FC2ブログ

Entries

京都数学コンテスト!

普段から
トピックを比較的たくさん掬い上げていると自負していますが、
やはり知らないことの方が多い。
多い多い。


皆さんにとっては当たり前のことでも、
まったく不勉強な私には新鮮なニュース。
うん!?と瞳孔がピカーンと開きました。


中・高生が数学の難問に挑戦 京都数学コンテスト


                                 ***

 『中学生や高校生が数学の難問に挑んだ「京都数学コンテスト」の表彰式が京都市左京区の京都大であり、成績優秀者に賞状や記念品を贈った。

京都数学コンテスト 京都数学コンテストの表彰式(京都市左京区・京都大)

 コンテストは、京都府教育委員会が2007年度から府内在住・在学者を対象に開いている。今年は7月11日にあり、543人が挑戦した。優秀者11人とユニークな解き方をした「アイデア賞」10人を表彰した。

 最優秀賞に選ばれた嵯峨野高3年の遠山秀旦さん(17)=亀岡市=は「昨年よりは解けたと思ったが、驚いた。これからも数学の面白さを感じながら勉強を続けたい」と喜んでいた。』
※京都新聞9/20付より転載しています。文字装飾は育星舎個別アルファ北野による。URLはhttp://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20100920000090

                                 ***

2007年から実施されているんですね。
京都数学グランプリ2010 実施要綱
京都数学グランプリ2010 過去問題


数学であれ何であれ、
すぐに諦めて『分からん!』とこぼす生徒がいます。
彼らに辛抱強さを辛抱強く説くと(…読みづらい)、
何かしらかのモノをつかんでくれます。


どれだけ我々が真剣に話しかけているかを伝えなければなりません。
『君のことだ』と面と向かって届けなければなりません。
容易いように書いていますが、これが難しくてかつ骨が折れること。
…簡単ではありません。


過去問をいくつか覗く限り、
ちょっとやそこらの辛抱強さではなかなか解けないでしょう。
考えて、トライして、修正して、リトライする。


得手不得手やマニアックな部分がないとは言い切れませんが、
自分の奥深くにすうっと潜っていく感覚(≒集中する)を経験することの大きさを痛感します。
この経験の有無って
ものすごく大きいと思います(当たり前か)。


じっと息をひそめて、
自分の水面に小石をそうっと放り込む。
※観念的な表現恐れ入ります。


子どもたちにぜひトライしてほしい困難な挑戦です。
それでは次回まで。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ikuseishajishukan.blog72.fc2.com/tb.php/452-43fd246d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

伏見ゼミナールHP

http://www.ikuseisha.co.jp/asset/00124/Fushimi-TBB/HP/banners/fushimiTBB-banner14b.png
伏見/丹波橋/桃山/塾

教室カレンダー2019


※随時更新しています

伏見ゼミナールonTwitter

伏見/丹波橋/桃山/塾

更新カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
※青字が更新日です
伏見/丹波橋/桃山/塾

直近30稿のブログです


こんなこと書いてます


伏見/丹波橋/桃山/塾

月別アーカイブ

07  06  02  12  12  06  05  03  01  12  11  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ 育星舎お問い合わせ 伏見ゼミナールHPへ 伏見ゼミナールHPへ
連絡先はコチラです 連絡先はコチラです

伏見/丹波橋/桃山/塾

育星舎基本情報

私塾教育 育星舎グループ本部

〒603-8332
京都市北区大将軍川端町97
創造館2F
TEL 075-463-4050
FAX 075-463-4455
info@ikuseisha.co.jp

【育星舎 伏見ゼミナール】
〒612-0073
京都市伏見区桃山筒井伊賀西町43-1
TEL 075-621-4466
FAX 075-621-4465
ikeda@ikuseisha.co.jp

伏見/丹波橋/桃山/塾