Entries

2015年度第1回 高校進学説明会 結果報告!

201502shingaku-alpha-kbt-pic2.png


201504shingaku-alpha-kbt-pic2.png


本日6月6日(土)午前10時~午後12時半の日程にて行われた
育星舎主催 『2015年度第1回高校進学説明会 親子で学ぶ高校入試~私立編~』が、
皆さまのご理解を頂戴し無事終了しました。


この場をお借りしまして厚く、厚く御礼申し上げます。
ありがとうございました!


ご参加いただいた先生方、
(以下ご講演順)
龍谷大学付属平安中学高等学校 校長補佐平井先生、入試部石川先生、
京都学園中学高等学校 入試部長中山先生、
京都成章高等学校 学校長吉竹先生、


定期テストや学校行事、そしてオープンキャンパスなどの募集活動、その他にて大変お忙しい時節、
当塾の生徒ならびに保護者の皆さまのためにわざわざご足労を頂戴し、
そして大変貴重なお話をお聞かせいただき、
重ねてお礼申し上げます。ありがとうございました。


また、生徒諸君、そして保護者の皆さま、
昨年度の日曜開催から今年は土曜開催に変更し、
一部お仕事や部活動に習い事などのご都合にてご参加いただけなかったお声も頂戴していますが、
当塾の指導理念をご理解いただき、そして当説明会にご参加いただいたこと、
本当に心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。


以下、当日の様子をほんの少し紹介しながら、
この実り多い説明会の報告とさせていただきます。
拙ブログなどで写真撮影の技術をお詫びして幾星霜という感じですが(汗)、
今回もまた性懲りもなくご容赦いただくようお願いする次第です。




会場は昨年と同じ育星舎北学舎(北野)第3教場3Fです。
通常は当塾大学受験部門の『Vキャンパス』
および理科実験教室の『科学の学校』が稼働している教場教室です。
西大路通りに面した好立地、かつ昨年落成したばかりの新社屋。

20150606d.png


1階が理科実験教室『科学の学校』です。
ちなみにWRO、ロボカップJr.とロボット競技の世界大会常連です(笑)。
今春のロボカップジュニア全国大会で見事日本一となり、
今夏の世界大会(中国・合肥)への切符を手に入れました(自慢w)。
さらに自慢しますとロボカップジュニア2014世界大会(ブラジル・ジュアンペソア)第2位でしたw。


そして2階と3階が『Vキャンパス』。
中高一貫に通う生徒たちが日夜勉学に励んでいます。
東大京大の進学者をほぼ毎年輩出しています。ぜひHPをご覧ください。

20150606e.png


さて、受付開始が午前9時半。開会が午前10時。
準備を重ねてきたつもりではいましたが、やはり当日はバタバタします(汗)。
本部第1教場と行ったり来たりの往復を繰り返し、
皆さまをお迎えする形がようやく整いましたw。

20150606a.png

20150606b.png


そして定刻通りの開会のあいさつ。
あれよあれよとこの瞬間を迎えましたが、いつものことながら感慨深いものがあります(涙)。
ご参加いただいた数もほぼ満席。
昨年ご参加いただいた方も数組いらっしゃいます。

20150606g.png


先頭バッターは龍谷大学付属平安中高、校長補佐の平井正朗先生。
当塾説明会に文字通り第1回目からご登壇いただいています。
個人的には、育星舎が加盟する『関西私塾の会』のとあるセミナーでそのキャラクターを知り、
度肝を抜かされたこともつい先日のように感じます。


実はその前に、平井先生が別の学校でご活躍なさっていた折に、
毎年のように当塾にお越しいただき、
当塾代表の入江とのお話に私も何度か同席させていただきました。


また、頂戴した英語論文の書籍にも目を見開いた次第です。
平井先生と対峙すると今より経験の乏しかった頃のそういった何やかやをいつも思い出します。


さてさて、話はいつものようにマシンガントーク。
沈着冷静で熱く語られます。
そしてそれを裏付ける豊富な資料と知見。
平安再興の立役者を間近にする思いでいっぱいになります。

20150606heian1.png



続きまして京都学園中高、入試部長の中山達仁先生。
最初から最後までクスクスと聞こえるお話でした。
先生の大らかなお話し振りが、学校の先生を前にする時の緊張を良い意味で緩和してくれます。
保護者の皆さま、そして生徒諸君も同様の印象を抱いたことでしょうね。


これは今回のお三方皆さまに言えることですが、
自校の案内を織り交ぜつつ、『私学とは』というお題にきちんと向き合っていただけたことに感謝感激です。
私学のアドヴァンテージのみならず、私学の在り方、私学の意義、
そういった部分を平易な口調で、本当に染み渡るようにお話しいただきました。


当塾には歴代中山先生担当の講師がいましたので、
私にとっては学校に伺った際にご挨拶させていただくという程度ではありましたが、
そういった際も必ず若輩の人間を笑顔に変えてくれるマジックやマインドをお持ちです。


学園に進学した生徒たち、学園を巣立った卒塾生たち、
彼らから学園の悪口を聞いたことがありません。
また、教員の皆さんのエネルギッシュさ、若々しさにもいつも注目しています。
中山先生の佇まいで合点がいく毎回です。

20150606gakuen1.png



最後は京都成章高校、学校長の吉竹浩克先生です。
身構えてはいたものの、やはり最初から惹きつけられてしまいました(苦笑)。
若さ(吉竹先生のお若い様子)がひとつのトピックだったタイミングは終え、
もはや勢いの話しぶりそのままに京都私学を牽引する様を思い浮かべない訳にはいきません。


もちろん龍谷平安、京都学園、いずれも精緻な資料でありましたが、
吉竹先生がご提示なさった内容の大きさに圧倒されっぱなしの40分でした。
汗をかきかき力強いメッセージを残していただき、
かの地の進学校への眼差しを逞しくなさった保護者の方はきっと多いことかと思います。


各校比較資料には保護者の皆さまも目を見開かずにはおれなかったはずです。
あの現実とどのように向き合うか。
生意気な物言いで大変恐縮しますが、吉竹先生からの宿題をお感じになったのではないでしょうか。


そして3校に共通して言える、ハードワークを課す学校の生徒たちの表情の明るさ、
これにはご家族の皆さんも括目なさってください。
「殺す気か~」と課題の山を抱えつつ、しかしその表情は明るい、そんな卒塾生が何と多いことか。


アルバイトやカラオケではあの表情は浮かべられません。
クタクタにやられつつ、また這い上がって机に向かう姿勢、
これをスルーさせる3年間を子どもに送らせるのか否か、これもまた吉竹先生からの宿題です。

20150606seisho1.png



アンケート集計しているところです。
結果をまた抜粋の形でHPに掲載します。
複数の方が「子どもに聞かせたい」「子どもこそ聞くべき」と書いてらっしゃいます。


その通りですね。
それくらい心に突き刺さって、しばらく考え込むようなお話の連続でした。


私自身も咀嚼中です。
またブログやツイッター、そしてもちろん授業を通して還元していきます。
本日は早朝からの準備。さすがに疲れ果てました(苦笑)。
そのくせ夜の中1の授業ではハイテンションになっていました。
これこそ先生方にエネルギーを頂戴した結果かと思います。


子どもたちにいかに還元していくか。
私もまた大きな課題を放り投げられ、
そして途方にくれながらも前進の一歩を踏み込んでいる次第です。


本日は本当にみなさんありがとうございました。
塾頭の閉会の挨拶にあったように秋にはこれまた恒例の公立編を企画しています。
昨年度のリベンジを果たさなければなりません(苦笑)。
どうぞ、どうぞお楽しみになさってください。

201502shingaku-alpha-kbt-pic6.png201505shingaku-alpha-kbt-pic1.png





それでは次回まで。
text by:京都市北野白梅町の集団&個別の進学塾
育星舎『伸学アルファ』池田真一  is101309.gif
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2017


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

10  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾