Entries

10期生のテスト当日早朝特訓『朝学』

201502shingaku-alpha-kbt-pic2.png


昨年度の中3受験生たちがすっかり高校生モードとなり、
テスト対策における自習来塾の形も高校生らしく(?)なってきましたw。
あとは部活動とのペース配分をしっかりと見極める態度を持ち続けてほしいところ。


とはいえ某Y高校、当塾最近隣の人気公立高。
人気の秘密はやはり部活動の活発さと、
ハードワークを課さないwながらも一定数維持してきた進学実績でしょうか。


ただ、3年目を迎える新入試制度の導入により、
学力と評定ともに相当数ある生徒が集まるようになった高校と化けてしまったのもまた事実。
内部生の中には専門学科の形骸化がさらに加速したなんて揶揄も聞かれます(苦笑)。


で、ある強豪クラブに所属する生徒の動向を私も丁寧にフォローしています。
何せ小学生からの付き合いですし、
すでに社会人となったお兄ちゃんから数えると10年近くのお付き合い(笑)。


旧Ⅱ類相当の生徒が集まった当該校、
専門学科のノウハウ(というか教務カリキュラム)がそのままスライドしてそうな現行普通科。
それほど部活動に時間を割けられないんじゃないかと勝手に心配しています。


やはり一部有望な生徒は(学業の観点により)他校に流れていったようです。
それでも強豪校たらしめているのですから大したものだと思いますが、
今後数年間でこういった部分の含めた高校地図のさらなら更新は決して大げさではないでしょうね。


閑話休題。
そして10期生、現中3受験生たちがテスト当日早朝特訓『朝学』のリーダーとなりました。
(構成人数的に)数年に一度たびたび起こる狭間のような世代になってしまいましたが、
その前後の学年に個人的に多くを取られてきて今に至る、という格好ですので、
これから何とか工面して私との接点を作っていかねばと反省しています。


そんな彼ら、朝学はまだまだ課題の多い在り様です。
もちろん悠長なことは言ってられませんが、
夏休みをひとつの区切りにして方向付けをしていかねばと
今回の朝学を終了して思う次第です。


その中でも気になった点は二つ。
ひとつは楽しくなるトピック。ひとつはまったく楽しくないトピック。


朝学の子どもたちの楽しみの一つは朝食。
日曜開講のおやつもそうですが、やはり音頭取りがいるとこちらも助かります。
その候補生(笑)の一人が
食事後の机上の汚れを1人でブツクサ言いながら片付けているではありませんか。


もちろん数日前に私にかなり大きめの雷を落とされた経緯もあったでしょうが(苦笑)、
彼のそういった態度は本当に未来を差す光のようです(大げさ?)。
2日連続と彼のそんな孤独な作業を見て学業に課題山積の中にも文字通り光を見た思いです。


中2のだらしない(そしてほんのちょっと成績が良い)生徒も気がついてほしいですね。
片付けろ!とこちらが荒げることも大事でしょうが、
出会う仲間によって生き方が変わる、なんて普段デカいことを言っている手前(汗)、
先輩や仲間のそういった物言わぬけれども心に届く姿勢に気がついてもほしくあります。


そして心を暗くさせたことは、
ネガティヴな話題に肩を組んで高笑いしていたこと。
これはさすがに釘を刺しました。
もちろん誰か、何か、そんな他者を自らの下位におき、
そしてそういった感覚を共有させることで悦に入ることは人間が持つ業に近い醜い部分かもしれませんが、


せっかく自分を律して門を叩いた朝学に文字通り不相応です。
何のための朝学なんだ、と。
ヒヒヒって卑屈な笑いの場を提供させるためにこの貴重な環境があるはずない。
あってはなりません。


清廉性をことさら求めるような出来た人間では私はないので(汗)、
こんなことを四六時中放っているようなナンチャッテ聖人塾長ではありません(というか普段まったく言わない)。
あくまで朝学という貴重な環境にはもっと高い志を持ち寄りたいと企んでいるだけです。


そんな今年度第1回テスト当日早朝特訓『朝学』。
さあ、クタクタです(苦笑)。
来週は高校が立て続けにテスト期間。
そして再来週にはまたまた中学。


と、眠気に何とか抗いながら入稿。
個人的に生産性は著しく垂直落下するのですが(汗)、
この環境を子どもたちがどのように活用するのか注視するのもまた指導の一部です。


午前6時に塾に来る。
並大抵の気持ちでは達成できないことですし、
もちろん来たからと言って、というリアリティが次のハードルとなります。
それを乗り越えるジャンプ台をそっと提供する。
私はひっそりそんなことを目論んでいますw。



201504shingaku-alpha-kbt-pic2.png
※詳細はこちらをご覧ください。 進学アルファHP 高校進学説明会




201502shingaku-alpha-kbt-pic6.png201505shingaku-alpha-kbt-pic1.png







それでは次回まで。
text by:京都市北野白梅町の集団&個別の進学塾
育星舎『伸学アルファ』池田真一  is101309.gif
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2017


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

10  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾