Entries

2015年度夏期講習DAY23

201502shingaku-alpha-kbt-pic2.png


さあ、夏期講習23日目。

     20150820a.png

生徒たちがよく訊きます。
「センセ、お腹すかへんの?」
「センセ、トイレ行かへんの?」


まあ、この仕事をする限り、
特に生徒と間近に接する個別指導形態を主にやる限り、
就業中は食事をほとんど控えます
(言っておきますがゼロではありません。そんなところにヒロイックさを感じる間抜けではないゆえw)。


ただ、個別指導形態云々の主たる理由はやはり臭いですね。
指導時間帯にコーヒーやその他臭いの出る食べ物はNGです(あくまで私見)。
よって気にせず口にしている連中が恨めしい恨めしいw。
食事に関してもお昼に食べた後(あるいは朝に食べた後)、
日をまたいで帰宅するまで何も口にしない、という日も珍しくありません。


ただ、これは多くの業種でもあるでしょうが、慣れました。
それに尽きますね。
『こんなに忙しいんですよ~』式の愚かしいことは口が裂けても言えませんw。
ま、生徒対応さえ気にしなければいつでも食べられるのですから。


トイレも同じ発想です。
なかなかトイレに立つチャンスに恵まれない業種の皆さん同様、
(就業中は)トイレに行かないということに私もすっかり慣れました
(あ、言うまでもなく行きますよw。ただ、回数は恐らく少ないです。指導コア時間帯はほぼゼロです)。


ともあれ慣れ。単なるそれ。
よって子どもたちが抱く心配半分イジリ半分は疑問解消。
ただ、
この『慣れ』には危険信号が含まれています。


もちろん私の健康問題ではなく(苦笑)、
『腹減ったくらいで集中力なくすな!』式の意味不明な声掛け、がそれにあたります。
これ、言っちゃいます。
もっと正確に言えば言っていました(汗)。
『お腹が空いたくらいでなぜ手を止めるの?』だなんて冷酷な表情を受かべて言ってしまっています。


さて、ある日の休日。
何らかの事情にて昼食をとる時間がどうしてもありませんでした。
そしてお昼過ぎ、みるみるパワーダウンしていく自分に気がつきました。
『ご飯食べないくらいでなぜこんなにもイライラしてるの?』と自分に問いただします。


そこで気がつきました。
あ、就業中とオフの日との心の持ちようがまったく違う、と。
食べて当たり前の時間に何も食べられないということは拷問に近いぞ、と。
これって子どもたちにとってよくあることじゃないのか、と思い至った次第です。


われわれ大人は『仕方ない』という作動ボタンがきちんと働きます。
そしてそんな風にしかスケジューリングできない自分の下手クソさ、能力の無さに呆れます(涙)。
だから(大変古臭いですが)ここは我慢しなければならない、と指令が下ります。


でもその下手クソ振りを子どもたちに押し付ける過ちは避けなければなりません。
まあ、この業界はどうしてもそれをやっちゃいますね。
暴力を振るうスポーツコーチの側に開き直ってついちゃうパターンでしょうか。
あ、必要なら書いておきますが、
いつ何時でも『したい時にする』式の価値を許容している話ではありません。


しかるべき時間にお腹が空いても、それを我慢する経験がその後の人生を豊かにする。
あるいはその人の忍耐力を鍛える。
否定はしませんが、それがよく言う国民性にかなった発想なのでしょうか(これまでならそう信じられてきたでしょうが)。
少なくとも私は今の子どもたちに引き継いでいきたくありません。


と、退屈な話を(いつも以上に)ダラダラと書いてしまいましたが(汗)、
ようは食事時間になっても我慢を強いる、無理を強制する、
そんな方法論(というものがあれば)は、私の教室に限って言えば効果が薄いという結論。


いろいろな意見や考えや指導法があるゆえ、『何を若造が』という御仁もいらっしゃるでしょう。
私も迷いながら教室を運営していますので、笑納いただけたら幸いです。
ただ、価値の転換なり見直しは確実に現代を左右するイシューでしょう。
その舵取りは30代~40代かもしれませんね。
そんなことを考えながら、毎日の小さな成功の積み重ねを目指しています。


さあ、残り少ない夏期講習。
少しでも秋から冬にかけての発奮の契機となるような仕掛けをしていけたらと思います。
そして春にきちんと、しかるべき、相応しい、最高の、そんな結果となるよう、
将来の報酬をイメージして貴重な一日一日を過ごしていくのみですね。


出会う人間によって未来が変わり、
出会う仲間によって生き方が変わる。

201502shingaku-alpha-kbt-pic6.png201505<br />shingaku-alpha-kbt-pic1.png






それでは次回まで。
text by:京都市北野白梅町のクラス指導&個別指導の進学塾
育星舎『伸学アルファ』池田  is101309.gif
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ふしみ育星舎HP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2016


※随時更新しています

ふしみ育星舎onTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【京都南学舎 伏見育星舎】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾