Entries

公募推薦入試における評定平均値算出方法

201502shingaku-alpha-kbt-pic2.png


先日、ツイッターでも思わずつぶやきましたが、
高1の生徒より類型選択における科目選択の相談を受けました。
大学から学部学科、そして今後2年間の流れを駆け足で説明し、
高1段階で選択する高校側からのメッセージを私なりに解説しました。


今週頭に参加した日吉ヶ丘高校と紫野高校の2校合同説明会において、
日吉ヶ丘の進学型単位制について学校長が熱く語っておられた
その晩に私も件の相談を受けましたので、
いつもの私の話に数百グラムの重みが増してくれたと大江校長には感謝する次第です。


いずれの学校も高1に考えるきっかけを提供なさっているだろうから、
これもひとつの契機に、部活動やその他学校生活に埋没しそうな毎日の中で、
高1なら2年後、高2なら1年後の自分というものをリアルにイメージし、
そしてその先の自分の姿をちょっと思い浮かべてみる時間を持つよう、自らと対峙したいですね。


簡単ではない作業です。
閑話休題。
高2や高3の中で大学入試の入試制度/入試スケジュールがぼんやりとした生徒も少なくありません。


受験形態が多岐に渡るため入口でUターンする向きもあるかもしれませんね(苦笑)。
ネットを検めるとナンボでも調べることは可能でしょうが、
これらについてはまとまった文章を近々アップしたいと目論んでいます。


さて本日は大学受験スケジュールの中間に位置する公募推薦入試の、
多くの私大で設けられている『全体の評定平均値』について
その算出方法とともにテキストを進めていきたいと思います。
※入試形態等の解説、語句説明等は別の機会にw。


公募の認識も様々でしょうね。
某高の進路指導のしおりには
『現役生を中心とした一般入試』という表現をなさっています。
上手な言い回しですねw。


以前は学力検査のみの推薦入試を公募推薦とする把握をされる方が多かったでしょうが、
最近の傾向として『評定の点数化』を行い、
『学力試験+評定の点数化(評定平均値)』という2段構成の合否判定が私大で多く見られます。
※以下、今回の公募解説は国公立大学の推薦入試を除きます。


よってストレートに言えば、
公募においては入試当日の段階で『差』がついていると言って結構かと思います。
以下、その評定平均値の算出方法を記していきます。


まずは下の図をご覧ください。
ある文系(文科系)の生徒を例に用います。
彼の3年間(具体的には出願に必要な高1~高3の1学期)の評定を一覧にしました。


      shingaku-alpha-KBT-2015pics5b.png


そして、全体の評定平均値は以下の算出方法となり、
彼の場合は以下の数値となります。


          shingaku-alpha-KBT-2015pics7.png


一部の生徒で勘違いしているのが、
評定平均を、各学年の評定平均の平均値であるという理解が少なくありません。
例えば、こういった勘違い。

     shingaku-alpha-KBT-2015pics6.png


この計算で行くと彼の評定平均は、
高1(3.8)、高2(3.8)、高3(4.0)となり、
(3.8+3.8+4.0)÷3年間=3.8666…=3.9となります。


この場合は上記正式な算出法である
(すべての科目の評定の合計)÷(すべての科目数)で出した場合の、
132÷34=3.8823…=3.9と同じになりますが、
あらゆるパターンがこれにあてはまるとは言えませんのでご注意を。


実際若干の誤差があります。この誤差は危険ですので『正しい算出方法』で確認してください。
例えば評定平均値を40倍して加算する大学もありますが、
3.7×40=148点、
3.6×40=144点、
よって4点の得点差をどのように捉えるか。


また、こちらも一例として、
京都産業大学の公募推薦の評定の扱いを見ますと、
評定平均値の20倍にして100点換算されるとあります。


よって
Aくんの評定平均値4.2×20=84点
Bさんの評定平均値3.8×20=76点
Cくんの評定平均値3.6×20=72点
となり、AくんとCくんとでは何と12点の差が試験当日の前についていることが分かります。


これをどのように捉えるか。
高1や高2も改めて見つめてほしい数字です。


以上、本日は評定平均値の算出方法を解説しました。
すでにご存知の方に向けてではなく、
私の目の前にいる生徒たちに向かって記しましたので、
一部不要、あるいはバカ丁寧過ぎる書き方をしたかもしれませんがその旨ご容赦ください。


本日は七夕。
昨日は紫野高校&日吉ヶ丘高校、
本日は堀川高校&西京高校の塾対象の学校説明会がありました。


いろいろ考えさせられることで頭がいっぱい(苦笑)。
皆さんに少しでも還元していけるよう努めるのみです。


     20150707b.png


出会う人間によって未来が変わり、
出会う仲間によって生き方が変わる。

201502shingaku-alpha-kbt-pic6.png201505<br />shingaku-alpha-kbt-pic1.png






それでは次回まで。
text by:京都市北野白梅町のクラス指導&個別指導の進学塾
育星舎『伸学アルファ』池田  is101309.gif
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ふしみ育星舎HP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2016


※随時更新しています

ふしみ育星舎onTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【京都南学舎 伏見育星舎】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾