FC2ブログ

Entries

Can you speak English?

ウ~ン…、
So sorry, I can’t.
と、言わざるをえないところですが。


正直に申せば
心情の機微を伝え合うような英語能力を
私は
有していません。


高校英語、必要に応じ日本語OK 新指導要領は「授業は英語で」


                    ***

 『文部科学省は25日、2013年に実施する高校新学習指導要領の英語解説書も公表した。新指導要領は「授業は英語で行うことを基本とする」としたが、解説書は「必要に応じて日本語で授業することも考えられる」と記述。文科省は必ずしも授業全部で英語を使うという意味ではないと説明した。

 新指導要領は英語の授業について「生徒の理解の程度に応じた英語を用いる」としている。

 これに対し解説書は、教員が簡単な英語でゆっくり話したり、日本語で指導したりすることも必要とする一方で、日本語を使う場合も生徒が英語に慣れるよう指導することを求めた

 文科省は、教員が英語で授業をし、生徒もできるだけ英語を使ってコミュニケーションを取るというのが新指導要領の趣旨で、生徒が英語に触れる機会を充実することが重要としている。』
※47NEWS『共同通信』12/25付より転載しています。文字装飾は育星舎自修館による。URLはhttp://www.47news.jp/CN/200912/CN2009122501000256.html

                    ***


>日本語を使う場合も生徒が英語に慣れるよう指導することを求めた


具体的にはどのような使用法を指すのでしょうね。


外国語学習の意義に異を唱えるつもりは毛頭ありませんが、
あくまで個人的な見解をはばかりもなく開陳させていただければ、
『so what?』といったところです。


不勉強なので
調査が不十分で申し上げることをあらかじめ承知いただければと思いますが、
今回の新措置に併せて大学受験の選抜内容も変わるのでしょうか。


>生徒の理解の程度に応じた英語を用いる
という文言も目に入りますが、
授業進度に影響は出ないかと
素人邪推をしてしまいます。


試み自体はもちろん志のあるものでしょうが、
学習塾で積極的に英語を教えている身としては
信用できない部分も…。


ともあれ
早計な判断はダメですね。
ただ、想定なりイメージなりは出来ますので、
その点から申し上げたまでです。
毎日困難なイシューが発生しますね。
今回もまた考えさせられるトピックでした。


それでは次回まで。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/176-bb382158

トラックバック

コメント

[C53]

 特区の学校は、指導要領から外れてもOKだし、一般的な高校生は、受験となると塾・予備校通いになるし、今までと変わらぬ英語学習をしていくのでしょうね。


自修館さん。
5か月半、親子で楽しく読ませていただきました。
来年もよろしくお願いします。

良いお年を!!
  • 2009-12-29 15:34
  • マダム・タッソー
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2019


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

更新カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

07  06  02  12  12  06  05  03  01  12  11  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ 伏見ゼミナールHPへ 伏見ゼミナールHPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾