FC2ブログ

Entries

勉強しなさい!!

やれ、と言われると
確かに気が引けることもあるのかもしれません。


個人的な話をすれば、
私は親から『勉強をしなさい』の類の言葉をかけられたことが一度もありません。
良い悪いはまったくもって分かりませんが、
(当時は考えもしませんでしたがヨクヨク思いを巡らせると)
気が楽だったことは否定できません。


なぜ言われなかったのだろうと時々考えますが
(言われなくてもやっていたという美談は出てきませんので悪しからず)、


男三人兄弟の末っ子である私に言う段には、
すでにホトホト疲れ果てていたのかもしれません。


あるいは母親の性質と言えばそれまでですが、
棚からぼた餅的な幸運だったとは今になって感じています。


月20回「勉強しなさい」…小3~4の母親


                                 ***


 『小学生の母親は毎月平均20回、子どもに「勉強しなさい」と言っていることが、数研出版の調査でわかった。

 調査は7月、インターネットで実施し、小学3~4年生の子どもがいる29~49歳の女性500人から回答を得た。「子どもに対して『勉強しなさい』という言葉を月に何回くらい言いますか」との質問では、「9回以下」が39%、「10~19回」20%、「20~29回」16%、「30~39回」13%、「40回以上」12%で、平均で20回だった。

 一方、「『勉強しなさい』と言う際、嫌な気持ちになることがありますか」との質問には、74%が「ある」と答えた。「自分も言われるとやる気をなくしていたから」(36歳)などというのがその理由だ。

                   勉強しなさい

 しかし、自分から机に向かわない子どもの姿を目の前にすると、ついつい「勉強しなさい」と言ってしまうようだ。ちなみに昨年の夏休みに「宿題はやった?」と聞いたのは平均15回。今年も同じ場面が各家庭で繰り返されているのだろう。』
※読売新聞『YOMIURI ONLINE』8/25付より転載しています。文字装飾は育星舎個別アルファ北野による。URLはhttp://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20100825-OYT8T00347.htm

                                 ***

最近思うことは、
ひっきりなしに言われていたら
私はどうなっていただろうか、ということ。


というのも、
やはりやれと言われなかったことで
やる量を自分でコントロールしていたはずですし、


その範囲が適切だったか判断が難しいです。
より正直に書きますと
もっともっともっと勉強できていたはずです
(こいつは皆さんが感じる後悔の一種類ですね)。


そのラインをグッと押し上げてほしかった、なんて
調子のいいことを考えたりします
(当時は歯軋りをしたかもしれませんが)。


こんな考え方なり感じ方は
もちろん子供時分に存在し得なかった代物でしょうね
(個人差は大いにあるでしょうが)。


的確な声かけ、
なんてモノがあるかは(この場合において)判然としません。
しかし、
それを目指して続けるべきではないでしょうか。


そういった意味合いでは、
『勉強しなさい』や『宿題はしたの?』という文言だけの声かけは
おそらくあまりにも不十分でしょう。


以前(ちょうど一年前くらい前)に、
イエス/ノーだけの声かけはやめましょう!という内容のブログを書きましたが、
もちろんこれも通り一遍のストーリーです。
(※『YES! NO!』 09年8月26日付 旧教室名と悪名高い旧文体です。ご了承ください)


内容を伴う声かけはそれは時間や体力を奪います。
しかし
現実路線とは言えないかもですが、
そういった労力を費やすべき事柄ではないでしょうか。


以前も小さく表明したましたが…、
家を買う、車を買う、という大事くらい
教育も大事。

卑近な表現お許しください。


我が子にはどういった声かけが的確だろうか、と
日夜お悩みのことと思います。
私の母親も上の兄2人に言い疲れたことでしょう(たぶん)。
文字通り格闘の毎日でしょうか。
フム。


こういったところでの応援を
私ももっとしていかなければなりません。
…格闘。
それでは次回まで。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/423-1cae43ac

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2019


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

更新カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

05  04  02  12  12  06  05  03  01  12  11  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ 伏見ゼミナールHPへ 伏見ゼミナールHPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾