Entries

前期ロスをどのように迎えるか

201502shingaku-alpha-kbt-pic2.png


1月から途切れることなく続く日曜開講の本日。
朝から奮闘する生徒の中には本日が私学発表(昨日発送)の生徒もいますが、
登塾寸前まで粘ったものの配達の便は来なかった模様。
よってソワソワソワソワ。こちらも何だか感染して落ち着きません(苦笑)。


さらに今日は大文字駅伝当日。
危ぶまれた天候でしたが、何とか持ち直したようですね(雨天決行だなんて知らなかった…)。
気になる話題に事欠かない朝となりましたw。


そして自宅から一報が入りダッシュで自宅に向かう生徒もチラホラ(笑)。
またはお母さんからメールにて合否を知らせてもらうシステムを採用した生徒も。
ともあれ生徒合否名簿に続々と○がつけられた今朝でした。
やったー!(バカっぽいでしょうが)うれしい!おめでとう!


ドウドウドウ(笑)。


専願組は頭を下げて教室を後にしていきましたが(継続の報告も忘れないところはグッドw)、
併願組は破顔の報告の後、キュッと表情を変えて机に向かいます。
これって簡単なようで、『今のオレにできるかなぁ…』なんて彼らに気づかれないように考え込みます。


閑話休題。
前期選抜終了後の高校受験生の意欲減退、名付けて『前期ロス』のイシューはずっとあります。
制度上致し方ない半面、それをマネジメントするサイド(ご家庭、学校、塾等)にとっては小さくない問題です。
私学専願組、そして前期合格組(あるいは合否に関係なく前期終了後の単なる虚脱)が
残り少ない中学生活を笑顔で過ごす中、
どうしても中期選抜組は数が多いと言えども、エンジンのかかりにくいシチュエーションは否定できません。


どれだけ勝負は中期と言い聞かされても、どれだけ勝負は中期と思い込もうと、
前期選抜終了後、または合否発表後に訪れる脱力は多くの生徒が迎えることでしょう。
よって肝要なのはエンジンを切らさないことしか思いつきません。
私学専願組が入試後も合格発表まで塾に来て臨戦態勢を維持したように、
たとえ期間がほんの少し長いとは言え、合格発表までエンジンを切らさないことは言うに及ばずです。


発表を待ち改めてエンジンをかけるとなると、なかなかどうして思うように動けないかもしれません。
前期選抜終了後、
あれだけ『受かればラッキー』『中期まで行く気持ちやぞ』というイメージを保持しようとも、
多くの子どもたちにとっては一区切り(ほんの少しのインターヴァル)をつけたい心情になうるのは至ってナチュラル。


よって今度はわれわれ年長者によるマネジメントの出番でしょうね。
上述した通りエンジンを切らさないよう意識の共有を図り、
そしてそのためにも実際に手を動かし続けなければなりません。
まだまだ!と頭の中で思っているのではなく、ただ単純に準備を怠らず継続する、これだけ。


口で言うは易しですが、ここを乗り越えなければなりません。
前期ロスは本当に頭を抱えるイシューですので、
われ関係なしの強心臓の同業諸氏の皆さんには特効薬を処方してほしいのが偽らざる本音(汗)。


とまれ魔法はない。私はこれを自分に言い聞かせるのみ。
魔法のような言葉もないし、魔法のように一瞬で好転するようなこともありません。
前期選抜の入試当日を終えたあとは粛々と準備を進め、
22日に受かっておればまずは安堵、ダメだった場合は想定通り中期まで走るだけ。


通り一遍のことしか言わないのは愚かしい限りですが、
これを中学3年生15歳の生徒たちにいかに伝えるか。いやはや悩みます(苦笑)。


そんな日曜開講の本日、
結果を持って帰ってくる生徒と、
例えば昼食にて一度帰宅した生徒にドッキリを仕掛ける遊びを敢行しています(苦笑)。
まあ、バレますよね(汗)。


私も一役あてがわれ、
それらしいセリフをそれらしく言った途端、思わず吹き出してしまいした(笑)。
自分のセリフ回しの饒舌具合に酔ったせいです。
やっぱり大根でした(涙)。
ちなみにディレクターは中1女子(苦笑)。


さあ、(公立高校)前期選抜まであと2日。
10点20点を上げることは多くの生徒にとって有り得ないでしょうが、
1点2点の中に数十人、あるいは百何人、数百人いることを考えれば、
まだまだ上に積み上げることができますよ。
そういった準備を目指しましょう。泣いても笑っても、駄々をこねてもあと2日。


出会う人間によって未来が変わり、
出会う仲間によって生き方が変わる。

201502shingaku-alpha-kbt-pic6.png







それでは次回まで。
text by:京都市北野白梅町の個別指導塾
育星舎『伸学アルファ』池田  is101309.gif
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2017


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

10  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾