Entries

夏期講習最終日&9月からの展望



本日8月27日(土)にて2016年度夏期講習が終了です。
伏見着任後初となる長期休暇&特別講習となりましたが、
生徒たちのもともと備わっていた熱心に取り組む姿勢に大いに助けられ、
怒涛の(と言いたくなるw)31日間が無事に終わろうとしています。


ご家族の皆さまの声援や後押しで生徒みな走り切ることができました。
この場をお借りしまして心より御礼申し上げます。
ありがとうございました!


9月以降の取り組みにつきましては、
生徒1人1人に言葉を重ねている現状です。
一斉指導であれば一気に伝達&空気も伝播、と(こういう時こそ)羨ましくなりますが、
個別指導はスモールサークル、あるいはマンツーマンにて言葉を届けられる強みもきちんとあります。
と同時にひとりひとりに言葉を放り投げながら、教室全体のトーンをキュッとするよう心掛けています。


さて、その個別指導。
個別指導における特別講習の在り方はず~っと試行錯誤をしていますが、
今夏は現行の規模ゆえ奏功したと言えるかもしれません。
しかし着任3年後を見据えると今夏のやり方は瓦解するイメージしかありませんので(苦笑)、
緩やかな変化を加えながら練り直しの必要は自覚しています。


今夏は中3受験生2名(ともう1名を加えるかなw)、小6が2名、
そして高3受験生のこちらも2名がMVPノミネーターと言えるでしょうか。
その他の生徒たちも言うまでもなく可能な範囲で努力を示していましたが、
量と質とともに上記数名が抜きん出ていました。


その中でも中3受験生のⅠくんとYさんの2名がさらに頭3つ分くらい図抜けて突出したでしょうか。
この経験と自分に対する信頼度の向上を武器にこれからの数か月を過ごしてほしいと思います。
講習最終局面に実施した大阪進研Vもしは、おどした(笑)言葉通り厳しい自己採点結果ですが、
「…夏やった意味なかった」とならない感触をその手にしているはずです。


この(極めて貴重だけれども単なる)1回の苦戦、敗北をきちんと乗り越えていける器があります。
その気持ちの震えや『倒してやるぞ~』感を室長として上手くすくい上げていければと思います。
それくらい今回の模試は彼らにとってエポックな体験だったと期待しています。


そして言うまでもなく結果を出してナンボなのは彼らだけでなく私も同様(汗)。
ただ、子どもたち同様この伏見の教室で私もやっていける手触りを何とか拾い上げた気でいますので、
さらにスターティング・オーバーの気持ちを逞しくしていくワクワクさで息苦しくしています(苦笑)。


「センセ、来週から毎日自習に来なければなりませんか?」とはある中3(笑)。
何やら思いつめた表情です。
私の言葉の端々かいくつかの態度からそのように感じ取っていたのでしょうし、
中3の通塾とはそんなものだという強迫観念もどこからともなく背負っているのかもしれません。


必要性を感じたら来るべきであるし、もし来るのであれば納得して来てほしい。
持続可能な努力をしない結果、
ようは中3夏からの数か月だけ(いわゆる)『人が変わった』と評されるようになった生徒が、
高校進学後にあっけにとられるくらい勉強しなくなったケースをたびたび目の当たりにしてきました。


もちろん受験それ自体は自分を変える、自分を鍛える、自分に期待する、そんな大きな契機かと思います。
受験時の取り組みがその後の生き方をガラリと変えた生徒もたくさんいるでしょう。
しかしチェンジオブペースの短期的な、無批判な力技行使による、
そこからの『息がつづかなかった』ケースをわれわれ塾業界の人間はもっと見つめ直すべきです。


青臭い物言いかもしれませんが、続けられる努力の在り方をともに模索したいと思います。
もしかすると学力向上や志望校合格を請け負った側の人間が容易に口にすべきことではないかもしれません。
と、何だか最終日を迎え、そして高3がひとり黙々と勉強している目の前で渋面を浮かべ逡巡を重ねながら、
着地点を見失った(汗)拙文をしたためております。


ともあれ夏期講習終了です!終わったー!
と、生徒たちも全身をぐぅっと伸ばしてほしいところですw。
来週から通常授業再開です。
あと少し夏休みの学校もいくつかありますが、
9月以降のハードな数か月を懸命に、明るさを忘れず、そして昨日の自分を超えながら進めていきたいですね。


皆さま夏期講習のご理解ありがとうございました。
お弁当を毎日のようにお作りいただき感謝申し上げます。
引きつづき生徒たちの向上したい気持ちを支えていきます。


出会う人間によって未来が変わり、
出会う仲間によって生き方が変わる。






それでは次回まで。
text by:京都市伏見丹波橋/伏見桃山の個別指導塾 『伏見育星舎』池田  is101309.gif
京都/伏見/丹波橋/桃山/塾/学習塾/個別指導
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2017


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

10  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾