Entries

伏見育星舎、2週間経過。



何気なくブログを開きますと(無責任!)、
何とスポンサーサイトが貼りつけられているではありませんか!
ここ数年はサボっているとは言え(汗)、ほとんど初めての経験です。
よって少しずつブログ更新を目指していこうと思う次第です。
※スポンサーサイト…更新が1か月滞れば自動的に張り付けられる広告など。ブログを更新すると消えます。よってご覧いただいているのは上述のスポンサーサイト(任意の広告バナー)が消されたものです。


とはいえ、ブログタイトルに若干の変更が加わっているように、
3月半ばにて本部北野学舎から伏見学舎への転属となり、
引っ越し含め何やかやとバタバタとした毎日を過ごしていました。
もちろんこんなことは言い訳になりません(汗)。
反省とこの先の展望を感じつつ、これから少しずつテキストを書き重ねていきます。


さて、北野/伏見の皆さんには案内を重ねてきた今回の転属。
2週間があれよあれよという間に過ぎ、3週間目の毎日を送るようになりました。
緊張感をまだまだ全身にまとっている私ですが(苦笑)、
所属している皆さんと少しずつ言葉を重ねて来れ、そしてひとつずつ信頼を勝ち得るよう努めるのみです。


教室のレイアウトも様変わりしました。
既存の生徒たちの心理的なストレスを軽減するために最小限に留めていますが、
年を追うごとにこれまで展開してきたようなスタイルやレイアウトが展開できればと思います。
もちろん単なるコピペではなく、そこに伏見のカラーを付け足せるようアンテナを張るしかありません。


話はガラリと変わりますが(まぁいつものことですねw)、
前回のアップからいろいろなトピックスが私の前を通り過ぎていきました。
感傷的な文章をこの場で連ねてもある方々には『何のこっちゃいな』ですので、
(感傷的になりたいという本音を払いのけてw)サラリとこれからのことを書いていければと思います。


教室の内容、指導内容や指導形態も改めてこの場で書いていこうと思います。
これから伏見学舎がどのような方向性を見据えているのかも可能な範囲で。
育星舎と代表が抱く方向性を堅持しつつ、私なりの形を提示できればと企んでいます。
とは言え、いまは現所属生たちへの指導が最優先。
何があろうとも彼ら彼女らの希望や不満や不安をすくい上げて、
できる限りのサポートや励ましを前任者同様行っていこうと覚悟しています。


また、新年度の貴重なタイミングにホームページが更新できずご迷惑おかけしています。
トップページはすでに公開しているのですが、
遅々として進まないこの体たらく、本当に恥ずかしい限りです(大汗)。


宿題をきちんと提出しない子どもたちに今の私は何も言えません。
よって『誰やこのオッサン?』状態の2週間でしたが、
今までになく慎重に言葉を選んで話した時間でもありました(苦笑)。


HPに関しては早々にある程度の形を提示させてもらい(言うまでもなく真剣に、誠実に作成中!)、
これまで同様の厚かましさで子どもたちに言葉(とそれを支える態度)を放っていこうと目論んでいます。
しばしお待ちいただければ幸いです。いまは毎日の授業を精いっぱいこなしている段階です(言い訳が多い!)。


いまも目の前の生徒たちは、私がかける言葉に潜む私という人間の在り様をのぞき込んでいることでしょう。
だらしない大人が吠えても子どもたちの心には決して届かないように(あるいは歪に曲解して届くように)、
『こいつの言っていることには一理あるぞ』、『こいつの言葉は(時には)信用してもいいのかもしれん』という状況に
一日でも早く持っていこうと思います。


伏見学舎での私の学習指導は始まったばかりです。
お互い緊張の空気がまだまだ漂っていますね(苦笑)。
それでも授業の終わりに見せてくれる笑顔で救われています。
新たなスタートを強く感じています。


講師ひしめく本部北野学舎とは違いほとんどの時間を私ひとりで過ごしているゆえ、
ここでお殿様をかましてサボれば数年後にはそれに伴う結果が残るだけでしょうし、
これまで以上に多分野に手を染め、
そして専門性を強化すればきっとひとかどの塾講師にはなっていることでしょう。
その姿や光景を想像してワクワクする自分がいるのもまた真実です(強がり!)。


さあ、このブログを書くことで本当にひとつのピリオドを打てた気がします。
まだまだ新しく、そしてこの地ではどこまでも若い(汗)教室である伏見学舎。
これまで以上に塾が軒を連ねるエリアではありますが、
チャレンジすることが持つ、清々しい風の吹きようを心に宿している心境です。


前進前進。


追記。
ブログやHPの更新は情けない限りですが(汗)、
ツイッターは注意して更新していますのでぜひお手隙の際にご覧ください。
弱気や強がりも、そして何クソ~という気概もごちゃまぜにしてツイートしています。


出会う人間によって未来が変わり、
出会う仲間によって生き方が変わる。








それでは次回まで。
text by:京都市伏見丹波橋/伏見桃山の個別指導塾
『伏見育星舎』池田  is101309.gif
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2017


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

10  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾