FC2ブログ

Entries

ご当地閣議

久々の、
スキマなニュースをお届けする
スキマニュースの会です。


ご存じない方
とうの昔に忘れてしまった方、
当ブログの検索にて、
『焼き鳥』と記入してください。


そんなまどろっこしいやり方でなくてもよかったです。
当ブログのカテゴリーの中の、
『squima news society』をクリックしてください。


ともあれ
今回はいわゆる『スキマ』ではありませんが、
当会の面白味にヒットする文言がありましたので、
助平根性で紹介差し上げます。


標高5000メートルの「エベレスト閣議」実施、ネパール


                    ***

 『ネパール政府は4日、ヒマラヤ山脈(Himalayas)への温暖化の影響を訴えようと、世界最高峰エベレスト(Mount Everest)の標高5262メートルのカラパタール峰(Kalapattar Plateau)で、凍えるような寒さのなか酸素ボンベを片手に閣議を開いた。

 マダブ・クマル・ネパール(Madhav Kumar Nepal)首相と22人の閣僚はヘリコプターでカラパタール峰へ向かい、澄み渡った青空の下でシェルパ族伝統の祈とう式を行った後、次週デンマーク・コペンハーゲン(Copenhagen)で開幕する国連気候変動枠組条約(UN Framework Convention on Climate Change、UNFCCC)第15回締約国会議(COP15)に向けたネパールの環境宣言を採択。先進国に国内総生産(GDP)の1.5%を途上国の温暖化対策援助に寄付するよう呼びかけることで合意した。

 ネパール首相は閣議後記者団に、「わが国では異常降雨・降雪が増えている。エベレストとヒマラヤ山脈に対する悪影響を最小限に抑えるよう世界に訴えたい」と語った。

 これに先立って、インド洋の島しょ国モルディブは10月、温暖化による海面上昇で国が水没する危険を訴え、海中閣議を開催している。』
※『AFPBB News』12/4付より転載しています。文字装飾は育星舎自修館による。URLはhttp://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2671295/4994777

                    ***

トピックは
まぎれもなくシリアスなイシューです。
これを茶化すつもりは毛頭ありません。


ただ、真剣な空気の中には
クスリとなる面白味が存在しえる、ということはよく言われることですね。
例えば、お葬式の厳かな雰囲気の中、何気ない所作にプッとふいてしまうとか、
語気を強める校長先生の、他愛ない言い間違いにクスクスしてしまったりとか、
緊張と緩和を持ち出す必要もなく
そういった種類の空気には、
往々にして
面白味が漂っているということに異を唱える人は(あくまで私見です!)多くないはずです。


『凍えるような寒さのなか酸素ボンベを片手に』。
ここに可笑しみを感じてしまう私もどうかと思います…。
もちろん、アリスのマッドティーパーティーでも何でもないのですが。


さてさて
ともあれ耳目を強烈に引くやり方です。
ご当地閣議と勝手に名づけましたが、
我々日本ではどんなものがなされるでしょうか。


田んぼ閣議?(棚田閣議?)
清流会議?


みなさんはいかがですか?


それでは次回まで。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/153-555bad0c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2019


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

更新カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

07  06  02  12  12  06  05  03  01  12  11  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ 伏見ゼミナールHPへ 伏見ゼミナールHPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾