FC2ブログ

Entries

アルファ北野の春期講習!『春の講習会』

春休みの勉強について
私の考えを
いくつか紹介差し上げたいと思います
(大仰な書き方ですが…)。


まず、
この期間を
大目に見ている保護者の方々には
ズバリ警鐘です。


①『2週間程度やし…』
②『級が上がって部活で忙しそうやし…』
③『受験が終わったところやし…』
④『新学年から頑張ってくれるやろうし…』
⑤『エトセトラエトセトラ…』


上記のものに回答を付すとするならば、


①2週間で前期中間内容やれます。

②さらに忙しくなる時期を控え、
それでも学習する姿勢・時間を設けなくてはなりません。

③受験が終わったところという名目を1年以上続けますか?

④いま、頑張っていますか?

⑤ブツブツ。ブツブツ。


とまあ、
耳(目?)の痛い
文言を続けざるをえないところです。


また、
「この時期に
1年間の復習をみっちりお願いします」
という切実なお声もいただきます。


言下に否定する
という不誠実な態度は決してとりませんが、


「予習します」
と私はお答えしています。


仮に、
この一年間
ある単元・科目にて
非常に苦しめられた生徒にとって、
それを克服するための作業に
積極的になることは容易ではありません。


苦い記憶の再現と
苦手意識で凝り固まった状況とで、
なかなか思うように行かないことは百もご承知。


それなら予習しましょう。
先取りしましょう。
その中で
前学年内容の不足を補完しましょう。


というのが私の論法です
(アナザー大仰なライン)。


例えば一年生。
反比例ができなかった、
空間図形(表面積・体積は除く)ができなかった。
分かるまで復習してください。


ものすごく乱暴に言えば、
上の二つはもう必要ありません。
ストレートに言えば次のテストに出ません。
さらに付け足せば入試にも出ません(京都公立)。


唯物的な、と憤慨されるかもしれませんが、
その二つを徹底的につぶすことが効果的な学習とは
私の経験上どうしても思えませんし、
(よくあることですが)生徒自身が克服するという意識に欠けていますので、
双方にとって有益な作業にならないことがしばしばです。


(学習塾講師としてお伝えすると)断然先取りです。
次学年4~6月の学習は、
数学を例に取り上げますと
計算単元です。


これを学校授業で着手するか。
塾で着手するか。


例えば中3数学の
展開・因数分解の基本概念(解法)なんて、
おおよそ1時間で飲み込めます。


1~2ヶ月でやるものではないです
(例年の年明け~学年末の不毛な駆け足授業を思い出してください)。


そのなかで
分配法則不安があればしかるべきところに戻る。
文字式の認識に不備があれば
しかるべきところに一目散に戻る。


先取りのアドヴァンテージは
学校授業が分かる喜びにあります。


「学校授業がチンプンカンプンなので
塾でじっくりお願いします」
というのはナチュラルなご依頼ですので
ありがたい限りですが、


チンプンカンプンを補完するか。
チンプンカンプンにさせないよう先取るか。


アルファ北野では、
予習型の学習を
これまで以上に
プッシュしていきます。


ただし、
学習状況や動機は
もちろん人それぞれですので、
ご希望に沿うよう努めることに変更はありません。


さて、
春休み。
本日より春期講習スタート


強気で新学年を迎えましょう。
応援します。


それでは次回まで。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/261-b19cba35

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2019


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

更新カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

07  06  02  12  12  06  05  03  01  12  11  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ 伏見ゼミナールHPへ 伏見ゼミナールHPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾