FC2ブログ

Entries

日曜日を過ごす50の方法 pt.18

3月最後の日曜日。
4月1日から入学式を向ける大学新1年生(1回生)もいれば、
翌週に控えている高校新1年生、
中学新1年生に小学新1年生がいるでしょう。


この日曜日をどのように過ごすか。


その他学年が上がる生徒たちも含めて、
ちょろっとアンケートなるものをとってみました。


『部活・クラブ活動(習い事含む)』がもっとも多く、
次いで『(いつものごとく)何もしない』。
さらに『(春休みということで)家族で外出』という意見もあり、
また『友達と遊ぶ』というものも当然ありました。


変わった?ところでは
『(お商売をされている)家の手伝い』(エラい!)や
『何かする予定』というものも。


あ、
勉強するという声は
…ひとつもなかったです。


やはり気になるのは2番目の
『何もしない』。


休日を過ごすにはうってつけの(やり)過ごし方ですが、
こんな軽口をボソボソと言う訳にはいきません。
耳にタコでしょうが、
もったいない!


ただ、何もしないという種類のものも、
『移ろう時を慈しむように何もしない』というのもあるでしょうし、
『日々の雑事を忘れて何もしない』というものもあるでしょう。


ここでいう気になるは、
ダルいダルいダルい、の一点張りの『何もしない』や
することが特にないからの『何もしない』を(勝手に)指します。


考えようによっちゃ贅沢な過ごし方なのかもしれませんが、
いやいや、やっぱり愚かしい類の過ごし方ではないでしょうか。


「テレビ観る」。
OK。で、面白かった?
①面白かった。『ガキの使い』のDVD観た。
②別に。ついてるから観てただけ。


①は文句なしですね。
(観ているものがな何であれ)これを咎めるのは控えたいところです。
だって面白かった(お腹がよじれるくらい笑った)という感動をむげにすることはできません。


②は…、
この主観性のなさってヤツは、本人の生活においていろいろな場面で出現していないでしょうか。
一度この点に留意して観察してみてください。
無感動。無反省。無目的。ブラーブラーブラー。これにさらに『無意味』を本人が付け足すかもしれません。


生徒からこの手(②)の話を耳にしたとき、
『家にこもる=悪、外に出る=善』
という印象を持ってもらいたくないため、
私は映画を観るよう勧めています。


この手(②)の生徒のある部分は
(良い意味でも損をしている意味でも)物事を斜めに見る傾向がありますので、
「ハリウッドの大作でも借りて観てみろ」と言います。


やはり中にはしかめ面(しょっぱい表情?)をする生徒もいますので、
「世紀の駄作なのか本当に優れた作品なのか、自分で判断してみろ」と言葉を重ね、
さらに「たぶん面白いと思うけどな~(経験則)」と付け足します。


いずれにせよ
『何もしない』にもいくつかの方法があるようです。


家でゴロゴロすることは決して悪ではありません。
ただ、繰り返せば、
そのゴロゴロにもいくつかの枝葉があって、
種類によってはあまりヨロシクないものもあるようです、というお話。


お子さんのゴロゴロはどれでしょうか。
ただ、ゴロゴロしない(性格上できない)という過ごし方も
不幸な部分もあると言えばありそうですが、
…こたえは風に吹かれているということでご容赦。


それでは次回まで。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/269-5e51f5c8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2019


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

更新カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

05  04  02  12  12  06  05  03  01  12  11  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ 伏見ゼミナールHPへ 伏見ゼミナールHPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾