金)の発表まではどのような形であれ受験勉強をし続けなければなりません。


よって昨日、公立組は2名の休暇組(苦笑)を除き来塾。
皆一様にへこたれていましたね。
問題はコチラにあります。本日の各紙上にも掲載されたことでしょう。
平成27年度公立高校の入試問題と解答 ※京都新聞HP


いくつか記事があります。こちらもリンクを。
公立高入試前期選抜問題やや難化 府・京都市教委 ※京都新聞2月16日付
春へ、勝負のとき 京都府内、公立高前期選抜スタート ※京都新聞2月16日付
公立高入試 前期選抜春つかめ ※読売新聞2月17日付
公立高前期、1万2000人挑む 全日制2.36倍 昨年より難問も ※毎日新聞2月17日付
まあ、書かれてあることは同様ですので、普段目を通されないメジャー紙があればご一読を。


閑話休題。
20日まではなかなか勉強に気持ちが向かわない心境は理解できます。
また、(旧制度である特色選抜開始以降の)ここ近年のことですが、
前期燃え尽き症候群は年を重ねるごとに増している感覚も私自身あります。


実施時期に対するイシューを取り上げるつもりはありませんが、
公立に関して前期選抜と中期選抜との現状の在り様は変容が必要かもしれません。
メインが中期であれ、
およそ半月のブランクはなかなか簡単ではありません。


普通科にのみ言及しますと、
受かればラッキー方式、という揶揄もありますし、
それを許容した上で成り立つ制度を公立高校普通科受験に用いることにも違和感が拭えません。


受験機会の拡充、確かに聞こえはよろしいですが…。
まあ、あまりにナイーヴ(ナイーヴ≠繊細)な態度を披瀝することはこの辺にしておきます(汗)。


閑話休題×2。
とは言え前期選抜が極めて狭き門であることは何となく理解しているであろう子どもたち。
もちろん実際に厳しい結果が返ってきた時、その時にいかに振る舞うか、これもまた受験です。
そして多くがそのような経験をするだろうからこそ、
そこから3月6日に向けて、いま一度のネジの巻き直しをしていかねばなりません。


私学が終わった段階でギアチェンジをしたように、
また本日前期選抜が終わりましたので、改めてのギアチェンジを目指します。
理社は恒例の一問一答と確認テスト、
それと並行して(やり尽くした)過去問から弱点の洗い出し&克服ですね。
ここをさらに強化することで、総得点の底上げを狙うディレクション、
とにかく直前までは基本の整理です。


国語は文法の整理をし(この辺りは進学後に活きてくる)、
それ以外は公立の出題パタンをしっかりと理解しつつ、
時間の許す限り複数私学の過去問を通して対応力をさらに求めていきます。


英数はそれぞれが課題を抱えています。
基本的にはそれらに沿って、解決&反復の円環ですね。
この辺りは受験指導に弱点を露呈する個別指導にとっての強みです。
とは言え基本的内容が底上げを支え、そして進学後の学習体力を牽引します。


子どもたちにとって進学後の勉強ではなく目の前の必死に噛り付く心境ですが、
指導する側としてこの点もきちんと見据えていきたいと考えています。
英語長文に何となく首っ引きになるのは結構だけれども、
関係代名詞や間接疑問文など最後の方の単元の理解が深まっているか、
これら確認は私どもの責任課題です。


その点、数学は総合的な理解を突きつけられます。
よって黙々と、そして粛々と、着々とやり進めていくのみ。
ということで、
これから20日までの向き合い方、そして20日以降の向き合い方、
子どもたちと会話を通して確認し合いたいと考えています。


まだまだ受験シーズン。
その空気を出し続けることが近年難しくなったとはいえ、
彼らには目の前の困難から容易にギヴアップするなと伝え続けるのみです。


学年末テスト態勢と並行して、
2014年度最後の勉強モードを邁進中ですw。
それでは次回まで。
text by:京都市北野白梅町の集団&個別のハイブリッド型学習塾
育星舎『伸学アルファ』池田真一  is101309.gif
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2017


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

10  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾