Entries

高校受験組、いよいよ焦りだす



今季は伏見着任初年度ということもあり、
これまで足を運ばなかった/ずいぶんご無沙汰してしまった学校説明会に日参しました(だいぶ大げさw)。
いわゆる旧南通学圏、これまでに進学者や受験生がいなかった訳ではありませんが、
気持ち新たに(数は決して多くありませんが)網羅的に足を運びました。


おかげさまで高校別の資料も一から作り直し、
ともすればこれまでの感覚や経験でしゃべっていた部分を極力排し、
データと直に耳で聞いた情報やそのときの所見を一覧化させました。
先輩塾長先生方に少しでも近づければと奮闘していますが、まだまだ稚拙な部分は否めないでしょうか(汗)。


閑話休題。
成績資料の提出や模試実施、そして11/6(日)に行われる私学個別相談会の案内を繰り返す中で、
教室の中3受験生(の一部出遅れていた連中)の姿に少しずつ変化が見られるようになってきました。


いよいよ焦りだしたその表情や佇まいに、意地悪くもニヤリとしてしまう私ですが、
その不安や(いまさらのw)質問に的確に応えていかねばと思います。
ここでミスリードする可能性もありましょうから、焦りだしたことを良き兆候と捉え、
繰り出される疑問にスッと回答を提示して、その揺らめく炎を消さぬよう努めるのみです。


そこで当塾も加盟する塾団体主催の『第22回私学個別相談会』です。
歴史浅い当教室には醸成していない文化ゆえ、再三の案内を送らせていただいているところです。
先輩の姿を見る、などの風景が残念ながら確立されていなかったので、
私にとっての伏見初年度、そしてその高校受験1期生の様子を小学生含め知らしめている毎日です。


本日も改めてメールにて案内させていただきました(安定の長文恐れ入りますw)。
まだまだ、まだまだ塾というものを十全にご活用いただけていない反省を感じています。
よって府下最大規模の催しを中小/個人塾主催でやっていることも是非ともお知りおきいただきたく思います。


以下メール一部抜粋(苦笑)。

①会場は京都タワーホテル9階です。
京都タワーに入っていただき、奥のエレベーターにて9階までお越しいただければすぐ会場に着きます。

②京都の私学がほぼ全校集まります(若干校不参加)。
志望校以外の学校を聞く意義のひとつに、「あ、やっぱりここじゃなく○○高がいい」という判断材料にもなります。
もちろん新しい発見もあるでしょう。

③当日私も係員として会場にいます。
(話をスムーズにさせるための)成績資料をお渡ししますので、まずお声掛けください。

④ご家族でのご参加、お子さんだけのご参加、どちらでも結構です。
各学校にすでに参加されたケースが多いでしょうが、開場直後の盛況ぶりを見て受験生としての意識が再燃する毎年です。

⑤質問事項をあらかじめまとめておくとよいかもしれません。
例:特待基準、部活にかかる費用、考査中の部活動、部活の活動場所と帰宅時間(私学は校外が多いです)、留学制度、文理選択、進学フォローなどなど。

⑥「なぜしつこく案内するの?」→11月以降の貴重な土日を勉強に使わず、学校説明会というもっともらしい言い訳をなくしたいからです。
説明会参加後の(一日の残りの)時間を有効に使える生徒は多くありません。

⑦14時開場後の1時間ほどは大変混み合います(並ぶ時間が多くなる)。
15時以降落ち着きが見られます。17時閉会です。


話は変わりますが、本日まったくの別件メールを小学生の親御さんに送りました。
ご通塾いただく中で、成長が見られた点、そして残念ながらまだまだ成長が待たれる点などの想いをお伝えいただきました。
特に暗記作業に関してこれから山あり谷ありが立ちはだかりそうです。


「毎日を必要最低限の会話だけで済ませていませんか」とお子さんのふだんの様子から切り出しました。
友だちとの会話は共通言語の繰り返しがほとんどですので、
保護者の皆さんにとっては釈迦に説法ですが年長者やご家族との会話の大事さを伝えました(理想論ですが)。
そうやって語彙量を補完し、アンテナを張り、そして耳も目も外にもっと向けてほしいと結びました。
※本題はこんなにぼんやりとした内容ではありません(汗)。


件の相談会におきましても子どもたちは多くの(初対面の)年長者、しかも学校の先生方と対峙します。
併願だから別に…、という声も態度も聞かれなくはもちろんありませんが、
上記にあるように志望校への意志確認や補強、
そして情報を意図的にシャットアウトして選択肢を狭めたという風な弱い部分を見つめ直し、
各学校のエース級の先生方の言葉を真正面から受け止めてほしいと思います。


さあ、いよいよ焦りだした高校受験組。
私にとっての伏見1期生、
これからの4か月、5か月に希望を見いだして過ごしていくたく思います。
望みを持つ我々は強い!の心境ですw。


出会う人間によって未来が変わり、
出会う仲間によって生き方が変わる。






それでは次回まで。
text by:京都市伏見丹波橋/伏見桃山の個別指導塾 『ふしみ育星舎』室長  is101309.gif
京都/伏見/丹波橋/桃山/塾/学習塾/個別指導
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2017


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

10  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾