Entries

英語、テスト対策に係る考察

201502shingaku-alpha-kbt-pic2.png


ブログ更新をサボりにサボり抜いてそろそろ1か月(汗)。
こんなブランクは開設6年間で初めての失態ですが(苦汗)、
ツイッターでは連日つぶやいていますので、
そのリアクションなどいつも感謝申し上げる次第です。


当教室のカレンダーをご覧いただくとお分かりいただけるように
(育星舎『伸学アルファ』個別 北野/衣笠 教室カレンダー)、
テスト対策が続いていますので、なかなか思うようにキーボードをたたく手が進まなかった、
とは不細工な言い訳をさせていただきます(汗)。


さてさて、そのテスト対策。
本日は英語に係る、特に中学生の英語に係る考察を以下、書き連ねていきます。


テスト対策に関して、
科目を問わずそのエッセンスを子どもたちに投下すればより有益な時間を過ごせることかと思います。
が、そのエッセンス論、こと英語に関しては私は懐疑的です。


もちろん量的消化を目指すためにあてもなく課題を突きつけることは避けねばなりません。
その大量さを克服して良結果を得たのは紛れもなく生徒の質の高さでしょう。
そしてその結果を量的指導の通行手形とするのを私個人は良しとしません。
もしかすると、あるいはある部分の取捨選択でその生徒はその程度の飛躍を軽く凌駕するかもしない、
という想像を停止させてはいけないと思うからです。


だからと言って『これだけやっておけば』式の指導も私は(英語に限り)躊躇しています。
まあ、さじ加減論はどこの世界でもあることでしょうからこれ以上言葉を重ねる愚行は控えますが、
暗記作業を通して整理運用能力を高める一方で、
やはりどのような形であれ外国語活動に違いはありませんので、
パターンプラクティスや落とし込み作業を避けることもまた不可避であると判断しています。


以下、先日の中3英語授業にて披露した小話。
ある評論家の方が提示された興味深いトピックを再提示しました。


英語の授業は週に4回です(前後ありますが平均値を採用しています)。
よって4回×60分(1時限は50分ですが、諸活動も加味して、というか計算が楽なので笑)=240分。
240分×4週=960分。ひと月でおよそ英語学習時間は960分。
960分?なので960分÷60分=16時間。


16時間×12か月=192時間。
192時間?ピンと来ませんね。
よって192時間÷24時間=8日。


1年間で学校にて学ぶ英語の学習時間は『8日間』。
これを多いか少ないかの感覚には個人差があるでしょう。
8日×3年間=24日。
まあ、ひと月もいかないという結果ですね。言うまでもなく3年間で、です。


ちなみに2013年6月にアップしたテキストはこちらです。
英語を小中高8年間学んでも学習総日数はたったの67日!? 2015年6月20日付


何も話せるようになる取り組みをやっていないので時間数をとかく言う必要はないのかもしれませんが、
語学であることに過不足はありませんので、
ほんの少しくらいはこの時間数について考えるタイミングがあってもいいのかもしれません。


よって私は理数科目に求められるシステムがそのまま英語にスライドできるか疑っています。
エッセンスは無理でもコンパクトを目指すよう課題を投下していますが、
『これだけやればOK』式の教材は
きっとその子どもの高い能力に支えられて成立している側面があるのではと考えます(あくまで英語に限った話)。


とは言え年を追うごとに私の課題量は格段に減っています。
これは賛否のうちで否が多い方策かもしれません。
授業内容も年によって変わります。
節操のなさ、変節なんてゴロゴロ。
これはひとえに私の英語指導に対する絶対的な不信ゆえです。


自信がないのではなくて(まあ、こんな文章を書いているのですから自信はあるのでしょうね笑)、
もっと効果的なことがあるだろうという懐疑であったり、
現状に対するぼんやりとした不安や恐怖が横たわり続けているからかもしれません。


結論がどんどん下流に流されて行っています(汗)。
結局のところ、(高校受験の)生徒たちにはこと英語に関して時間を取られない代わりに、
短時間で汗をかけ、短時間で大量に汗をかけと伝えています。
パターンプラクティスもマストです。欠かすことはあり得ません。


いずれにせよ賛否あるお話でした。
高校の英語に関してはまた後日。
爆弾を抱え続ける高校英語にも小さなひと噛みをしなければ気が済みません(苦笑)。


さあ、今月は全週テスト実施です。
全日曜日開講していますので、テスト期間外の生徒も是非ご活用ください。
土日祝の特別開講は小中高、全生徒対象です。
詳しくは下段の教室カレンダーをご覧ください。


出会う人間によって未来が変わり、
出会う仲間によって生き方が変わる。

201502shingaku-alpha-kbt-pic6.png201505<br />shingaku-alpha-kbt-pic1.png






それでは次回まで。
text by:京都市北野白梅町のクラス指導&個別指導の進学塾
育星舎『伸学アルファ』池田  is101309.gif
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ふしみ育星舎HP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2016


※随時更新しています

ふしみ育星舎onTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【京都南学舎 伏見育星舎】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾