FC2ブログ

Entries

ひとつの仕事を6~7人で競う

久しぶりに
就職に関するトピックをつかまえました
(もちろん毎日のようにピックアップされていますが)。


以前複数回取り上げたテキストをいくつかリンクさせておきます。
55.2% 2009年12月23日付
就職内定率41.7%が意味すること 2009年11月22日付
仕事に就く 2009年11月2日付
流出 2009年9月18日付


高校求人倍率0.67倍=来春卒、6年ぶり低水準―厚労省


                                 ***

 『厚生労働省は17日、就職活動が16日に解禁された来春卒業予定の高校生の求人・求職状況(7月末時点)を発表した。就職希望の生徒1人に平均何件の求人があるかを表す求人倍率は、前年同時点を0.04ポイント下回る0.67倍と、1984年の調査開始(85年卒)以降で6番目の低水準になった。0.6倍台は「就職氷河期」だった2005年卒以来6年ぶりで、低下は2年連続。急激な円高や株価低迷で企業の採用抑制が続き、就職難が一段と深刻化している。

 求人数は7.6%減の12万4829人。一方、求職者数は大学への進学増加などで、2.3%減の18万6520人だった。

 都道府県別の求人倍率で1倍を上回ったのは東京(2.23倍)、大阪(1.40倍)、愛知(1.21倍)、京都(1.11倍)、広島(1.06倍)の5都府県だったが、このうち、東京、大阪、愛知は昨年よりも低下した。最も低かったのは沖縄(0.12倍)で、青森(0.21倍)、熊本(0.22倍)なども厳しい状況だ。』
※朝日新聞『asahi.com』9/17付より転載しています。文字装飾は育星舎個別アルファ北野による。URLはhttp://www.asahi.com/politics/jiji/JJT201009170067.html

                                 ***

ある学校の生徒が
『うちの学校は就職内定率100%です』と
先日教えてくれました。


分母が小さいんじゃないの?と返しましたが、
なかなかそういう訳でもなさそうです。


卒業生たちの誠実な勤務実績と
的確な進路指導があるのでしょうかね。
ともあれ
立派なことです。


その会話以降、
この種のトピックやサイトを覗いていました。
先日は
採用試験の解禁がなされましたね。


高卒の採用試験解禁、就職戦線今年も厳しく


                                 ***

 『来春卒業予定の高校生に対する企業の採用試験が16日解禁され、全国各地で面接や筆記試験が始まった。

 今年は昨年同様に厳しい就職戦線になることが予想され、高校生は緊張した様子で試験に臨んでいた。

 高校生の採用試験は、就職活動が学業の支障にならないよう、日本経団連など経済団体と全国高等学校長協会の申し合わせにより、毎年9月16日に一斉スタートすることになっている

 東京・足立区の電気工事会社「藤谷電設工業」では、高校生7人が午前中から面接に挑戦。志望動機などを面接官に説明し、懸命に自分をPRしていた。

 厚生労働省によると、今春卒業した高校生の求人倍率(昨年7月末現在)は0・71倍と、4年ぶりに1倍を割っていた。同省は近く、今年7月末現在の求人倍率を発表する予定だが、これまでのサンプル調査では、求人数が昨年同時期(約13万5000人)よりも減少する見通しとなっている。

 同時期の求人倍率は2002年の0・50倍が過去最悪だった。同省若年者雇用対策室は「過去最悪の更新まではいかないが、円高の影響などで製造業を中心に採用は低調。昨年より悪化する可能性がある」としている。』
※読売新聞『YOMIURI ONLINE』9/16付より転載しています。文字装飾は育星舎個別アルファ北野による。URLはhttp://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20100916-OYT8T00731.htm

                                 ***

さてさて
京都の有効求人倍率は1.11倍。
つまり
ひとつの仕事に(ほぼ)ひとりが就く、という状況。


恵まれているのかそうでないのかは
私には説明ができません。
全体として見渡すと
やはり過酷な数字ですね。


個人的にも他人事と容易に断じられませんが、
若者たちの新たな出発点として
これほどまでも過酷かと顔を背けてしまいます。


…フム。
それでは次回まで。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/443-367bb0e5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2019


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

更新カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

07  06  02  12  12  06  05  03  01  12  11  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ 伏見ゼミナールHPへ 伏見ゼミナールHPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾