Entries

2017春期講習15days



先月3月23日(木)より始まった2017年度の春期講習。
残すところ本日含めて4日となりました。
今週に入り春らしさがグッと増し、近隣の学校の桜も開花してきたようです。


さてさて春期講習。
ある兄妹は連日文字通り朝から夕方まで通いつめました(10時~18時半)。
新中1の妹は、数学が正負の数~文字式~方程式(一次方程式、連立方程式)~不等式、と進み、
体系数学~新中問発展の該当単元をそれぞれ2周するペースで奮闘しました。


英語は(こちらも文字通りw)アルファベットからbe動詞と一般動詞の見極め、
そして諸々のルール確認~時制導入(三単現S)まで走り抜きました。
こちらも同様に自作教材を経て新中問発展と実力完成問題集を反復し、足腰を鍛えた運びです。


新高1の兄は数学の俯瞰から始まり、
黄チャート~青チャート、そしてサクシードの1学期単元を2周しました。
教材別の程度差を肌で感じてもらい、入学後の演習量不足が想定される状況をイメージしてもらいました。
ゆえの反復。サクサクと授業が進む進学校は各自で反復作業をしなければなりません。


そして反復には時間を要する、という当たり前を認識してもらいました。
入学後に部活や7限8限など少しずつ時間的に厳しい状況となっていきます。
そういった中でも薪をくべ続ける態度を維持できるか、
むずかしい課題ですがその対策の一端を感じてもらえたと自負しています。


先輩高校生たちの反復の状況を伝え、
それゆえの模試結果であったり考査結果であるリアルを共有できました。
入学前課題の作文にしたためたように、
自分の為すべきことを粛々と行える強さを、辛抱強さを今後さらに意識したいですね。


一方、予習ばかりではなく新小5の生徒は四谷大塚算数小4上下を反復しました。
特殊算に興味深く取り組む生徒ですので、『○○算』と口にする心地良さ(?)だけが先行しないよう、
そしてよくあるとりあえず回を重ねていく(そしてそれらが上に積んでいかれない状況)だけに留まらないよう、
基本解法を確認しながらみっちりと練習を重ねられた格好です。


まぁ、いずれの生徒も概ね(どこの塾でも変わらない光景でしょうが)先取りに励みました。
学校の丁寧な授業でしっかり復習できるよう、先取りの意義も重ねたつもりです。
ここでサボりをかましてしまうとこれらの準備など簡単に雲散してしまいます。
学校授業で復習する、特に小中学生はこのスタイルの効果を意識して取り組んでいきます。


新高2の生徒たちは授業担当講師と志望校に係る話を重ねてもらっています。
そしてその方向性にきちんと沿った学習カリキュラムを意識しています。
国公私立と混在していますが、机を並べることで相対的な評価をもっと意識してもらおうと思います。
初夏~初秋に繰り広げられるオープンキャンパスにもイメージを持っていきたいですね。


さてさて、春期講習での予行演習期間を経て、
この4月より入退室メールを始動させました。
ようやく…、という嫌な汗をかいてしまいますが、
照れ臭そうにICカードをかざす当初から、すっかり当たり前の光景に少しずつなってきたでしょうか。


このひと月は(私の方で)慣れない局面もあるかと思いますが、
付加メッセージの更なる意義向上など、恐縮ながら少しずつ構築していきたく考えています。
何かご不明な点やご質問等ございましたらどうぞお寄せください。


追伸、となりますが、
今春は前教室の5名の卒塾生(とそのお母さまも1名様)がわざわざ丹波橋まで顔を見せに来てくれました。
当塾本部の北野白梅町エリアから丹波橋までの距離なんて地図上ではたかが知れているものでしょうが、
バスや電車を乗り継いで来てくれた生徒たちにとっては結構な小旅行だったことでしょう。


お土産を持ってきてくれたり楽しい近況を伝えてくれたり、
いずれのタイミングも指導生徒がいたため十分な(というかまったくの)歓待ができませんでしたが、
嬉しすぎて嬉しすぎて言葉がありません。
2年目の伏見でもゆくゆくはこの光景を見せてくれたら…、と淡い期待と野望を抱いています(苦笑)。


「センセ、前の教室ではそこそこ人気あったんやな(ニヤニヤ)」という新中2女子の針の一突きをかわしw、
来週からの通常授業再開へとエネルギーをいっぱい貰った次第です。
今週末~来週頭と入学式/始業式。
気持ちをまたまた引き締めて、春の少しぼんやりしてしまう時間をキュッと立たせていきたいです。


出会う人間によって未来が変わり、
出会う仲間によって生き方が変わる。






それでは次回まで。
text by:京都市伏見丹波橋/伏見桃山の個別指導塾 『ふしみ育星舎』室長  is101309.gif
京都/伏見/丹波橋/桃山/塾/学習塾/個別指導
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ふしみ育星舎HP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2016


※随時更新しています

ふしみ育星舎onTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

Facebookページ



更新カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ ふしみ育星舎HPへ ふしみ育星舎HPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【京都南学舎 伏見育星舎】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾