FC2ブログ

Entries

入学前教育とは?

あまり聞き慣れない・見慣れない、
けれども何だかプンプン匂う、
そんな表現を持つ見出しに出会いました。


入学前教育 大学苦心…推薦・AOの高3“長~い春”


不勉強なもので
最初は秋に合格を獲得した生徒が
春の一般入試まで頑張るとか何とかのトピックかなとも思いましたが、
よくよく考えるとあまり現実的な推理ではありませんね。


こんなお話です。

                    ***

 『入試シーズンを前に、一足早く推薦入試やAO入試などで入学が決まった高校生を大学が指導する「入学前教育」が熱を帯びている。大学全入時代を迎え、半数は一般入試を受けず、学力や意欲の不足から大学で順応できない若者が増えたためだ。かつては待つだけだった大学が、フィールドワーク、インターネット教材、予備校との提携など、あの手この手で対策に知恵を絞っている。

 大阪市浪速区の通天閣の近く。大阪女学院大(大阪市中央区)のAO入試に合格した12人が、行楽客らであふれる新世界の路地を、興味津々で歩いていた。「最初はエッフェル塔と凱旋(がいせん)門を組み合わせたデザインやったんです」「ええー」。案内役の落谷正教・アドミッションセンター長の説明に驚きの声が上がる。

 同大学は入学前教育として英語などの課題に加え、昨年から地元・大阪学を導入。キャンパスで歴史や産業などの講義を受けた後、現地に出て実情を学び、来年3月にそれぞれ成果を発表する。参加者の友末涼香さん(18)は「教科書を読むより分かりやすく、将来の同級生とも話せて刺激になる」。落谷さんは「学力も大事だが、行動を起こして自ら考える力が必要だ」と強調する。

 ITに親しんだ高校生だけに、ネットを使った在宅での双方向教育も盛んだ。近畿大は2004年にAO入試合格者らを対象に、教育開発の専門会社「アートスタッフ」(大阪市北区)のシステムを導入。今年度は12学部、計約3000人に、12月から来年3月まで英語、数学など計6科目の「宿題」を提供する。

 問題はアニメを盛り込むなど退屈させない工夫をし、能力別に3段階を設定。アクセス時間や苦手の把握などを集約し、アクセスの少ない生徒には電話やメールで相談に乗り、学習意欲を保つよう働きかける。

 大手予備校「東進ハイスクール」などを運営する「ナガセ」(本社・東京都武蔵野市)は、講義を収録したDVDと記述問題の通信添削を提供する。今年度は全国の国立、私立の約17%の115大学の入学前教育を代行。約100人の大学生らが「大学スタッフ」として、高校生に電話でアドバイスする。

 近年、入学後の成績と、入学前教育での習熟度との相関が高いことが関連学会などの報告で分かってきた。初年次教育学会会長の山田礼子・同志社大教育開発センター所長は「入学前からケアを手厚くして高大の接続がスムーズになれば、学生生活の充実や中退率の低下につながる」としている。』
※読売新聞『YOMIURI ONLINE』12/9付より転載しています。文字装飾は育星舎自修館による。URLはhttp://osaka.yomiuri.co.jp/university/education/20091209-OYO8T00969.htm

                    ***

フム。
ようは宿題。
そして何だかお寒いお話。
ただ、良い悪いでは容易にはかれない種類のイシューです。


学力低下を断じるのは早計だと思いますし、
ただし、不必要な擁護も的外れだと思います。
多様な推薦入試はあってしかるべきだとも思います。


問題はどこに?
進学には到底相応しくない学力・学習態度で志望する(そしてそれが叶う)という問題点。
かといって
安心して働ける環境・働き口を提供できていない現実。
構造的な問題だからと肩をすくめるつもりはありませんが、
デフレスパイラルという言葉がよぎります(物価とは関係ありませんね)。


ただ
フィールドワークの類の取り組みは面白いですね。
これこそ推薦入試(AO含む)の意義を表現している数少ないひとつだと思います。


客寄せに落ちず、
実りある活動になることを祈って。


そういえば…、
当塾のAO・推薦合格組は
いま何をしているのだろう。
何に熱中しているのでしょうかね。
…徹底調査が必要な予感。


それでは次回まで。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/165-db0c2177

トラックバック

コメント

[C50]

子供とおバカな妄想をしました。

子ども手当をもらったら、みんなが子供の塾代に使う→
生徒さんが増えて、先生を新たに採用する(雇用が増える)→手狭になったので塾を増築する(関連業種の仕事が増える)→人数が多いので、生徒間の競争が盛んになり、優秀な人材がたくさん育つ→その人たちがすごい新製品を開発する→みんながこぞってそれを買う(消費が増える)→デフレスパイラルから脱出!!


推薦もAOも関係ないところにいるウチの高校生。
親はただただ祈るのみ・・・?
聞こえないようにちっちゃな声で「がんばれ」と言います。

高校生も、いろんな意味で二極化が進んでいますね。
  • 2009-12-18 16:11
  • マダム・タッソー
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2019


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

更新カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

07  06  02  12  12  06  05  03  01  12  11  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ 伏見ゼミナールHPへ 伏見ゼミナールHPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾