FC2ブログ

Entries

自修館が休みの間に…

11/30(月)~12/2(水)の間


自修館は調整休講です。


この
調整休講について
改めてご説明差し上げますと


ザックリと申しまして


月4週になるように
毎月の超過分を
私の裁量で休講日として決定させています。


ここで言う超過分とは
5週目に入ることでして、


中3が公民で習うような需要と供給の曲線が表す均衡価格ではありませんが、
請求作業の簡略化を図ることもその一環ではあります。


そして
その超過分となる曜日を
今回のように『調整休講』とさせていただいています。


私の裁量云々とは
単に
いちばん妥当だと思われる曜日を選択するだけです。


ただ、この『いちばん妥当だと思われる』という表現なのも、
ある生徒にとってはテストが終わった後というものもあれば
ある生徒にとってはテスト前なのにというのもあります。
※原則的に所属生がすべて前者になるよう調整しています。


もちろん後者のような生徒が出ないようするのが
いわゆる『私の裁量』という代物なんですが、
それがかなわない折の苦渋の選択、なるものも実はあります。


年に複数回実施する調整休講において
1~2回ほど
やはりそのテスト前にぶつかってしまいます。


確率的には6%前後。


そして今年度の初バッティングが発生。
高1が1名。中2が1名。
※今年度もし私の関知しない(…忘れている)ところで調整休講日にテスト前を控えていたぞ!という方がいらっしゃればご連絡ください。お詫びとして、今更ですが振替授業をやらせてください。


両方の生徒にはお詫びをし、
休講日明けよりテスト対策をする旨伝えています。
自修館が休みの間に…、
ズバリ暗記物や提出物を片付けておいてください。


テスト当日まではまだ日があります。
(言い訳がましく聞こえるかもしれませんが)
木曜から週末にかけて弱点克服・疑問解消を実施すれば時間的問題はクリアーできるはずです。
そのためにも
自修館が休みの間に
とことん『覚える』!


Ⅰ君、
土曜日の授業での英単語テスト、
まったく出来ませんでしたね。
教科書をペラペラめくったり、規則回数を書いていくだけの暗記学習はもう卒業しよう。
頭に入れながら『読む』。
全部きちんと読めるか『自分で』テストする。※とりあえず書くのはストップ。
まずは読めるようにする。
読みのテストに合格したら、次は『覚えるために書く』。
1回で覚えられたら1回で十分。100回で覚えられなかったら1000回書く。
意味や効果も考えずに全部を5回ずつ書くのが王道だとしたら、それは『間違っている』。


Sさん、
とにかく学習時間を確保しよう。
テスト前に一定時間確保できれば
学習面での制約がきっとずいぶん軽くなるはず。
現状から判断すると、
ある程度の量をこなして教科書問題をクリアーにしておけば
いい勝負が出来る。
同じ問題を辛抱強く何度もやる。時間を置いて何度もやる。
出来る・解ける問題を片付けてください。
学習体力があるので、時間確保がやっぱりキーです。


この場をお借りして
『その』2名に伝えられることを書き連ねましたが、
ようは単なる一般論です。
各論ではなく総論。
皆さんにも当てはまることでしょうね。


模試やテスト結果の伸び悩みに閉塞感を感じている中3受験生、
毎日3時間以上やってますか?
え?
もっとやってる、って?
失礼しました。


甘えず、(語弊がありますが)苦しんでください。
勉強しないなんて言語道断。
先日のブログで『我々年長者が甘いのでは?』というテキストを発信しましましたが、
中3受験生、甘いのはどちら?


自修館が休みの間に…、
自分の学習習慣を
学習姿勢を見つめなおしてください。
※自己と対峙できるこの自意識がほしいんですよね。見つめなおす。よく使う・使われる言葉ですが…。


それでは次回まで。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/148-fc215f2b

トラックバック

コメント

[C47]

 ウチの高校生もテスト前です。
きょうから毎日塾です。
昨日も開けて下さっていたので、行くように言ったのですが、
「塾でできない勉強するから。」とのたまう。

チャートは広げているものの、ページ進んでないんですけど・・・!

ちなみにウチは、二人ともリビングで勉強します。
ひとつずつテーブルを確保して、前後に並んで勉強します。

下の子は、上の子がいかにサボっているかをわたしに報告しに来ます。
それが忙しくって、全然集中できないんです。

見回りと称してわたしが行くと、「あんなぁ~」「聞いて~」と話しだして、またまた脱線します。

おっ、高校生、PCで英語の長文読んでるぞ?
「お母さん、これおもしろいで!」 なになに?

Jack the Ripper suspects・・・!?

テスト10日前の日曜日です。
  • 2009-11-30 11:12
  • マダム・タッソー
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2019


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

更新カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

05  04  02  12  12  06  05  03  01  12  11  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ 伏見ゼミナールHPへ 伏見ゼミナールHPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾