Entries

2015年度冬期講習通信その2

201502shingaku-alpha-kbt-pic2.png


今週は雨のスタート。
小中学生は今週半ばまでは学校ですので、彼らの冬期講習は昼から。
よって高校生の授業を1コマ実施。


日頃授業にかまけて言葉をそれほど交わせていないため、
ここぞとばかりにコミュニケーションを図りました。
現状の学習状況、部活、そして進路(+毎日の生活のことw)。


模試の結果も下手すれば聴取漏れがあります(それくらい高1、2は無頓着)。
2学期の実施状況を確認し、3学期の予定も聴取できました。
もちろん休み明けの課題テストに向けて今冬の過ごし方も。


ただ、部活組は言うまでもなくタイトなスケジュールですね。
今日授業を行った生徒は今週ふたつの遠征(泊り)があり、オフは年末年始の3日間だけ。
そして年明けにまた遠征の連続(参考までに、泊りですw)。
これじゃ勉強時間を確保しろだなんて通り一遍のことは言えません。


個人の領域をとうに超えた制度の問題でしょう。
そのイシューにタッチする気は今日はありませんが(苦笑)、
一方でエリートを養成する部活動で、
一方で大多数の一般的な範疇の活動にとどまる生徒とが、
同じような判断基準で実施されている部分はどうも気になります。


学校広報において部活加入率という数字を喧伝される高校側ですが、
上記のようなスケジュールを異常とみなす私なんかは、
青春の熱中の度合いというよく分からない基準にて一蹴されるクチでしょうか。
果たして休みなく毎日のように練習をした方がやはり効果的なんでしょうか。


閑話休題。
そんな彼らの冬休みの課題を見れば、こちらも目を見開くものが多いです。
(大筋は既習とは言え)内容的には未習分野の大量課題。
明らかに使いこなせていない教材。
高いところを目指すための(質の)高い教材を、という思いは理解できますが、
教材じゃなくて授業をそのようにすればいいはずですので、少しばかり歪みを拭い去れません(汗)。


と、ここで嘆いても仕方ありません(苦笑)。
子どもたちの溜息に過剰に同調してもよろしくないことは承知しています。
気になるようなら書いておきますが、上記の内容を授業中には漏らしません(苦笑)。
二枚舌だなんて突き付けられそうですが、学校の先生方の意図を汲もうと努めています。


ただ、(特に)英語はやはりより現実的な道に軌道修正しなければとは思います。
多くの高校で見られる授業展開は大量投下大量消費型の、言うなればベルトコンベア式英語。
理想的に過ぎるのではないでしょうか。
私には、現行の大学受験を見据えた云々の英語指導は理想的に過ぎると考えます。


私が1年間を預けられたら、と想像してみます。
もちろん多くの高校で見られる取り組みはベースになるでしょうが(私もそうやって育ったので)、
ただ、この非現実的過ぎる方法論に早々にギヴアップするのではと考えます。
具体的なことをひとつ書けば、大量投下式の暗記傾注は諦めると思います。


ま、半分愚痴(苦笑)。
ある高校生とこの冬のスケジュールを確認しました。
やることが多いですね。
それは至って当たり前で、そして素晴らしいことです。
何とか勉強面でもこの充実を、と願うばかりです。


さてさて、かたや高校受験生組。
こちらも限られた時間の中でジタバタと悪戦苦闘してもらわねばなりません。
私もより効果的な方策をひとつふたつ展開していこうと考えています。


たった一人っきりの人間とですら向き合えないような人間は
責任だ、責任を背負うだなんて軽々しく口にするべきではないと考えていますが、
学習指導の経験者としてその並走に努め、
当教室が後方支援の一大拠点とあろうと思います。


直塾含め本日も中3受験生たちの冬期講習が始まりました。





出会う人間によって未来が変わり、
出会う仲間によって生き方が変わる。

201502shingaku-alpha-kbt-pic6.png







それでは次回まで。
text by:京都市北野白梅町の個別指導塾
育星舎『伸学アルファ』池田  is101309.gif
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2017


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

10  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾