Entries

各高校『進路の手引き』から見えること

201502shingaku-alpha-kbt-pic2.png


先日、ある卒塾生の大学進学の報に触れました。
彼は系列大のある私立高校に進学し、大学進学もその同法人内の大学に進む旨の話をしていました。
どちらかと言うと高校側は恐らくは背中を押さないであろう選択のひとつです(私も同様)。
それが一転、有名大理工学部への進学を勝ち取り、
少し照れくさそうな報告を受けた、何とも(想定内なのだけれども)想定外な出来事でした。


また、このご縁もあってかお母さまからご報告のご一報もわざわざ頂戴しました。
まあ、中3の時から考えると、お母さまも驚きつつ誇らしい限りではないでしょうか。
文面では謙遜される部分が見受けられましたが、
やはりご家族のご教示や万事の受け止め方があってこその結果かと思います。


もちろん学校側のディレクションが一番大きかったことでしょうし、
学友を通してお互いに感化し合える環境であったことがこの結果を導いたことかと思います。
この辺り、以下にご紹介する公立高校ではなかなか実現しない部分かもしれません。


閑話休題。
さて、各高等学校でおもに3年生に配布される進路資料をそれぞれ拝見しています。
表紙からすでに勝負あった感が無きにしも非ずですが(汗)、
「センセ、この学校うちのガッコと全然ちゃうなぁ。むっちゃ不親切やん」というある高3女子の言葉が物語るように、
学校によって本当に質量、そして動機づけやヴィジョンの共有に隔たりが小さくありません。


良し悪しは簡単に申せませんが、
例えば普通科進学の高校生の背中をドンと押すためには
ある程度の演出や企画力が必要なはずではと思います。が、
判で押したような進路の手引きを毎年毎年更新することなく発行している学校を見るにつけ、
グローバルやリーダー育成やキャリア教育や京都の伝統なんチャラというお題目の内実が透けて見えてしまいます。


もちろん特に公立高校は新制度(入学者選抜)以降、
広報に係るステージがひとつもふたつも持ち上げられましたので、
実のところまだまだそのノウハウなり進路指導力なりに追いつきが適っていない部分もあるでしょう。


だから、容易には刷新という文言を担いでドド~ンと方向性を謳えないことは理解できます。
が(苦笑)、目の前の子どもたちに過渡期だからと言い聞かせる、言い含めるのが私の仕事ではありませんので、
高校選択を控える中3受験生、もちろん中1、2の受験生予備軍にもこの現実は伝えています。


まずは卒塾生や高校部通塾生たちの私学・公立進学者別の3年後比較(たとえば今春の進学結果)。
そしてそれぞれの学校が提示してくれる進路資料比較(これが一番顕著かもw)。
ある層の中学生たちにとって、多干渉というか潤沢な学習環境は言うまでもなく拷問並み(苦笑)。
よってアルバイトもサクサクできるような高校を早い段階で選ぶ層が一定数あります。


しかし3年間、そして3年後に差し出される内容の圧倒的な、驚異的な差を知るにつけ、
ここをきちんと子どもたちに説明しておかないと
学校に合う合わない論だけでは済まされない、
取り返しのつかない不利益を被る可能性というか文字通り現実に気づかされます。


これらは中学生すべて、あるいは当塾に通う全員に言えることではありませんが、
必要だと思う生徒たちには過不足なく伝えていければと思います。
進路指導は正直私にとって怖い作業です。出来ることなら中学側に任せたい。


でも、ある程度の(まだまだ浅いながらも)経験を積ませてもらった結果、
それじゃあダメだ、というリアルを突きつけられてしまったゆえ、
中学校の進路指導を支えつつ、医療現場におけるセカンドオピニオンの重要性よろしく、
実情を調査し、そしてそれらを忠実に提供していければという思いです。


冒頭で紹介した生徒、
中3時の進路選定はABCと3クラスある中、当初はCクラス希望。
Bクラスへの進学が彼にとっていろんな意味で現実的だったことから、
Cクラス出願も、結果逆回し合格でBクラス入学。
そして関西難関私大理系へ進学。


この跳躍が地元人気公立高で叶えられるかと言うと、もちろん叶えられるでしょう(苦笑)。
しかししかし、その声を聞く回数は実のところそれほど多くなく、
公立普通科のひとつの一里塚である指定校推薦の数字も進路資料に明白な現実が記載されています。


201502shingaku-alpha-kbt-pic6.png201505<br />shingaku-alpha-kbt-pic1.png







それでは次回まで。
text by:京都市北野白梅町のクラス指導&個別指導の進学塾
育星舎『伸学アルファ』池田真一  is101309.gif
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ふしみ育星舎HP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2016


※随時更新しています

ふしみ育星舎onTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【京都南学舎 伏見育星舎】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾