Entries

2016塾対象説明会 ~京都工学院高校~



週明けよりの雨模様、時折止んだりしていますが、
この天気が終われば京都の空にも生暖かい風が運ばれてくるのかと戦々恐々です(苦笑)。
今週末より定期考査が始まり、5月末まで続いていきます。
私にとっても伏見着任後初となる定期考査ですので、
手探りで生徒たちの希望をすくい上げる毎日を過ごしているところです。


さて本日、私にとっては今年度第1弾となる塾対象の学校説明会に足を運んできました。
当塾伏見学舎より目と鼻の先(と言いたいw)となる京都工学院高校です。
例の坂道をヒィヒィ漏らしながらの到着となりました。


20160510kogakuin1.png

以下、毎度のごとくピントの合っていない写真でお恥ずかしい限りですが、
説明会とその後の学校見学の様子をいくつかの写真とともにご紹介していきます。

20160510kogakuin2.png

砂田学校長の挨拶から始まり、
概要説明にて改めてコンセプトであったり教育目標などの着地点の確認となりました。
潤沢な学校施設に目が行きがちですが、理工系大学や学部に関心のある生徒はまず検討したい学校ですね。


理論や方法論、理屈やアイディアを具現できる環境は全国を見渡してもそうないものでしょう。
この点のアドヴァンテージや専門性には目を見張ります。
『ものづくり』という発想の下、それを支える高い学力と、
そして『つくりたい!』という大事な大事な想いがぶつかれば本当に面白くなる学校だとつくづく感じました。


出口(進路)の点も皆さんにとって関心のあることでしょうね。
進学型専門学科である『フロンティア理数科』は100%進学と謳われています。
大学入試センター試験(センター試験)は全員受験。
まったく同じ表現を紫野高校普通科において竹田校長も仰っていたので、
中学生たち(というかその保護者たち)にとっては分かりやすい目安や指標のひとつとなりそうですね。


工業科である『プロジェクト工学科』も先般行われた校内の進学説明会(希望制)に、
180名のうち50名規模、ざっと三分の一ほどの生徒が出席したとか。
もちろん洛陽工業、伏見工業からの就職内定率100%も引き続き継承されていくとのことですので、
京都駅以南の地域、東西を横断する伏見区の中学生たちには念頭に来る学校になるのではないでしょうか。


研修旅行は1年次3月に関東方面とのことです。
東京、筑波方面(学術・研究都市)、そして東京五輪に係る現状視察や展望を見るのだとか。
安易な海外志向よりグッとアクチュアルですね。
軽さには欠けるきらいがあるけれどもブレていません。


質疑応答では以下の2点の質問が挙がりました。
①部活加入の現状。
ほぼ80%の生徒が部活動にて汗を流しているそうです(今日現在で正式加入が74.8%だとか)。
その多くが伏見工業と合同にて行われている段階ですので、
ラグビー部、そしてボート部などこれからさらに大きくなっていく部でしょうね。


ちなみに校舎見学の際、吹奏楽部の案内ポスターも掲示されていました。
立命館時代の名残のひとつの和室も整備され、茶菓道部の募集もされていました。
全教室、全施設Wi-Fi完備は素晴らしいことですが、和室にまでそれを施すとは何たる徹底ぶりでしょうか(苦笑)。
とまれ中3女子たちにこれらのことを伝えると、「普通科があったらなぁ…」とのこと。
これもまた旧南通学圏に生きる中学生のリアルな声ですね。


剣道部はもちろん洛陽工業と合同で練習をしているとのこと。
他、バレーボール部も洛陽工業との合同練習のようです。


➁新入生の男女比。
フロンティア理数科は13名、
プロジェクト工学科は16名、
以上、29名(242名中)が女子。およそ12.5%。

10人に1人。
こんな風に書くと躊躇しちゃいそうな操作性を自分に感じますが、
課題だと仰るなか、30%くらいまであっという間に膨れ上がりそうな予感を勝手にしています(笑)。


閑話休題。その他選抜に係る情報開示などあり、1時間半がすぐさま終了。
あいにくの雨で楽しみが半減しましたが、待ってましたの施設見学となりました。
立命館中高の生徒たちにとっても懐かしい様子ではないでしょうか。

20160510kogakuin3.png
20160510kogakuin4.png
20160510kogakuin5.png

やはり立命館仕様ですので広くて木を感じさせる建物です。
案内を担当なさった教頭先生も繰り返し仰っていましたが、本当に潤沢な施設です。
トイレも自慢だとか。本当だ、ホテル並みの整然さw。
20160510kogakuin6.png

専門の教室も広くて最新設備。
納税者としての嫌味が聞こえてきそうですが、ここを巣立つ子どもたちが京都の街を支えていくと思うと
改めて「頑張れよ!」と背中を押したくなります。
20160510kogakuin7.png
20160510kogakuin8.png

廊下にも(いま流行りでしょうが)多目的な空間が用意されています。
箱型だった我々の時代とは異なり、多機能の洗練性に思いを馳せてしまいます。
20160510kogakuin9.png

授業も間近で見学させてもらいました。
まだ整っていない部分も多々ありますが、3年後、5年後の風景をちょっとばかり想像してしまいます。
20160510kogakuin10.png

食堂や図書館もいまだ途上にありますね。
現状1年生だけの使用ですので、2年生3年生と増えていく様を
現高1たちは『ものづくり』の観点から眺められるなんてつくづくラッキーなことです。
20160510kogakuin11.png
20160510kogakuin12.png

窓外の風景も目にやさしいです。
少し目を凝らせば伏見城(1964年の再建造物。模擬天守)が視界に収まります。
NHK大河ドラマ『真田丸』にドはまり中の私にとって何とも興味深いお姿(笑)。
20160510kogakuin13.png
20160510kogakuin14.png
20160510kogakuin15.png

立命館時代からの大きな変化のひとつがステージの若干縮小(笑)。
ラグビーのコートに合わせる形でほんの少しグラウンドを拡張したそうです。
芝生も張り替え。ラグビーとサッカーとのバランスを見極めた芝生設置だとか(長さが違うらしいです)。
教頭先生が独り言のように漏らされた張り替え金額を聞いてまたまたビックリ(汗)。

写真奥が野球場。そして更にテニスコート3面。
「マジ頑張れよ」と生徒たちに発破をかけたくなりました(苦笑)。
20160510kogakuin16.png

体育館も改めて見ても広い。
広い。デカい。大きい。新しい。すごい。うらやましい。こんな形容詞ばかりの校舎見学でした(笑)。
20160510kogakuin17.png

最後退去する前に正面玄関のクリエイトキューブの中をパチリ。
オシャレなカフェ然とした環境に、改めて生徒たちのこれからの更なる奮闘を期待するばかりでした。
20160510kogakuin18.png

開校までの様子も拙ブログで取り上げています。
よろしければぜひご覧ください。
いよいよ京都工学院高校開校! 2016年4月7日付


大変長々と恐れ入ります(苦笑)。
さあ、今日は藤森中学第1回テストまであと2日。
やるべきアクションをさらに増やし、そして磨いていこう。


出会う人間によって未来が変わり、
出会う仲間によって生き方が変わる。






それでは次回まで。
text by:京都市伏見丹波橋/伏見桃山の個別指導塾 『伏見育星舎』池田  is101309.gif
京都/伏見/丹波橋/桃山/塾/学習塾/個別指導
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ふしみ育星舎HP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2016


※随時更新しています

ふしみ育星舎onTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【京都南学舎 伏見育星舎】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾